ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

エンジンオイル交換時のオイル使用量
http://realtech.livedoor.blog/archives/16377797.html

2016年11月

デモカーで3年以上使っていたサイドポートエンジンをOH始めました。

イメージ 1
結構時間がタイトですが、ユーザーさんの作業優先なので、やっとこのタイミングで作業開始。

特に壊れているわけではありませんし今でもかなり速いエンジンですが、結構酷使してきたので今シーズンのタイムアタック用にちょっと手を加えてOHして、パワーアップしちゃおうというもくろみです。

なんせ、平気で10000回転オーバーとかちょっとアンダー出たらクラッチ蹴っ飛ばしとかやってましたからね。
(良い子は絶対にマネしちゃいけません笑)

さて、開けてびっくり。リアルテックとニューテックのコラボオイルであるRT-01/02の性能の凄さが良く分かる驚愕の結果が・・・。笑


フロントカバーの中はスラッジ汚れが無く、新品みたいにきれい。(組んだときは全部中古使ったんだけど笑)。
通常は良く赤茶けた汚れがべったりついてます。
イメージ 2
さらに、肝心の磨耗ポイントはことごとく新品同様で、RT-01・RT-02の実力をまざまざと見せ付けてくれる結果でした。

ちなみに、このデモカーエンジンのオイルは、夏はRT-01(5w40)100%、それ以外はRT-01+RT-02ブレンドで、2.5w30にしています。そこにRT-plusエンジンオイル添加剤を5%の割合で添加してあります。


ロータリーエンジンでのエンジンオイルの良し悪しを見るポイントとしては、数箇所のポイントがあります。

まずメインの軸受けとなるステーショナリギアメタル。
ここは一番オイルの性能が分かります。
なぜなら、軸受けのメタルを守ってくれるものはエンジンオイルしかないから。

これエンジンオイルの基本。大事。

で、結果がこれ。 
イメージ 3

思わず笑っちゃったくらい減ってない。普通のオイルだと、街乗りだけでも3層メタルの2層目まで突入しますが、1層目をさらったくらいで止まってる。
言い換えれば、当たりが付いたところで安定してる。

今回のエンジンはレブも上げて高回転多用してたので、さすがに少しはイッちゃってるだろうと思ったらこんな様子!

このメタルが減らないようにエンジン側で色々と対策できますが、このエンジンはまったく無加工で組んでました。
さらに、メタルクリアランスはかなり攻めていますので、通常よりオイルの性能要求は高い中、この結果です!
素晴らしい。

エイトになってから高回転化して、フロント側のメインメタルもやられ方が酷いですが、もちろんそちらも綺麗でした。

分かりやすいようにダメになってるメタルも横に並べてみました。左がデモカーエンジンのフロントメタルで、右が違うエンジンから外したダメになってるメタルです。
イメージ 4
右側のほうは銅の色が出てきているが分かると思います。ここまで磨耗が大きく進んでいると、クリアランスがかなり大きくなってしまい限度値を超えてしまいます。

ほんと、ニューテックオイルは期待を裏切りませんね。
RT-01/02 最強!ニューテック 最高!

話しが長くなりそうなので、おなかも空いたし、他の部位の話しは、また次回!笑

帰国してからも作業がガンガン入っております。
昨日の祝日も、ご来店者さん数もさることながら、電話・メールが多くて、夜までてんやわんやでした。


さて、日本に戻ってきてもコンピュータセッティングの作業が続きます。
イメージ 1
寒くなってくると、セッティングもしやすいです。

特にエイトの後期はコンピュータのデータを書き換えるたびにすべての学習値が消えてしまうので、その都度学習をさせないといけません。
暑いとなかなか学習しないのですが、寒いとガンガン学習してくれます。

なので、今回もスピーディーにセッティング完了。

筑波ノーマルエンジン最速を目指してもらいましょう♪

本日香港より帰国しました。

日本寒い!笑

さて、昨日一昨日と予定通り?RX-8やFDのコンピュータセッティングでした。

RX-8のリアライズ・マスターは、サクッとセッティング完了。

その後のセッティング第一の山場、ターボのATエイトは、予想よりぜんぜん大変でした…。

今までVARさんちではなく、他の香港のショップで色々やってたみたいで、サブコン付いてるからって事だったけど、ついてたのはぜんぜん違うサブコン。
さらに、現状2000回転から吹け上がらないって。

ということで、余計なものを全部外して、ノーマル状態に戻して、点検。
社外コイルも壊れたので、純正戻し。
コンピュータのところの配線なんてブチブチに切ってあって適当につながってました。
シールド線の意味分かってるの?って感じになってたし。
イメージ 2
そして、代わりのサブコンが無いので、急遽リアライズ・マスターで純正コンピュータをロム・セッティング!
ここまで来たらやらなきゃ帰れない。

もちろんターボのロムチューンなんてやったこと無いから、ベースデータなんて持ってないので、今までの経験から、点火マップ・燃料マップ作りましたよ。

修理完了後はデータインストールして、機材積み込んで現車セッティング。

まあ、何とか普通にブースト0.5までセッティングしました。ノック対策もちゃんとやったし。
パーシャルでもそこそこよいとことまでもっていったし。
我ながらよくちゃんと走るようにできたわ!笑

まだまだ手直しが必要なので、今後はVARさんに任せましょう。
イメージ 1
ちなみに、エイトのターボをロムチューンでは大変だから今後やりません!笑
サブコン使ってやりましょう!

↑このページのトップヘ