ロータリーエンジン一筋!REAL-TECHブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のブログです。 RX-7・RX-8などロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニングをはじめ、ロータリーエンジン研究家としても活動しており、ロータリーエンジンの高効率化を日々探っております。

2015年05月

最近クラッチ関連の作業ご依頼が多いです。

どんな作業でもそうですが、なぜか同じ作業が連荘になりますね。笑


RX-8用のATSさんの新作クラッチ、スーパーブレードクラッチのオーダーを頂きましたので、早速お取り寄せ。


イメージ 2


このスーパーブレードクラッチは、ディスクがカーボンでダンパーつき!
イメージ 3

カーボン特有の切れの良さに加えて、ダンパー効果により3000回転付近のカラカラ音がしないという純正クラッチのような快適性を持たせたすばらしいクラッチ!

届いてすぐに検品。

一緒に重さを量りました。
イメージ 1

超軽い!

ダンパーつきなのに、ウチのデモカーで使っているATSさんのカーボンシングルクラッチprospec2よりも600g重いだけ。

カウンターウェイトとあわせても11キロちょっとで収まりますね。

純正が14.7キロなので、3.7キロもマイナスです。

ペダルも軽くて、エンジンレスポンスが上がって、音もなく快適、さらに128,000円とカーボンなのに低価格となると、このクラッチは敵無しな予感です。笑

取り付けが楽しみです。

快適性を求める赤3号機にクラッチつけるなら、コレで決まりだな。

昨日は、TC1000にてRX-8赤3号機で車高調テスト。
イメージ 1

朝9時から15時過ぎまで、トータルで20分を9枠(!)みっちり走りこみました。
ドライバーは、誰よりもTC1000を走りこんでいるレーシングドライバーの蘇武選手。

タイヤは、グッドイヤー・RSスポーツの無印のUSED。
1日通して1セットです。

ちなみに、この赤3号機の現状スペックは、
・タイヤ (去年の夏おろしの青2号機からのお下がり)、
・ホイール TWS T66-F 18×9.5J +40 (青2号機と兼用)
・ブレーキパッド 制動屋 リアルテックオリジナル、
・車高調 スピリット リアルテックスペシャル、
・コンピュータ リアライズ・クールでファン変更のみ(そういえばセッティングしてなかった…苦笑)
・メタルキャタ (ノーマル触媒をいい状態で保存したいため笑)、
・フルバケ(青2号機より拝借。純正レカロをいい状態で保存したいため笑)
・エンジンオイル RT-02 0w20
・ミッションオイル RT-34 75w100
・デフオイル ZZ-32 80w120
・クーラント クーリングの定番 ニューテックZZ-91R
・ブレーキフルード エア噛みしらずでロングライフのニューテック RP-300

上記以外はすべてノーマルです。


さてテストですが、今回のメインは新スペックのスピリットダンパーに、バネレートを数パターン装着して、減衰を細かく変えて、どう変化するかのデータ取り。
あわせて、スタビやスタビリンクも変えて、マッチングを確認しました。

最終的には、細かくいっぱいデータも取れて、最後の仕様が乗りやすくて一番タイムも出るところに仕上がりました。
ダンパーも減衰の細かな修正ぐらいでOKです。

LSDノーマルで前後バランスよく、トラクションもかなり出ましたね。

LSDノーマル状態でセットアップをつめていくのは、3年ぶり。
その間にタイヤも変わり、よく使われるサイズも変わり、などなどを踏まえた上で、
今回走行ごとに細かく変更掛けて、それぞれでしっかり走行確認をしていきましたので、

ここをこんな風に変えるとこういう方向になるから、一発タイムに有利とか、
逆にレベルはちょっと下がっても安定してタイムが出るとか、

今までよりもデータに深みが出ました。
新たな発見もあったりして、たまにノーマルに近い状態でセッティング確認するっていいことですね。笑

さっそくユーザーさんにフィードバックしたいと思います。

あ、気になるタイムですが、気温23度ぐらいで、ベストが41秒8、コンスタントに42秒1~5くらいでした。
午後小雨が降ってたときは43秒台に落ちましたが、雨の上がった最終枠では42秒0が数回でたので、タイヤのタレに対してタイムの落ちがほとんどない状態でした。

車両データは、ピークで水温101℃、油温111℃、油圧8.0キロ、吸入空気量216g/s でした。
ちゃんとしたオイルの0w20で走ると、後期でも油圧ピークが程よくていい感じですね。
逆に言えば、後期は0w20前提でエンジン開発してたのかな?

明日は、久々にサーキットテスト。

今回は、青いタイムアタック号ではなく、赤いこいつです。
イメージ 1

グロスシルバーのT66-Fがいいね!

先日装着した、新スペックのオリジナルスピリットショックの後期でのマッチングのテストです。

あわせて、現地で色々セットを変えて、後期のデータをいっぱい収集します。

今回のドライバーはS耐やタイムアタックなどでがんばっている、筑波の路面のシミもすべて知っているという蘇武選手です。
ドライバー業以外のときは筑波サーキットでオレンジ色のつなぎを着てますから、お世話になった人も多いはず。笑

今年はこの赤3号機のドライバーをお願いして、乗りやすくタイムの出るセッティングを作っていきます。

とりあえず、冬まではLSDノーマルでのセット出しをやっていきますよ~。

リアルテックはロータリー屋なので、ロータリーエンジン車以外は作業いたしません。

ですが、ここ最近はレシプロ車にお乗りの方のご来店が多く、ニューテック・オイルをお買い上げいただいております。
もちろん、お持帰りです。

オイル交換はできますか?と聞かれますが、すいません、ロータリーしかやらないポリシーなのですべてお断りしてます…。

ニューテック製品は、カタログに掲載しているものもしてないものもほぼすべての商品を在庫しております。

つくば周辺でニューテックオイルのご用命の際は宜しくお願いします。


この週末は通常よりもご来店も少なく、お預かりの作業を進めておりました。

今日はリアルテックオリジナルセッティングのスピリットショックの取り付けとアライメント調整。
イメージ 1
ウチのスピリットショックは、ピストン形状からスペシャルですので、減衰の出し方もスタンダードとは違うんですよね。

今回は、富士などのスピードレンジの高いサーキット向きなので、バネもハイレートです。
さらにハイレートにあわせて、ケース長などもすべての部分の寸法も合わせて、車高の調整幅やストロークがいいところに合うように作りました。

リアショックはスペースも少ないので、実際に取り付けるまで各部ピッタリくるかヒヤヒヤですが、今回も一発OK!
良かった良かった。

これで今まで以上にサーキットを楽しんでいただけると思います♪

今日は、RX-8にLSDの取り付け。
イメージ 1
今回もオリジナルセッティングのREAL-SPEC LSDです。

ウチのLSDは、チャタリングも少なく、効きの強さやタイミングなどを絶妙に合わせてあります。

LSDは、どれでもただ買ってきて付ければ良くなると言う訳でなく、そのセッティングが非常に重要です。

さらに車高調に合ったLSDのセッティングをすることがタイムアップの近道になります。





↑このページのトップヘ