ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2015年11月

昨日・今日は、結構慌ただしく、作業だけでなく外出もあり、さらに多くのお客様や営業さんの来店もありました。

さてそんな中、エイトのクラッチとミッションの交換。

クラッチは性能重視な方に一押しの、ATS・カーボンシングルクラッチキット SPEC2。
イメージ 1
圧着力が高いのにペダルはノーマルより軽く、運転も楽々。
レリーズベアリングやペダルの負荷が下がり、耐久性も上がります。
カーボンディスクの耐久性もあるので、取り付けちゃえばほぼ交換要らず。
クラッチ単体重量も超軽いので、レスポンスアップ、実際にパワーも上がります。

そしてミッションは新品に交換です。
イメージ 2
なんだかんだでOHするより安くなっちゃうので、新品交換がオススメです。


不思議なことに、ATSのクラッチをつけようとすると、いつもなぜかATSの営業さんがやってきます。
覗かれてるな。笑

今日は筑波サーキットでマツダチューニングフェスタでした。

朝6時半から走行終わりの3時半までびっちりタイムアタックとセッティングに励みました。
ほとんど休憩無し。
ヒーヒーでした笑。
まあ、イベントではいつも通りですけどね。笑

なんせ今回は朝8時からの走行枠30分にタイヤ3セット(すべてサイズ違い)比較しながらタイムアタック。
3周アタック→タイヤ交換の繰り返しです。

1枠でタイヤ3セット投入しますといったら、周りの人にもドライバーの谷川さんにも驚かれるばかり。笑
でも、やりとげました。笑

結局そこで出た1分2秒8が本日のベスト。

その後は、一番よかったタイヤで足回りのセッティングを詰めて、最後は谷川さんからOK出たので、本日の走行は終了しました。

ショックはまったく問題なく、ほとんどアライメントのセッティングのみでした。
ターンイン良し、ブレーキング良し、トラクション良し、うんバッチリ!

新しいエンジンもまったく問題なし。

タイムも最後まで安定して3秒0くらいだったので、気温と湿度高めの割にはよかったかな。

この次はレブスーパーバトル本番でーす。

本番までにエンジン周辺をもうちょっと見直します。
もうちょっとパワー上がるはず。

イメージ 1

明日は筑波サーキットで毎年恒例のマツダチューニングフェスタです。

リアルテックは、今年もRX-8デモカーを走らせます。
このイベントからタイムアタックシーズンインですね。

走行時間もいっぱいあるので、新しいLSDの確認に加え、サスペンションセッティングを細かく詰めていきます。
タイヤもいっぱい持ち込むしね。笑

このイベントでの走行結果次第で、12月のレブスーパーバトルやエイトリアンカップ、来年2月のレブ鈴鹿RX-8対決など今シーズンを戦うタイヤを決めます。

あと、新しいエンジンの様子も気になるところ。
ここで調子良ければ次のステップに進もうと思います。


と言うことで、デモカーの準備も万端。
イメージ 1

エイトもサービスカーも荷物満載です。

こういうときエイトは荷物がいっぱい載るから最高!




今週後半はエイトのリアライズコンピュータのセッティングが2連続。

一台は、吸気系変更で一緒にリアライズ・マスターを導入。

6MTの前期はベースデータの精度がだいぶ上がってますので、微調整でセッティング完了。
結構ツメツメなので、いい感じにパワーが出てると思います。


もう一台は、来週走らせるうちのデモカー。
イメージ 1
新しいサイドポートエンジンに合わせて、セッティングです。

セッティングのスタートは今までのサイドポートエンジンに合わせたデータから行いましたが、
高回転で燃料を結構入れていかないと、ちょうどよくならない。

と言うことは…。

今までよりもより空気が入っているって事ですね。笑


そして、セッティングしてるところでまた新たに使えるところを発見。
これは机上ではあわせられず、厳密にはサーキットで合わせていかないとピッタリいいところにもっていけなさそう。
うまく使えれば、最高速の上乗せも可能かも。

今回は時間もないので、そこのセッティングは時間のあるときにでもやりましょう。

先週から今週に掛けて、アレコレと作業が続いております。

当日のメンテナンスや点検のお車も、お預かり車の作業もどんどん進めてまして、どんどん納車していってます。

FDのフルピロ交換作業や、FCのファーストアイドル調整などなど。


今日はFDのリアルチェックに、エイトの足回りのセッティングとコンピュータのセッティング。

リアルチェックでは実に惜しい結果に…。

イメージ 2


イメージ 3


もうちょっとでコンプレッション全部揃ったのに…。

ちなみに、うちでエンジンOHして25000キロぐらい、サーキットをよく走ってるFDのエンジンです。
使ってる部品は全部ノーマルのまま、もちろんアペックスシールもノーマル2ピース。
ちゃんとセットアップして作れば、2ピースだって反りなんておきないんですよ。

純正の新型コンプレッションテスターは社外テスターと違って、7秒測定してその平均値を表示しますので、絶対値は低くなり、揃いづらいのです。

しかし、6箇所ピッタリそろえるのは難しいね…。

エイトのコンピュータは雨のため走行確認できず、データを入れて本日終了。
イメージ 1
お預かり車両なので、今週晴れ間を見て確認します。


そして、夜になって来週走らせるエイトのデモカーのセットアップ作業。
なかなかまとまって時間が取れないので、ちょっとづつ進めています。

イメージ 4


↑このページのトップヘ