ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2016年01月

今日は今年一発目のリアライズ・マスター コンピュータ現車セッティング。

綺麗なエイト後期スピリットRです。
イメージ 1
後期もベースデータが仕上がってきたので、燃料マップを回転数ごとで部分的に上げたり下げたりするのではなく、車両の状態に合わせて、回転数全域で同じだけ上げ下げする感じでいけました。
今回ちょっと絞る方向でしたね。

なので、問題なくすんなりと完成です。

バルブ関係の切り替わり回転数も、仕様でおおよそ一発で決まりましたしね。


これで乗ってもらえば、激変したはず。
体感もバッチリでしょう。

これからもっとロータリーパワーを堪能していただきましょう♪



今日は各地雪で大変だった方も多かったと思います。

ここ下妻は、クルマや土の上は多少積もっていましたが、アスファルト部分はほとんど積もっておらず、ほとんど影響ない感じでした。

それでも、寒いので一日シャッターを閉めて作業してました。



さて、前から多くの方に『タイムアタックデモカーってどのグレードのオイル使ってるんですか?』って聞かれます。

確かに、ニューテックにしても、リアルテックオリジナルにしても、色々グレードがありますからね。

では、どれをどんなブレンドにしてるかって言うと、


エンジンオイルは、リアルテックオリジナル RT-01とRT-02のブレンド 2.5w25 + RT-plus 1本
アタックシーズンは、シングルオイルクーラーでもこのぐらいで使用しています。

前期なので、RT-02 0w20 単体で使用すると、オイル消費が多くなりがちなのと、低中間域でのトルク感が多少粘度を持たせたほうが良い感じなので、25番ぐらいになるようにして、添加剤でさらにトルクが出るようにしています。

夏は、ツインオイルクーラーで01と02のブレンド率を変えて、2.5w30で使用しています。

ミッションオイルは、リアルテックRT-34 75w100。
フィーリングとシフトスピードが命なので、それらを一番良くしたのがRT-34です。
耐久性もかなりあります。

デフオイルは、ニューテック UW-76 75w140です。
これはとにかく寿命が長いのと、スムーズにしっかりロックしてくれます。
もっとロックをガチッとさせたい場合は、NC-71 80w140を使用します。

ブレーキフルードは、ニューテックRP-300。
ニューテックにはその上にRP-320がありますが、そこまで必要ありません。
RP-300は、剛性のあるフィーリングが長く持続しますし、ほとんどエア噛みしないので、交換回数が少なくて、高性能と合わせてランニングコストが下がっていい感じです。

パフォーマンス追及な使い方だとこんな感じですが、同じエイトでも、前期・後期、グレード、季節、使い方やオイルクーラーの数、フィーリングの好みによって、色々チョイスが変わったりしますので、お気軽にご相談ください。
イメージ 1

昨日は東京オートサロンに行って来ました。

年始のご挨拶がメインなので、各所回りました。

もちろん、こちらの方にも2回目のご挨拶。
イメージ 1
ビジョンさん。

午後3時過ぎても西ホールすら回り切れないという感じで、色々な方々とご挨拶したり、しゃべりまくったり、聞きまくったり。

何年かぶりにお会いした方も多かったです。


最近マツダの新車買ってないので、マツダブースで一台購入。

新車のコスモスポーツだぜ!
イメージ 2
1/18ですが。笑



さらに、もう一台欲しかったのですが、値段聞いて迷うことなく諦めました。笑
イメージ 3
世界で10数台しか生産していないそうで、日本分は残り1~2台みたいです。

価格はなんと48万円!

出来はすばらしく良かった。

10万円ぐらいだったら、即買いだったのにな~。

今日も、ご来店作業にお預かりの作業が続きます。
エンジンOHも進めながら、FDの修理や点検、RX-8のメンテナンスなど色々やってます。
作業だけでなく、ご相談のお話しもしっかりさせていただいております。
エンジンやNUTECの話しになると長くなりますので、注意が必要です。笑


そんな中、昨日はデモカーの作業。
通常の営業日はお客様の作業優先でやってますので、定休日ですが、作業です。

一台目は、NUTECカラーのRX-8タイムアタックデモカー。
REAL-SPECダンパーの小変更を行いました。

イメージ 1



これは、減衰変更をしたのではなく、ちょっと細工を施しました。
どちらかというと、ドライバーのフィーリングアップのためという感じ。

そしてもう一台、ノーマルに近い赤後期のスピリットダンパーもスプリングの変更をして、ちょっと確認です。

こちらはスペアのスピリットダンパーがあるので、それを使ってスプリングを装着し、今までついていたスピリットダンパーと交換。
ちょっと試乗した感じでは乗り心地もかなりいい感じです。

これに乗って明日オートサロンまでの往復でチェックします。

3連休は多くのご来店をいただきました。ありがとうございます。

昨日は筑波サーキットに行く前にご来店、走り終わってからご来店という方ばかりで、朝から夜までノンストップでした。


さて、最近はエイトよりFDの作業が続きます。

新規で来て頂いたFDは、リアルチェックして、悪いところやこれから修理が必要であろうところを総ざらい。
修理が必要なところはすべてきれいさっぱり作業しました。


ピカピカのノーマル然としたサーキットFDは、車検。

プラグコード替えようと古いコード抜いてみたら・・・、
イメージ 1
コイル錆まくり。それも3箇所…。

これでは、きれいに火が飛ばないので、急遽全部のコイル交換。
プラグ側はかんたんに見れますが、コイル側は周辺をばらさないと見れないので、コード交換することで見つけられました。
ある意味ラッキー!

結構な出費になりますが、REは点火が命ですので、これで安心です。

↑このページのトップヘ