ロータリーエンジン一筋!REAL-TECHブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のブログです。 RX-7・RX-8などロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニングをはじめ、ロータリーエンジン研究家としても活動しており、ロータリーエンジンの高効率化を日々探っております。

2014年12月

リアルテックは、本日で仕事納め。
 
朝から夜までご来店が絶えませんでした。
ありがとうございます。
 
 
今年も一年、皆様にご愛顧頂きまして、誠にありがとうございました。
 
デモカーのほうは、走るコースすべてでコースレコードを樹立することが出来ました。
来年も更なるタイムアップを目指しデモカーのアップデートも変わらずやっていきますし、
それ以外にももうちょっと変わった方向の活動も考えております。(もちろんロータリー関連ですが)
 
さらにサーキットアタック派からストリートエンジョイ派なすべてのユーザーの方々のサポートもこれまで以上に充実できればと思います。
 
来年も皆様のご来店をお待ちしております。
1月5日から営業開始いたします。
 
それでは皆様、良いお年を!

だいぶ遅くなりましたが汗、
22日鈴鹿レブスピードRX-8頂上対決に、23日筑波エイトリアンカップに参戦してきました。
22日の鈴鹿の走行が4時に終わって、そのまま下妻まで戻り、朝5時には筑波サーキット入りという、タイトスケジュール。笑
無事にこなしてきましたよ。
 
気になる結果は~、
 
鈴鹿は来月発売のレブスピードでご確認いただいて笑、
 
筑波のほうは(も?笑)、
 
コースレコードを更新しました!

イメージ 2


1分3秒054!!!
 
路面コンディションが良くなかったとはいえ、2秒台には寸止めで入れず、来年に持越しです。
 
 
筑波には今回から295を投入しましたが、アドバンテージや可能性はありますが、まだ使い切れてない感じ。
最初だから仕方ありません。
 
しかし、足回りを中心に295用にセットアップが決まってくれば、2秒台は軽く入れそうです。
265でも路面さえ良ければ、2秒は入ると思いますし。
(最近路面におがくずのない状況で走れてない気がします…。)
 
ちなみに、295をはかせたホイールは、TWS・T66-F CCEオリジナルモデル 10.5j+50、フロント5mmスペーサー、リア10mmスペーサーで、
ノーマルフェンダーツライチ、どこにも当たりません。ただし、リアフェンダーのみツメ折りは必須です。
 
 
鈴鹿は、他のショップさんと同じ条件にしたかったので、グッドイヤーRSスポーツの265で挑みました。
鈴鹿のようなコースには、RSスポーツがオススメです。
しかし、ウチのタイムがモニターに出たときのピットのどよめきはすごかったな。笑
イメージ 1
両イベントとも、参加の皆様、お疲れ様でした~。
連戦にお付き合いいただいた谷川選手、ありがとうございました。
 
最後の走行でいい結果が出せましたので、気持ちよく今年を締めくくることが出来ます。

ただいま鈴鹿サーキット近くのホテルです。
 
明日22日は、レブスピード鈴鹿走行会にて、RX-8デモカー対決です。
8月に行った対決と同じく、レッグさん、オーバードライブさん、アライズさん、リアルテックの4ショップのデモカーでタイムアタック対決。
今回はアタックシーズン真っ最中なので、コースレコード更新なるか!というところです。
目標は2分26秒台かな。
鈴鹿向けに減衰特性を変えてきたので、ハマるといいな~。
8月に続いて、1位を目指します。
 
さらに、明後日23日は朝8時から筑波2000でエイトリアンカップ。
そう連戦です。笑
 
鈴鹿が終わったら、とんぼ返りで戻って、戦いに臨みます。
こちらは295+10.5Jでの初走行。
295に標準リム幅でノーマルフェンダーに収まる超ギリギリサイズ。
これで、2秒台にきっちり乗せて、今年の走行を締めくくりたいと思います。
 
さあ、連戦がんばるぞっ!
一番の強敵は明日夜の睡魔です!笑

ここ1週間はものすごいバタバタでして、やっとブログも更新です。汗
 
サーキットシーズン中の、さらにイベント前ということで、アップデートやセッティング、修理などの作業や、通常メンテ作業も多くこなしております。
通販でのご注文も多く頂き、仕込み・梱包もてんやわんやです。
 
皆様、誠にありがとうございます。
 
 
さらに、忙しさに追い討ちをかけうるかのごとく、22日鈴鹿レブスピードRX-8対決・23日筑波エイトリアンカップの連戦を前に、デモカーのアップデートとテスト走行も行ったり。
 
もう毎日朝7時より作業開始・作業終わりは午前様です。笑
 
で、今日でおおよそ納車も完了して、少し落ち着いてこれを書いてます。
 
 
さて、そのデモカーテスト走行ですが、連戦を前にどうしても確認したかった大物のアップデートを敢行しました。
はまれば更なるタイムアップが見込めるし、もし外しても元に戻せばよい。
 
 
金曜日のファミリー走行を走らせましたが、前日の雨で路面はセミウェット。
特に新路面が最後に走行した1時の枠まで乾きませんでしたが、タイヤはユーズドのグッドイヤーでタイムは3秒4。
コンスタントラップも3秒5あたりなので、路面の割にはタイムが出ました。
 
 
アップデートしたところも、すべてがOKでいい感じ。
新しくしたウィングも、角度・高さ違いでの確認も細かく出来たので、いいテストになりました。
イメージ 1
これで、メンテと調整をして、連戦に望みます。

今日はザクザク預かり作業を進めておりました。
 
車上では一番やりたくない作業である、RX-8フロントプーリー・オイルシール交換。
 
イメージ 1
失敗すると、中のベアリングが落ちて、エンジン分解になるので、慎重に慎重を重ねて作業をします。
 
特に、RX-8はここのオイルシールからよくオイルが漏れます。
詳しくはFINAL SPEC RX-8をご覧ください。笑
 
で、交換するには先端のボルトを緩めないといけませんが、ここの締め付けトルクは30キロ。
なので、回り止め装着しないと、緩みません。
普通はミッションを下ろしてフライホイールストッパーをつけますが、
ウチにはスターターモーターを外してつけるオイルシール交換専用の純正SSTストッパーがありますので、
多少手間が省けます。
イメージ 2
イメージ 3
シール交換作業は、無事に完了。
イメージ 4
イメージ 5
締め付け後は、ちゃんとエンドプレーも測定し、作業前と同じ数値を確認出来れば、作業は成功となります。
イメージ 6
 
今日はそれ以外にもクラッチ交換を2台やったので、もうヘロヘロです。笑

↑このページのトップヘ