ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2014年09月

昨日は、毎年恒例になりました『メディア対抗ロードスター4時間耐久レース』にチームサポートで行ってきました。

イメージ 2


 
サポートチームは、新車情報誌ホリデーオート・チームと、女性ジャーナリストのみなさんのピンクパンサー・チームの2チーム。
 
今年のレースは、ロードスター25周年と同じ25回大会。
 
今回でNCロードスターでのレースは最後です。
 
ちなみに、数えてみたら僕がホリデーオートチームを手伝い始めて、今回で16回目。
歳もとるわけだ。笑
 
さて、レースは2台ともに完走。
ホリデーオートは4位、ピンクパンサーは18位でした。
ホリデーは残り1時間までトップでしたが、色々あって4位。今年はガス欠せずにNC最後のレースを飾りました。
ピンクパンサーは、朝に竹岡圭姐さんがぎっくり腰になると言うアクシデントがありましたが、それ以外はトラブルも無く無事走りきりました。
 
皆さん、お疲れ様でした。
 
 
レース後、ホリデーチームのメーターをふと見ると、5871km。

イメージ 3


10年前に新車で下ろして、年に一回のサーキット走行のみで、ここまで距離を積み重ねました。
車両はまだまだ元気ですが、来年は新型になるので、この車両は今年で最後。
10年間、一緒に戦ってくれてありがとう&お疲れ様!
 
今後は、マツダ社内で社員教育用(練習用?)に使われるそうです。
 
さてさて、その話題の新型ロードスター。
当日は、展示車両がありました。
 
生で近くで見ると、イカツイ顔してるな~が第一印象。
写真でみるより、断然魅力的でした。
イメージ 1
レース前にはそのNDロードスターをスポーツカー主査の山本さんのドライブで4耐レース車両の先導をしました。

イメージ 4


 
こういうところはホント粋な演出するよな~、マツダって。
来てる人の期待を裏切らないもんな~。
凄く良かったですよ。
 
マツダ最高!
 
話題も期待もいっぱいの新型ロードスター、マツダのスポーツカーをたくさんの人に楽しんでもらえるといいですね。
 
その先には、僕らロータリストの期待する未来が開けるかもしれませんからね。
 
ちなみに、山本さんやマツダの方々には、ロードスターの『次の』スポーツカーをしつこくお願いして来ました。笑
 

今日はお昼に筑波サーキットに入って、エイトのデモカーのテスト走行。
 
今日のドライバーは、明日の4耐の準備できていたホリデーオート加藤副編集長。
去年の半ばまで、うちのデモカーに乗ってもらっていたドライバーですね。
 
加藤さんは久々の筑波に少し緊張気味でしたが、走り始めたら数周で勘を取り戻してました。
イメージ 1
インプレも、クルマのセッティングが非常に乗り易く、ニュートラルな特性で安定しているとのこと。
 
ターンインはパキッとレスポンス良く入り、それでいてしっかりリアもついてくる。
さらに、アクセルを開けていけば、リアが粘り、トラクションもドカンと掛かる。
 
バネレートは現状かなりのハイレートなので、潰すの難しいかな~と思いましたが、とてもコントローラブルだそうです。
縁石を乗り上げたときの収束性もよし。
ショックの減衰や足回りの全体セットも高いレベルでまとまったね、コレは。
 
このままのセットでずっと走らせろってことで、減衰はそのまま、エアだけあわせて残り時間をクーリングなしの連続走行しました。
ちなみに、気温は31度。
 
タイムも、同じタイヤで走った前回の谷川さんのタイムのコンマ7秒以内に収まっているので、OKでしょう。
 
デモカーの走行後は、明日のメディア対抗ロードスター4時間耐久レースの車両準備。
クルマの水垢を落として、ステッカー貼りなおして、燃費計や識別灯などをつけて準備完了。
 
今年も、ホリデーオート・チームとピンクパンサー・チームの2台のサポートをします。
 
(ピンクさんチームに識別灯つけてるときに、その様子をフジトモちゃんが撮影しようとしてたので、イカした表情をしたら、『自然にしてください』って怒られた。笑)
 
明日はどんなレースになるでしょうか。
今年こそはガス欠しないで優勝するぞ!
 
