ロータリーエンジン一筋!REAL-TECHブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のブログです。 RX-7・RX-8などロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニングをはじめ、ロータリーエンジン研究家としても活動しており、ロータリーエンジンの高効率化を日々探っております。

2016年08月

現在お預かりのRX-8、色々点検してみると、インマニについているVDIバルブが固着して動かない…。

サーキットで高回転で伸びないと言ってたのはこれのせいかな。

普通は固着なんてしませんが、以前このエンジンをOHした時のお店の人が、ちゃんとグリスを塗ってなかったみたい。

動きが悪いのに加えて、カーボンや汚れが酷くて動かなくなってました。

力いっぱい押しても動かないくらいでした。

修理には結構バラバラにしないと、バルブが抜けるスペースができないので大変ですが、何とか引き抜きました。
イメージ 1

バルブと周辺を綺麗に洗浄して、ニューテックの高性能グリスを塗って元戻し。

スムーズに動くようになりました。

これで高回転のパワーも取り戻せました。

本日はレブスピード10月号の発売日です。
イメージ 1
今回は駆動系特集の方で、クラッチ・LSDの使いこなしのチューナーアドバイスっていうことで載せて頂いております。

イメージ 2
まあ、ページ下のウチの住所表記が間違っているのはご愛嬌。笑

タイムアップにはクラッチやLSDの選択は非常に重要ですよ!

さらに、今号は久しぶりにFDが表紙でいい感じです♪


買って読んでね。


今日も暑かった!

そんな日に限って大物作業。笑


ミッションとクラッチ交換でしたが、クラッチ外してみたらエキセンに圧入してあるパイロットベアリングが粉々…。
イメージ 1
今回はミッション交換なのでよかったけど、外したミッションのメンドラは焼きついていた。

ここのパイロットベアリングがダメになると、シャラシャラジャラジャラと音がします。


さらに、外したクラッチディスクとメンドラのスプラインもサビサビ…。


前の作業者はグリスという存在を知らんのか!


といっていてもしょうがないので、綺麗にすべて直しました。

そして、ミッション載せようと思ったら…、

エンジンとミッションの接合面に遮熱板挟まってるし…。
イメージ 2

これじゃちゃんと締まんないし、軸がまっすぐでないでしょう.・・・。

もちろんこれもちゃんと直しました。
付ける前でよかった…。

なんか前の作業者に、間違い探しをさせられてるみたいでした。


夏休みが明けてからも毎日多くのご来店を頂いております。

先週は日曜まで休日モードなご来店数でしたので、朝から夜までビッチリ。

暑さもあって、仕事が終わる頃にはぐったりです。もう若くないなぁ。苦笑

今週もお預かり車両が多くて、台風が来たってカミナリ凄くたってどんどん作業を進めております。


エイトのサブタンク交換は、今回はラジエータニップルも丈夫でしたので、折れずにセーフ。
イメージ 2
だいたい8万キロとか超えている車両や、水温が高い状態で使っている車両だと、このニップルが触った瞬間折れます。

ホースを無理に緩めてとかの次元ではなく、ひどいときはホースバンドをつまんだ瞬間折れます。
なので、やりようがありません。
でも、ここを外さないとサブタンクが外せないので、一か八かになるのは仕方なしです。

イメージ 3

無事にタンク交換後の仕上げは、もちろんニューテックZZ-91Rクーラントです。
イメージ 1

サーキット走らないから、クーラントは普通のクーラントでいいやって思わないでください。

最近のスーパーロングライフクーラントでも何年か使っていると錆など発生しますが、
このクーラントは冷えるという効果だけでなく、汚れ落としや錆の発生の抑制などの水廻りの保全にも一役買いますので街乗りオンリーでも強烈オススメです。

一応クーラントのメーカー寿命が1年となってますが、これはレースユースでの寿命なので、街乗りオンリーでしたら2年は軽く持ちます。

長く使っても冷却効率が若干下がるだけで錆の発生などはまったく起こしませんので、クーラント交換時期を忘れちゃいそうな人でも安心です。


エイトでもここ最近ハウジングの歪みによる水喰い症状が増えています。

これを防止するにもこのZZ-91Rが打ってつけです!

ZZ-91Rの効果がいかほどかは、分解したエンジンで今度ご紹介しましょう。

今日はさすが夏休みって感じで、平日ですが多くのご来店ありがとうございました~。


さて、一昨日の定休日には、アウト ガレリア ルーチェさんで現在開催中の
『Dream of The Rotary engine』展に行ってきました。
イメージ 1
なかなか観る事の無い50年ほど前のロータリーエンジン創世記の車両たちを前に大興奮。
さすがにNSUやシトロエンの車両は初めて見ましたよ。

エンジン展示もかなりマニアックで、僕も初めて見るパーツもたくさんありましたよ。
イメージ 2
このエンジンパーツ展示だけで1時間半も見ていたのはここだけの話しです。笑

この夏休みの良い自由研究になりました。笑

9月上旬までやってるみたいなので、ロータリーマニアなみなさんにオススメです!


さて、明日から本格的に夏休みをいただきます。

どこに行っても混んでるだろうから、こもって自由(ロータリー)研究してまーす。

↑このページのトップヘ