ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2016年07月

最近よく売れているニューテックのケミカル各種。

インテーク・エンジン内のカーボンクリーニングNC-121はだんだんみなさんに施工させていただいており、その効果を体感されていると思います。


今回ご紹介は燃料ラインのクリーニング添加剤、ニューテックNC-220/NC-221です。
イメージ 1

これもよく効くんです!!!


燃料タンク~燃料ポンプ~燃料フィルター~インジェクターまでの燃料ラインのガム質や堆積物の洗浄にトリートメント、インジェクターやポンプを潤滑と噴霧性アップ、インジェクターから吹いた燃料がインテークポートの汚れも取り除いてくれます。
さらに、ノッキングを防止し、体感できるほどパワーも上がる優れもの。

NC-121カーボンクリーナーとの併用でさらに効果倍増です。

特に走行距離が多い車両や、最近燃費落ちたなあなんて方にオススメ。

インジェクターを外して洗浄は結構手間もコストも掛かりますが、NC-220/NC-221を入れればそれで同様の洗浄ができます。
エンジン始動がイマイチって場合もとりあえず一回入れてみてください。

始動時に回転の上がりが『キュキュキュ ブブ ボーーン!』と一瞬もたついていたRX-8に入れたところ、『キュキュキュ ボーーン!』と掛かり方が改善した例もあります。


また、長期保管する場合は1本入れておくとガソリンがやられづらくなるので、再始動のときも安心です。


NC-221はNC-220の大容量版で、エコプログラムに含まれているものです。
単品での販売もしていて、220の2.5倍の容量ながら価格は約1.6倍の2600円と超お買い得になってます。

ロータリー車にはNC-221のほうで燃料タンク満タンに1本でちょうど良いです。

さらに、ディーゼルエンジンにも激効きなので、スカイアクティブなどクリーンディーゼルの方も是非どうぞ!


施工サイクルは一年に一回、入れるときは続けてタンク2~3回満タン分を入れてもらえると良いと思います!



※当店リアルテックは、ニューテック製品の販売代理店です。
ニューテック製品を使ってみたいショップ様・ディーラー様はお気軽にお問い合わせください。


現在のところ、関東マツダ様全店舗でニューテック製品・リアルテック製品がお取扱可能になっており、荏田店様、溝の口店様ではNC-221・NC-121を在庫していただいております。

さらに荏田店様にはコンプレッションが上がるオイル・RT-01も常備していただいてます!

ここ最近RX-7・FD3Sの入庫が多くなってます。

7月だからかな?笑

車検や修理、各種セッティングなど作業内容は色々、オーナーさんの使用用途も、サーキットタイムアタック派、ストリート快適ブーストアップ仕様、シングルタービン仕様、出来るだけノーマルオリジナルこだわり派など色々ですね。


そんな中、先日エンジンOHしたFDが1000キロ走行後の点検とオイル交換で入庫。
(ちなみに、ウチでエンジンOHやリビルド載せ替えしてもらった場合は、1000キロ時と3000キロ時の点検は無料です。)

点検ではエンジンコンプレッションも測定します。

数値がこんな感じ。
イメージ 1
まだ慣らしの途中1000キロですが、かなり高めに出てますね。

オーナーさんからは、ウチの良いよう好きように予算も度外視で組ませてもらったんで、各部ピカピカ・点検しても完璧です。


コンプレッションは、いつも通り純正テスターでも測ってますが、より高く数値の出る社外テスターで測って、気分の良い数値を見てみました。笑

純正と社外テスターでは数値表示の仕方が違うので、経験上0.5kぐらいは差が出ますね。


そして、ブースト計の負圧数値がこんなになってます。
イメージ 2
見た瞬間、レシプロかよ!って思いました。笑
もちろん、電気負荷なし、720rpm、ブースト計の0点もピッタリ合っている状態で、ロムチューンなのでアイドリングの燃調も変にいじくっているわけではありません。
ISCバルブのデューティも普通でした。

慣らし用にオイルをZZ-03にしてる今でこの状態なら、これをさらにコンプレッションの出るRT-01にしたらどこまで上がっちゃうんだろう?笑

さあ、オーナーさんには引き続き慣らしを頑張ってもらって、もっといい状態にしてもらいましょう!

今日は筑波サーキットで毎年恒例マツダチューニングフェスタでした。

タイムアタッククラスのエントリーで、朝イチと15時の枠の走行しました。

イメージ 1


今日は気温が低かったので、今までの気温データとタイムデータ、さらに去年の12月からアタックシーズンを使ったユーズドタイヤを使用することからすると3秒5がターゲット。



朝イチ枠は、21.7度で3秒5。
足回りのアップデート効果で目標タイムをクリア。
最高速もまずまず。

2本目に向けてフロントのアライメントの調整。
あと、ちょっと懸念していたところもあったのでその対策パーツを取りに昼に一旦帰り、現場で交換しました。

そして15時からの最後の走行枠。
ドリフトデモランを何回もやった後なので路面が悪くなり、普通はタイムダウンするはずですが、気温21.5度で3秒4。
ベストが出ました。

アライメントの変更も良い方向に出て成功です。

タイヤの具合と路面状況考えたら上出来。


さらに今後のアップデートの傾向もわかったのでなかなか良い感じに一日過ごせました。



参加の皆さん、お疲れさまでした。

明日は筑波サーキットでマツダチューニングフェスタです。

2月のレブ鈴鹿以来、デモカーのRX-8を走らせます。

準備の最中に色々ありましたが、なんとか完了。

その模様は後日書きます。

久しぶりに洗車もして、ピカピカな状態で持っていきまーす。

イメージ 1

↑このページのトップヘ