会場では、新型ロードスターの展示もありますので、お時間のある方は筑波サーキットへGO!

今日は、なんと山口県からご来店頂きました!
 
作業はリアルチェックとオイル交換等のメンテナンス作業。
昨年もリアルチェックしていただいて、今回は2回目です。
いつも遠方からありがとうございます。
 
お車も異常なく、うちのエンジンオイルRT-01も初めて入れていただきましたので、
明後日のサーキット走行もばっちりですね。
 
オイルのインプレお待ちしておりま~す。
 
 
 
さて、
今日はデモカー用のホイールが届きました。
イメージ 1
今までと同じTWS T66-F。
イメージ 2
1本7.5キロなので、超軽いです。
 
今回は色をシルバーにしました。
色を変えれば、今まで使っているガンメタと混ざる心配もありませんよね~。笑
 
 
 
 
そして~、
明日は昼からRX-8デモカーのテスト走行と、明後日のメディア対抗ロードスター4時間耐久レースの前日車両準備のため筑波サーキットに行きます。
 
デモカーのテストは、いつもの谷川選手ではなく、今回はホリデーオート加藤副編集長が乗ります。
 
4耐レース前の肩慣らしをしつつ、今までプロで速さ・効率・タイム追求でセッティングとってきたものを、アマチュアが乗ると感じるか・マッチするかの確認です。
 
この確認が出来れば、今後のユーザータイムアタッカーの足回りのセッティングに大いに幅が広がります。
 
 
 
さらに~、
開発中のリアルテック冷却塗料をオイルパン・オイルクーラー・ラジエータの一部・エアクリーナーケースとダクトに塗りました。
イメージ 3
イメージ 4
これで、水温・油温・吸気温・吸入空気量がどのくらい冷えるか・増えるかも確認します。
 
 
と言うことで、明日午後・明後日はお店のほうはお休みいたします。

中古車FDに昨日・今日でスピリットショックの取り付けとアライメント調整。
 
今回のスピリットショックは、リアルテックバージョンではなく、スピリットのストリートユースバージョンのSpec-Nです。
イメージ 2
イメージ 3
このSpec-Nは、ストリートメインで、たまにサーキットなどを楽しむ人向けに設定されています。
 
オーダー時にはバネレートは選べますが、減衰やショック寸法は決まり物になります。
アッパーマウントはラバータイプ。
その分、価格は安く、199,000円(税別)になります。
 
価格は安くても、クォリティは通常バージョンやリアルテックバージョンとまったく同じなので、
評判の良いスピリットの性能も高いままですので、安心してお使いいただけます。
 
リーズナブルで良い車高調が欲しい人にはピッタリですね。
RX-7だけでなくRX-8も設定があります。
 
 
さて、お客様の作業の合間にデモカーの作業です。
イメージ 1
先週鈴鹿サーキットを走った後の通常点検です。
エンジンコンプレッション測定やアライメントの測定、ショックストローク確認、他も各部点検しました。
そして、今週金曜日に筑波サーキットを1本走らせるので、セッティングを筑波仕様に戻しました。
 
これで、アタックシーズン前は最後の走行です。
その後は、エンジンなど各部仕様変更を行います。

今日は、愛知県よりご来店頂きました。
 
RX-8スピリットRにお乗りのこのオーナーさん、ご来店は今回で2回目。

イメージ 1


いつも遠いところありがとうございます。
 
作業は、アライメント調整と、エコプログラムの仕上げオイル交換です。
 
アライメントは、サーキット向けにセッティングさせていただきました。
スピリットRなので車両も新しく、車高調も問題なく装着されていたので脱着・ゼロ点調整無しでいけて、サクサク作業も進みました。
 
これで、タイムアップするといいですね!
 
RT-01やRT-plusも、お持ち帰りでいっぱいご購入いただきありがとうございました~。
 
アライメント調整後のサーキットインプレお待ちしてま~す。
 

↑このページのトップヘ