ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2015年10月

外装の修理をしていたエイト、納車前に走行チェックをしていたらカタカタ音が。

各部を点検してみたら・・・
イメージ 4

エンジンマウントがちぎれて、めり込んでた。
そのため、エンジンマウントブラケットとマウントのストッパー部分が当たって音がしてました。


納車の数時間前でしたが、

安心して下さい!エンジンマウント在庫ありますよ!!

と言うことで急遽、左右エンジンマウント交換。

イメージ 3
新品と切れたマウント。

さらに外していくと、マウントボルトが10mm以上短い純正と違うボルト…。
これじゃあ、ボルト自体の強度が有ってもさすがにネジ部の引っかかりが短すぎる…。
3~4山くらいしか掛かってないし。

でもね。

安心してください!ボルトも在庫ありますよ!!
イメージ 1

と言うことで、全てきれいさっぱり修理して、納車完了。

イメージ 2


専門店ですのでね。エイトでよくダメになるところの純正部品の在庫はだいたいしております。


とにかく明るいリアルテックでした~。

昨晩の強風のため、朝見たら安い汎用ボディカバーは半分めくれてて、尻隠さず状態。笑

しかし、専用のボディカバーは何事もなかったかのようにまったくめくれもしなかった。

高いだけのことはありますね。
仲林工業のボディカバー、オススメです。


さて、昨日までに仕込みの終わったエンジンを今日組み上げました。

通常はショートエンジンを組んだら一旦片付けて、小休止なんですが、
今日はなんか調子がよかったので、そのまま補機も取り付け。
イメージ 1

エンジンが組みあがってパーツの保管場所も空いたので、明日からは次のエンジンOH作業に掛かります。

次もエイトのサイドポート拡大加工です♪

今日もサイドポートエンジンOH作業の続きです。

先日のメタルクリアランス調整に続き、今日はシールクリアランス調整です。

コーナーシールとシール溝のクリアランス⊿Cの調整には測定器を駆使します。
イメージ 1

前にも書いたかもしれませんが、エンジンの測定にはミツトヨの測定機器の示した数値しか信用しません!笑
ミツトヨ、マジ最高です。


さて、すべてもシールの調整も完成しましたので、あとは組み立てるのみです。
イメージ 2

↑このページのトップヘ