ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2016年11月

明後日に迫ったレブスーパーバトルに向けて車両準備をすすめました。

といっても、大物は完了してるので、今日は点検と確認。

まずアライメントの確認と微調整、足廻りやエンジン周りなど各部締め付けチェック。

さらに、先日リコールが掛かった燃料ポンプのところの漏れがないかもチェック。
夏に替えたばっかりなので、もちろんOK!


そして、アタックに使うタイヤのセットアップ。
リアルテックオリジナルタイヤ添加剤RT-plusを注入して、数キロ走って、さらにタイヤウォーマーで熱入れ。
暖めはタイヤラックで立てて、10分おきに向きを変えながら行います。
イメージ 1

イメージ 2

熱入れはタイヤ添加剤をしみこませるため、あまり高い温度ではなく、タイヤのヒートサイクルに入れない程度の温度で2時間行いました。

タイヤ添加剤を入れる事で磨耗の具合を良くしたり、グリップアップ、タレを低減します。

このタイヤ添加剤、一回入れた人はかなりの確率でリピーターです。
そしてみんな入れてること内緒にしてます。笑



車両準備が一段落したところで、お預かり車両のコンピュータセッティング。
イメージ 3
今年エンジンOHさせてもらったエイトで、今までのセッティングより高回転側で結構燃料を入れました。

これってエンジンがよく空気を吸ってるってことです。

各回転できっちり合わせて、セッティングOK!

さらにストレートスピードが伸びると思います!

今日はエンジン慣らしが終わったデモカーのRX-8のコンピュータセッティング。
イメージ 1
イメージ 2
エンジン関係にちょいちょい細工したので、セッティングが結構変わりました。

各部燃調合わせて、ばっちりOK!

これでエンジン周りのセットアップは完成です。

なんか、出足のピックアップ良くなって街乗りしやすくなりました。


そして、レブバトル本番用のタイヤをホイールに組み付けました。
イメージ 3
今回は、9.5JにRE-05Dです。最初なんで引っ張らずに使ってみます。
まあ細工はしますがね。笑

明日は足回りの確認して、走行前の車両準備は完了になります。


でも、天気予報みたら木曜日雨じゃん…。

天気はどうしようもないので、準備だけは万端でのぞみま~す。

レブスーパーバトルに向けて、デモカーのファイナル交換!
イメージ 1
デフケースはファイナルごとに用意してあって、いつもはLSDのみを付け替えるのですが、
これからの時間短縮のため、今回つけるファイナル用にATSさんのカーボンLSDを新調しました!


取付後は8の字慣らし。
ちょっと時間無かったので、半分くらいで今日はおしまい。

さて、スーパーバトルのエントリーリストが来ました。
見てみると、RX-8のエントリーはウチ一台のようです。

スーパーバトルでのRX-8ストリートクラスレコードタイムは、去年うちが出した1分2秒3。
このレコードタイムの更新を目指して頑張ります!


昨日・一昨日と熊本まで行ってきまして、九州ロータリーミーティングに参加して参りました。

目的は、マツダレーシングロータリーに最初から携わってこられ、91年にルマンで優勝した時の車両責任者である松浦国夫さんにお会いすること。

松浦さんは、僕が学生のときにエンジンを教えてくれた先生や前職のエンジンの師匠の師匠にあたる方なので、いわば僕のエンジンの大師匠ということになります!

イベント前日の松浦さんの講演会から参加いたしました。
ここでは、松浦さんとマツダレーシングロータリーの歴史やレース現場での裏話など貴重なお話しをお伺いできました。

講演会後にご挨拶させていただき、師匠の師匠であることをお伝えしたら、『一番最初からレースエンジンやってるからみんなの師匠になっちゃうね~』とおっしゃってたので、もう公認いただいたも同然です!

最後にルマンに携わって来られた皆様とパチリ。すっごい嬉しい!

イメージ 1


イベント当日は展示の787B202号車を囲んで生のR26Bエンジンを眺めながら、寺田さんや松浦さんがレース当時の裏話しや、来場者の質問にもなんでも答えていただけたりと、かなりレアな状況でした。
イメージ 2
イメージ 3

僕も質問させていただきましたが、やはり実際にエンジンを作ってこられた方々に直接答えていただけるのはファンとしては大変嬉しいですね。


その後は、ご来場されていたレースエンジン設計の船本さんと、レースエンジンの実験やチューニングをされていた川野さんに、質問攻め!笑 (ずっとお引止めしてしまい申し訳ないです…)

ものすごく勉強になりました!

レーシングロータリーについて、本などの文献に載ってなくて疑問に思ってたこともいっぱい聞けました。


さらに、僕のコレクションにみなさんにサインしてもらいました。(寺田さんはあちらこちらでお声が掛かっててもらうチャンスを逃しました…)

イメージ 4


故片山義美さんのサインの隣に松浦さんのサインいただきました。
イメージ 5
片山さんと松浦さんは同い年だそうで、感慨深く懐かしい思い出もお話しくださいました。


ロータリー研究家としては、ロータリーエンジンを作られてきた方々はみんな僕のアイドルなので、お会いできただけでも嬉しいですし、色々教えていただけて本当に光栄でした。


主催の皆様、素晴らしいイベントありがとうございました。

ちなみに、熊本は初めて行きましたが良いところですね!
触れ合う方々、みんな優しかったです。

イベント会場から空港までは阿蘇山の方を通っていきましたが、まだまだ通行止めが多く路面もかなり酷いことになってました。レンタカー屋さんの方に聞いても渋滞も多くて、色々と不自由しているそうです。
僕も渋滞にハマって、危うく飛行機乗り遅れるところでした…。

はやい復興を願っております。

ここ数日、作業や部品の到着までの合間をみて、デモカーのエンジン慣らしの旅をしてました。
イメージ 1
で、今日で無事慣らし完了。

下からトルクモリモリです!

来週木曜日のレブスーパーバトルまで、コンピュータセッティングの確認と調整、その他諸々あるので、
スケジュールはかなりタイトです!
タイヤもホイールに組まなきゃ。


そんな中ですが、明日・明後日は出張のため、営業はお休みとなります。
また空飛んでいきます。

↑このページのトップヘ