ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2015年08月

今週はマニアな作業が続きます。

RX-7・FD3Sの純正ビルシュタインダンパーの交換。
イメージ 1
イメージ 2
純正ビルシュタインから同じものの新品に交換ですよ!
なかなかやらない作業です。
だからこそ、マニア心をくすぐります。笑

ダンパー廻りを新品に一新したいとのことでしたが、残念ながらフロントスプリングは生産終了でした。

なので、前後スプリングは再使用して、ダンパーに加え、アッパーマウント・ストッパーなどゴムパーツも新品交換してリフレッシュ。

マウントやストッパーはクタクタにつぶれてましたので、付け替え後はかなり車高が上がりました。
でも、これが本来の純正車高ですね。

前後の車高バランスも良くなりました。

さらに、アライメントも純正の基準値にちょっと手を加えた設定に調整しました。

これで、また13年前の姿に近づきましたね~。




今日は、FC3Sのドアウェザーストリップ交換。

ドアガラス外側はよく錆びるので、そうなると非常に見栄えが悪いですね。

交換すると、見違えるほど新しい車になった感じがします。
イメージ 1


イメージ 2
マニアにはこの感動がたまりません。笑

さらに、よく粉々に割れるサイドガラス用のデミスターグリルも交換。

そして、分解して足りなかった内装部品もオーダーしました。

FCの純正内装部品もまだまだ色々出てきますね。

マツダ様、最高です!!

今週中に仕上げる作業が思いのほか早く完了しました。

なので、今日は集中して、デモカー用の新スペックエンジンの製作に入ろうかと思いましたが、
朝から作業依頼やお問い合わせ、オイル通販などを多数頂き、デスクワークがなかなか終わらない。

さらに、昼にはサーキットレスキューで筑波サーキットまで1台引き上げてきて、その車両の点検見積りをしてたら、一日終わり。

余裕があると思ったら、全くなくなってた。笑

そんな日もありますよね~。

ありがたいことです。

夏休みも終わり、昨日より通常営業です。

休み明けから、早速エイトのリアライズ、コンピュータ現車セッティングです。
イメージ 1


冬じゃなく、夏にコンピュータ現車セッティングしてもいいんですか?

とよく聞かれますが、

もちろん、イイんです!


どちらかといえば、夏だから現車セッティングしたほうがよいんですね。


エイトはNAですから、夏と冬でマップの読み込む位置がかなり変わります。

パーフェクトなセッティングを求める場合は、クソ暑い時とクソ寒い時の両極端な時期にセッティングすると良いです。

リアルテックでは、最初に夏にセッティングした場合は冬にセッティングを確認、もしくはその逆も無料で行っています。

一度夏冬でセッティングを確認すればそれ以降は必要ありません。

中間的な季節はどうなの?
って思うと思いますが、それは大丈夫。

詳しくは書けませんが、両極端をとっておけば、外さない上手いセットができます。
まあ、そこは経験値です。笑

もっといえば、リアライズのデータは豊富にありますので、夏でも冬でもどちらかでセッティングしてしまえば、逆の季節もほぼほぼセッティングはOKです。

でも、パーフェクトを求めれば、必ず確認することが大切です。
なので、無料点検してます。

リアルテックでは、1馬力を大切にしてます。

本気でパワーが欲しい人は是非どうぞ。
http://www.real-tech.jp/origin.html#オリジナルコンピューター

鈴鹿から戻り、お預かりのRX-8にサイドポートエンジンを無事に換装完了して、作業にちょっと余裕が出来ました。

昨日は作業の合間をぬって、リフトのメンテナンス。

最近キーキー音が出始めていたので、チェーンなど各部をグリスアップして、オイルも交換。
オイルタンクもウェスを突っ込んで綺麗に汚れを落としました。
そして、拭き掃除もして完了。
キーキー音もなくなり、昇降も気持ちスムーズになった感じがします。


今日は、RX-8デモカー用のブレーキキャリパーに冷却塗装を施しました。
イメージ 1

この冷却塗装、冷却効率を上げるだけでなく、剛性アップ・歪み防止にもなります。
その分価格も結構しちゃいますが、それだけの効果はちゃんとあります。

OHついでの施工がお勧めです。

ウチのデモカーでは他に、ラジエータとオイルクーラーにも冷却塗料を塗ってありますが、先日の鈴鹿でのタイムアタックでも、気温30~33度で水温95℃油温108℃、気温35℃の筑波でも水温101℃油温115℃くらいで収まります。

ちなみに、ラジエータ・オイルクーラーは純正、クーリングラップは全くなしです。

ラジエータは今後、冷却塗装を施した純正タイプの販売を予定してます。


さて、リアルテックは明日11日より16日まで夏休みをいただきます。
先月働きすぎたので、ちょっと長めです。笑

↑このページのトップヘ