ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2018年04月

今週はちょっと時間が空いたので、工場の床のペンキ塗り。
今まではグレーしたが、今回はグリーンにしました。
物が多いので、一気に塗れず、モノを動かしながらパートごとに分けて塗ってたら、結構時間が掛かってしまった…。
イメージ 3

そして、工場の片付けついでに?、ロータリー系資料の整理。
主にカタログを整理してましたが、ちょっとFCのカタログを読みふけてしまいました。

USモデルのカタログもあって、ターボ、NA、カブリオレが列ねて走っているさまがいい感じ。
この当時良く使われていた、『KANSEI ENGINEERING』の言葉も掲げられてますね。
イメージ 4

特にアンフィニ4のカタログは素晴らしく、各パートごとにエンジニアの開発ヒストリーが記載されている豪華版。
開発エンジニアの想いが強く伝わってきます。
イメージ 1
最後に開発に関わったプロジェクトメンバーのお名前が記載されているですが、こういうの大好き。
イメージ 2


ウチのアンフィニ3も早くレストアしたくなってきた。笑


さて、明日は菅生に出張ですので、営業はお休みします。

2パターン作ったミッションオイルの試作品。

そのファーストインプレは・・・、

FDに入れた試作1号は、狙った方向は良かったんですが、もうちょっと冷間から軽さが欲しい感じ。

エイト後期に入れ試作2号は、冷間の動き出しからびっくりするくらい軽く入るようになったのはいいが、コツコツ感も多少あってちょっと行き過ぎたかも…。

とそこで考えた。
1号と2と号を足して2で割ればちょうどいいんじゃないかと!笑

今のままでもうちょっと距離乗ってから、『1+2で試作3号』を試してみましょう。


FDやエイト後期は、硬い感じでシフトの入りが渋いのが多いと思います。
(個人的にはエイト前期の軽いミッションフィーリングが一番好きです。)

特にウチのエイト後期はあんまり距離が行ってないので、硬さがより顕著。

ウチのミッションオイルRT-34やニューテックUW-75/76ギアオイルであればかなり改善できますが、ちょっと価格が…といわれることが多いんです。

で、ストリート用で、冷えてるときから入りが良いミッションオイルを目指して試作してみました。
価格も今までよりかなり抑えられるようにしています。
イメージ 1
とりあえず、2パターン作ったので、ひとつをFDに、もうひとつをエイト後期に入れてテスト開始!
乞うご期待!

↑このページのトップヘ