ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2015年10月

定休日な昨日は、昼過ぎまでに所用を済ませて、エンジン慣らしの旅へ。


せっかくなので、仙台まで牛タンを食べに行きました。

イメージ 1


予定通りに行けば8時前には仙台に着くはずが、途中工事渋滞にはまり、1時間ほどロス!

クルマを停めてダッシュで目指した牛タン屋さんに行きましたが、営業時間内でしたが営業終わってた…。
さすが人気店。

くそう。


時間も時間なので、有名なところは閉まってしまいそうな勢いなので、すぐに検索して、利休本店に滑り込みセーフ!

イメージ 2



さすがに超旨かったです。満足満足。

牛タン堪能後は、Uターンで下妻まで慣らしの旅の続き。

深夜に戻って、エンジン慣らし全工程の完了です。



今日も多くのご来店ありがとうございました。
日が暮れるのも早い季節になってきて、作業のご依頼もどんどん増えてきております。
ご用命がありましたら早めにお願いします。


さて、今日も作業が終わってからエンジン慣らしの旅。

まだまだ先は長いです。

イメージ 1

今日はデスクワークも少なく済んだので、デモカーのエンジン換装作業の続き。
週末を迎える前に終わらせないと大変です。

補機付状態でのエンジン交換なので、通常よりは早く作業が進み、すんなり完了です。
イメージ 1
エンジン変えても、見た目が以前と変わってませんので、面白みはないですよね。笑

早く慣らしやって今月中にシェイクダウンしないと、スケジュールがきつくなってくるので、ちょっと焦ってます。

あっ、
ちなみにバッテリー移設してないんですねってよく言われますが、水温も全く問題ないですし、ボンネットも純正なので、バッテリーは純正位置そのままです。
なによりバッテリー移設すると、オイルフィルター交換するときに腕が傷だらけになるのが嫌ってのが一番の理由なんですけどね。笑

預かり作業も部品待ちで一段落。
前に作っておいたデモカー用の新スペック・エンジンを載せ替え。

スケジュール的にやっと手をつけられました。

足回りのセットもかなりいいところまできているので、これからのシーズンはエンジンパワーを上げることに集中してやっていこうと思います。

今回のエンジンもいろいろと新しいことを盛り込んでいます。

レネシスの限界にチャレンジ!

さて、1年間サーキットでギンギンに使い込んできたリアルテックオリジナルのフルチタンエキマニ。
イメージ 1

今回のエンジン交換で初めて外しましたが、割れも歪みも排気漏れも全くなく、耐久性もバッチリです。

チタンだから割れるんじゃないの?ってよく言われますが、フランジは通常のチタンですが、パイプは耐熱チタンを使っていて、耐熱温度が通常の倍ありますし、溶接も手間と技術をふんだんに使ってますので、大丈夫なんですよね。

重量は3キロで純正の40%くらい。

価格は・・・・、

つけるとしたら社外ステンエキマニの3倍ぐらいかな…。苦笑

10月から筑波サーキットも再開して、徐々にご来店の方も増えてきてます。
涼しくなってきましたから、人もクルマも走りやすくなってきましたね。

そんな今日も、ご来店作業のあとは連荘エンジン作業です。

補機の取り外しからエンジンの分解をして、大物パーツの検品・測定までしました。
イメージ 1

ばらした古いエンジンは色んなことを教えてくれるので、細部まででじっくりと点検を行います。

今までどの様な使われ方をしてきたかと、特にダメになっちゃってるポイントをしっかり把握するため。

とくに、今回はウチのメンテ車両ではないので、とくに磨耗状況をしっかりみないとね。

そこから、これから作るエンジンのクリアランス値を決めたり、今後のエンジンの使い方やメンテナンスのアドバイスをする上でも重要です。

新しく作るエンジンは、今まで以上に長く、よい状態で使ってもらいたいですからね。


今回分解したエンジンは、激しい使われ方はしてないようですが、見てみるとありがちなよくない磨耗の仕方をしてました。

どうありがちだったかというと…、

長くなりそうなのでまた次回!笑

↑このページのトップヘ