ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2015年01月

エイトリアンカップが終わってから、お預かり車両の作業が怒涛のように続き、ちょっとヒーヒーしております。笑
 
そんな中でも、1台1台手を抜かず、しっかりと作業を進めて、週末納車に向けて次々と完成させています。
 
その中の1台、駆動系トリプルトラブルのRX-8も、先ほど作業完了。
イメージ 1
ふ~、なんとか間に合った。
 
これで来週末のRX-8・TC1000最速決定戦に参加できますね!
 

今日のエイトリアンカップ。
 
結果は、1分2秒929を出し、RX-8のラジアルタイムアタックで前人未到の2秒台に到達でレコードタイムを更新しました!
 
アタックしてくださった谷川選手、ご協力いただいた各社様、応援していただいた皆様、ありがとうございました!
 
詳しいレポートは後日。
 
これから祝勝焼肉です♪

さあ、明日はエイトリアンカップです。
エイト筑波最速を決める一戦です。
 
いつもながらのサーキット走行前日はきれいに洗車です。
今日は天気もよく暖かかったので、楽勝でした。
イメージ 1
 
さらに、下回りもリフトアップして拭き上げたりして準備万端。
 
あとは、レコードタイムを更新するだけです。
 
 
がんばります!
 

今週土曜日は、筑波でエイトリアンカップです。
 
うちも12月に出したレコードタイムの更新のために参加します。
 
今年に入ってからユーザーさんの車両の修理や点検、メンテナンスでほとんど手を付けられずにいたデモカーですが、昨日と今日で走行前のメンテや調整作業がすべて完了しました。
 
前回の走行データや走行動画をもう一回見直して、ダンパーの仕様やアライメント調整など足回りを中心に変更しました。
それ以外の細かい作業も出来るだけやってみました。
 
今回は重作業がなかったので逆にいつもよりさらっと早く出来てしまい、何か落とし穴があるのではと不安になったり。笑
まあ、大丈夫でしょう。
 
あとは当日谷川さんに出せるだけ出してもらいます!
 
 
さて、そのエイトリアンカップつながりではありますが、2月にもRTE主催の走行会があります。
 
RTE 筑千2月の勉強会&RX-8最速決定戦
 
場所は筑波コース1000で、初心者から上級者まですべてを対象にサーキットドライビング向上のための勉強会です。
 
午前は座学講習、午後は走行・同乗走行となって一日学べる楽しめるイベントになってます。
 
参加対象はRX-8だけではなく、どんな車種も参加できますので、これからサーキットを走りたい人にもタイムが伸び悩んでいる人にもうってつけです。
 
まだまだ参加者募集中ですので、詳しくはRTEのホームページをみてください。
 
ちなみに当日はうちもデモカーを走らせます。
朝一にRX-8・TC1000日本一を決める走行枠があるので、TC1000のうちの持っているレコードタイムを更新します!
さらにその日には、今年発動する新企画のため、うちのもう一台のエイトも走らせる予定です。

この週末も多くのご来店ありがとうございました~。
 
なんか今年に入って、駆動系の作業が妙に連続しておりまして、この1週間だけで、5回もミッション載せ下ろしを行ってます。
これからもう1台予定が入ってたり。
 
さらに、ジャブジャブとミッション・デフオイル交換もかなりの台数行っており、つけてるマスクがギアオイルくさくなるくらいです。笑
 
 
その中の作業であった、たまにあるRX-8のクラッチ・レリーズベアリングの破損・交換作業。
イメージ 1
圧着力の高い強化クラッチを装着していたり、クラッチを踏んでる時間が多い場合そうなることがあります。
この部分、なんとなく後期のエイトが破損することが多い気がします。ペダルもよくダメになるし。
 
焼きつくと不動になるので、クラッチを踏んだときにシャリシャリやギュイーンと異音がするときは早めに点検・修理、クラッチ交換の際には、必ず新品交換しましょう。
 
ちなみに、エイトの前期の場合は、異音の初期段階ではクラッチを踏んでないときにキュルキュル音がして、クラッチを踏むと異音が消えるって感じで、いよいよやられるところになるまでは逆な症状がでます。
 

↑このページのトップヘ