ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2015年04月

昨日・今日はRX-8のアライメント調整が連荘です。

どちらも車高調付きで、サーキット向きセッティング。

リアルテックで初調整なので、調整だけじゃないところまで色々いじって合わせ込みます。

まずこれ、重要。笑


メインの調整はというと、今日の一台はステアリングラックとステアリングのセンターが狂っていたので、そこもピッタリに調整。
ステアリングが変わっている車両はだいたいずれてます。

さらに今まで車高調のケース長が左右で10mm近く違っていて、その状態じゃないと左右の車高があわない状態でした。

きっちり調整後は、ケース長左右ピッタリ寸法で、車高も左右ピッタリになりました。


アライメント調整は何度何分とか数値を追いかけることも重要ですが、それ以上にセンター出し・ゼロ点基準合わせが重要です。

きっちりしっかりアライメント調整できれば、パーツを替える以上に走りがかなり良くなりますよ~。
イメージ 1

この週末もたくさんのご来店ありがとうございました~。

特に今日はご来客の方が後を絶えず、さらにイレギュラーなご来店もありましたが、奇跡的にもみなさんバッティングせずで作業も納車もお待たせすることなく順調でした。

その代わり、休憩ほとんどできなかったんですけどね。笑


今日は、1台RX-8にリアライズをインストール。
初期型の車両なので、色々対策の施されたデータでセッティングしました。

このデータで作っておくと、今後変なトラブルが起こらないんですよね。



イメージ 1
※画像はそれっぽいイメージ画像です。





来週の中頃に敷地内のアスファルト路面の引きなおし工事が入ります。

天気予報を見つつ、日にちを逆算していくと、今日のうちに普段動かしていない車両を移動準備をしておかないと間に合わなくなります。

今うちにある車両で、動かすのが大変そうな車両は3台。

部品取り車のFD(エンジンブロー)、
18歳の頃にはじめて買ったロータリー車であるFC(5年動かしてない)、
オブジェと化してるSAターボ(いつエンジン掛けたか覚えてない汗)

SAはあきらめるとして、

FDは外してたコンピュータ戻しバッテリーを繋いでエンジン始動OK!
意外にも楽勝。
さくっと移動。

一番やっかいそうなFCはエンジンオイル・クーラントの量を確認して、バッテリーを繋いでクランキング。
最初は弱々しく動いたスターターも回し続けると普通に回り、意外にも一発始動!

うん、すばらしい。ナンバー外すまでちゃんとエンジン回りの整備していた甲斐があった。笑

がしかし、FCのクラッチを踏んだら、スコっとペダルが行ったまま戻らない…。
クラッチマスターが抜けてました…。
エンジンが掛かっても移動できず。
まあ、エンジン掛かれば、あとは何とかなります。

ということで、今日はエイト・FDを3台ほど移動させて、あとは週末があけてから移動させます。

今日はお預かりFD3Sの作業。

色々メンテ作業に加えて、パワステポンプからオイル漏れしているので、その修理。

入庫するFDの半分くらいはパワステフルードが漏れてますね。

圧倒的に多いのはポンプとタンクを繋ぐホースの硬化からのフルード漏れ。
イメージ 5
ホース交換するにはポンプ自体を外しますが、ただホース交換するだけでなく、
タンク内の古いフルードも全部抜いて、すべてのパーツを綺麗に洗浄して組み付けます。
イメージ 4

イメージ 3
うん、綺麗になって気持ちいいね!


フルードは、ニューテックのZZ-51改を注入。
イメージ 2

このフルードは、入れただけでパワステのフィーリングが向上します。
これぞ、ニューテックパワー!
ステアが軽くなり、ダイレクト感も増します。


ちなみに、パワステフルードはなかなか交換する人が少ないですが、フルードは確実に劣化してます。

イメージ 1
新油(右)と抜いたフルード(左)を比較するとぜんぜん違うでしょ?

他の油脂類同様、定期的な交換をがおススメです。
FDらしい軽快なハンドリングを取り戻せますよ。

↑このページのトップヘ