ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2016年04月

最近愛用してるマツダ純正コンプレッションテスターがたまに電源が入らないことがあり、コネクターを抜き挿しを繰り返すと直ったり、不安定な感じ。

使用頻度からしたら、ハンパなく使っているので多少へたってきても仕方ない。

ですが、測りたいときに測れないと困るので、バックアップとしてコンプレッションテスターを新規で追加しました。

元々社外テスターも持ってはいるんで2台あるのですが、やっぱり純正のほうがなにかと良いので、純正2台目購入です♪
イメージ 1


でもね、新しいテスターを買ってちょっと期待していたことがあったんですが、それはちょっと打ち砕かれた感じ…。


というのは、測ったコンプレッションデータをPCに読み込ませる付属のアプリケーションが、今までWindowsのXPと2000対応で、Windows 7にはまったくインストールできなくて、いちいちXPのPCを立ち上げて使ってたんですよね。

もうXPのメーカーサポートも終わったことだし、さらに今回買ったのは前のものと品番が変わったので、さすがに新しいOSにも対応に変わってるだろうと淡い期待をして付属のアプリCDをPCに入れてみたら、今までと変わってなくて、かなりがっくし…。


悔しいから、なんとかならんかと色々やってみたら、Windows7proには入れることが出来た。
でも同じやり方でやってもホームエディションには入らなかった。

コンピュータはクルマのコンピュータ以外は詳しくないので、これが限界。笑

まあ、1台の7に入ったから良いかな。


週末は多くのご来店をいただきました。

いっぱいRT-01を入れました~。

モリモリトルクを味わってください!


週末があけて再びエンジンOH作業の続きです。

今日までにエイトのシールクリアランス調整が完了。
アペックスシールからコーナーシール、サイドシールの順で合わせていきます。

今回はサイドシール調整がいいサイズが多くて、すんなり完了。
面出しもきっちりですよ!

うちではサイドシールはすべて手作業でペーパー研磨して調整しています。
絶対にこのほうが仕上がりが良いです。

ちなみに、使用するサイドシールはすべて純正です。
イメージ 1

出来上がったシール類は高さや厚さなど細かい各部寸法も計測してデータを残しております。

順調に行けば、今週中には1機目のショートエンジンが完成予定です。

今日から新年度。

リアルテックは今年度も変わらず、ロータリー全開で行きたいと思います!

さらに、2月よりニューテックオイルのスペシャル店から販売代理店になりましたので、ニューテックオイルの普及に努めます。

今までのスペシャル店としての経験から、オイルマッチングや、ケミカル類の有効な使い方などのアドバイスが出来ますので、ニューテック製品を取り扱いたいというショップ様はお気軽にご連絡ください。


さて、今日もエンジンOH作業を進めております。

昨日のうちに色々あって大変だった(苦笑)メタルクリアランス調整を仕上げ、今日はガスシールクリアランス調整前のローターのラッピング。

メタルクリアランス調整までは2機同時進行でしたが、ここからは効率・精度の面から、1機ずつ進めていきます。
イメージ 1
イメージ 2

ローターは再使用なので、新品よりかなり手が掛かります。
細かいところまでの洗浄・検品はもちろん、シール溝の修正や面取りなどなど、色々手を入れております。
1個1時間くらいかけて丁寧に仕上げました。


そして、夕方からは今日お預かりしたエイトのコンピュータセッティング。

今までリアライズ・マスターをお使いいただいていて、今回は仕様変更によるリセッティングです。
イメージ 3
スペックからの予測どおり、6000回転からレブまで今までより結構燃料が入りました。
ご希望通りビンビンに攻めたセッティングにしましたよ。笑

空気もよく吸ってますので、これでこれまで以上にパワー出ますね。

↑このページのトップヘ