ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2017年08月

今日から夏休み明けて通常営業です。

今年も恒例のK4GP富士1000キロレースのお手伝いに行って来ました。

クルマは愛車遍歴でもおなじみの竹岡圭姐さんオーナーのホンダ・ビート。
イメージ 1
もちろんエンジンはロータリーじゃないんで、クルマのメンテとかではなく、ドライバーチェンジのときのシートベルト係と雑談係です。笑

無事10時間完走でした。みなさんお疲れ様でした。


で、その富士スピードウェイの往復にはウチのRX-8後期RSで行ってきましたが、
燃費が11.69キロとカタログ数値を2キロ以上上回る数値でした。
400キロ走ってハーフタンク。

すごいでしょ。

基本クルマはエンジン・タイヤサイズはノーマルです。
走行も特に燃費運転ではなく、制限速度くらいです。
もちろんエアコンもつけっぱなし。
帰りの東名は1時間以上渋滞にはまってました。

しかし、渋滞なかったら、リッター12キロは行ったな~。
夏休みなんで仕方ないね。
イメージ 2
ニューテックパワー満載にするとここまでになるんですね。

リアルテックは、明日11日から16日まで夏休みをいただきます。


夏休み前最後の営業日は、預かり作業をすべて完了させて納車。

ご来店作業では、メンテナンスと夏の定番ニューテック NC-200エアコンオイルの注入!

エアコン使用時の燃費を格段に上げちゃいますよ。

ついでに、夏休み中に使うウチのRX-8後期にも入れてみました。
イメージ 2

さらに燃費に激効きのアイ・スパークも取り付けました~。
イメージ 1
これで、休み中も快適・省燃費です♪

今日はFDの排気の仕様変更したので、コンピュータセッティングの確認。

今回から新しいA/Fモニターを導入です。
イメージ 1
HKSのノックアンプつきのA/Fノックモニターです。
A/FメーターはHKSのものがお気に入り。
ノッキングが音と数値でみれますのでね。

今まで使ってたEVC5風のやつは、今デモカーにつけっぱなしにしてるので、新しいタイプのものを買いました。
こっちはEVC6風ですね。

画面は今までよりみやすいし、設定画面も操作し易いですね。
イメージ 2
さらにノッキングのサンプリングも精度が上がってるみたいでいいよね。

聞いても見てもノック出てないし、A/FもOKなのでスムーズに作業完了しました。

9月24日富士スピードウェイにて『レーシングロータリーファンミーティング』の開催がついに発表されました。


公式サイトはこれからですが、上記に詳細が出ております。

目玉はなんと言っても、マツダ757が日本に戻ってきてデモランを行うということ!
ルマンを走ってちょうど30年で、この機会にスイスからやってきます。
富士のストレートを3ローターが全開で駆け抜けます!

たぶん、今回で日本で走る757をみることはこれが最後になるかもしれません。

さらに、757ゆかりのメンバーのみなさんによるトークショー、
この757に搭載される13Gエンジンとほぼ同一の20Bスポーツキットの分解実演もあります。

もちろん、加工ペリとかでなく、純正ペリで純粋なレーシングエンジンであるこの20Bの分解を見れるのはなかなかないですよ。
なんせ現存してる20Bスポーツキットもほとんどありませんからね。当時の価格で600万とかだし…。

しかも!
その分解実演を担当されるのが、当時のマツダスピードのエンジンエンジニアだって言うんだからたまりませんよね!

757と一緒なパレードランもありますし、ロータリーファン、Cカーファンなら来て見て絶対損はありません!

僕も、ロータリー研究家として参加しますよ~。
今から手持ちの757に装着されているマツダスピード・タコメーターをみながら9月24日の妄想を広げております。笑
イメージ 1
勝手な個人的な希望ですが、当時のマツダやマツダスピードのスタッフも見に来てくれないかな~。なんて思います。
757を前に当時の話しを色々聞きたいな~なんて。
OBのみなさんのご来場もお待ちしております!

昨日は幕張メッセで開催中の『オートモビルカウンシル』に行って来ました。

お目当ては、もちろんマツダブースのロータリー50周年記念展示です。
イメージ 3
出展の自動車メーカーではマツダが一番展示内容もお客さんの入りも良かったですね。

この展示、ロータリーファンなら絶対に行ってみてきてもらいたいです。

787B・55号車そのものや、コスモスポーツプロトなどレアな車両もあったり、

開発当時の悪魔の爪あとと言われたチャターマークも実際指で触れます。
イメージ 2
なかなかここまできれいな?チャターマークは最近では見れませんよね。見たくないけど笑
(ちなみに、サーキットで高回転多用しているエンジンは今でもうっすらチャターマーク出てるですよ。)

貴重な787Bの周りにパーテーションで仕切ってないのが、マツダらしいところ。
787Bの間近で写真も撮り放題。
イメージ 1
時間で、エンジンカウルも開けてくれてR26B・4ローターエンジン見放題!

しかもですよ、その787Bの説明員としていらっしゃるのがまさにルマン当時の55号車メカニックだってところがすごいよね。
1台4人のメカニックが付いてて、左前タイヤ担当だったんですって。
当時のお話しも、色々お聞きしました。

さらにあつかましいリクエストにもご好意で答えていただき、R26Bの謎な部分も調べさせてもらって、疑問をひとつ解決しました。
ありがとうございました。


さらに、ブースをみていると現RE開発グループマネージャーである清水さんもいらしてて、ビックリ。
早速ご挨拶とお話しさせていただきました。

昔ジェイズティーポに出てられたの見てました!ってミーハーな事言ってみたり。笑

ちなみに、みんなが気になる 新しいREのことを教えて! なんて野暮なことはいたしません。
REグループみなさんを遠くから応援して待ってますとだけお伝えいたしました。

昔話はOKって事ですので、R26Bの担当していた部分のお話しを聞いたり、ユーノスコスモの20B3ローターやレネシスのお話を聴いたり出来ました。

いつも笑顔で迎えてくれる、元ロータリーエンジンエンジニアで、エイト最後の主査でもあるロードスターアンバサダーの山本さんともNAロードスターを前に山本さんのポケットから出てきたアペックスシールキーホルダー見ながらお話したり。笑

マニア心をくすぐるロータリー満載の良い出展内容でした。
ロータリー研究も進みました~。

最近のマツダのイベントは普段表に出ないエンジニアの方々に直接お話しできるところが非常にいいところですね。
そのエンジニアの方々も、僕らファンやユーザーさんと直接話しをすることで、新たなひらめきやモチベーションになっているとの事でしたよ。

明日までやってますので、ロータリーファンなら行く価値はあると思います。
是非どうぞ。

↑このページのトップヘ