ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2014年09月

この週末はニューテック・エコプログラムがフィーバー。
 
新たに施工したり、走行後の仕上げのオイル交換&トリートメント添加剤注入したりでした。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


 
『エコ』とネーミングされてますが、各部のスラッジやカーボンを落として、さらに燃焼室内の傷も埋めてコンプレッションを回復させますので、パワーが上がります(甦ります)。
 
 
さらに、エコプログラムに含まれるNC-121で燃焼室のカーボン落としを施工中の白煙の多さで、今まで溜まってたカーボンの量が分かります。
 
NC-121は注入後10分ほど浸け置き洗浄後に再始動したときに、RX-8の場合、カーボンが溜まってるエンジンは白煙がものすごく出ます。
逆にカーボンが少ないエンジンは、少ししか出ません。
 
白煙出るときは焦るぐらい出ます。笑
なので白煙が多いときは、それまでのエンジンの燃焼状況がよくないということですね。
そのような車両は往々にして点火系や燃料系にに何かしらの不具合があったりします。
 
エコプログラムに含まれている『NC-121カーボンメルティングバーン』は、単品設定もありますのでそれだけの施工も可能です。
 
ロータリーにも安心して施工できますので、是非どうぞ!

今月に入り、涼しくなってきたせいか(?)、リアルテックオリジナルのRTオイルシリーズが各グレード共に好評で、毎日多くのご注文を頂いております。
皆様、ありがとうございます。
在庫数の計算があわなくなってしまい、多少焦ってます。笑
 
 
そこで、通販やお持ち帰りの方も多いので、改めてRTシリーズの使用上の注意点を。
 
オイル注入時は、必ず缶を良く振ってから注入してください。
 
と言うのも、中に配合されているRTオイル独自の旨み成分が下に沈殿してます。
 
なので、よく振ってミキシングしてもらうと、その成分が満遍なく混ざります。
 
この旨み成分が、重要です。
パワーにもコンプレッション回復にも効く部分です。
 
必ず某イケメン・バーテンダーのように良く振って入れてください。笑
 
 
ちなみに、うちのオイルだけでなく、NUTECオイルはすべて良く振ってから入れるといいことがあります。
 
先日、NUTECエンジンオイル全商品にオイル性能の即効性を高めた新添加剤が配合になったので、特に良く振ってください。
 
周りにNUTECオイルを使ってる人がいましたら、是非教えてあげてくださいね~。
 
 
 

先日のデモカー走行時に試していたリアルテックオリジナルの冷却塗料。
イメージ 3
かなり効果がありました。 
 
7月30日に走ったときと9月5日に走ったときの気温は、両日とも31~32度。
 
結果は、
7月30日 水温106度 油温115度 吸入空気量238g/s
9月5日  水温102度 油温108度 吸入空気量248.7g/s
イメージ 1
イメージ 2
コレは効果デカイでしょう!
ちなみに、走行は筑波2000をすべてクーリングなしで20分走行。
 
ラジエータは、車上でコンデンサーの隙間から見える部分だけの、面積で言うとオモテ面1/4ぐらいの塗布なので、効果薄いかと思いきや、4度ダウン。
全面塗ったらどこまで下がるんだろう。笑
 
油温の方は、オイルパン・オイルクーラーに塗布して、7度ダウン!
コレも車上でハケ塗りで行ったため、オイルクーラーのチューブの部分にはちゃんと塗れてません。
 
さらに、一番効果が大きかったのは、吸気です。
エアグルーヴのボックス内部に塗っただけ。
それだけで、なんと10gも上がりました。
 
毎秒あたり10g上げるのってとんでもなく大変なのに、こんな簡単に上がってしまうなんて…。
コレもダクト外側にも塗るとさらに効果ありです。
 
実は、今回はすべて1コートしか塗ってませんが、3コートぐらい塗ると効果が一番あります。
なので、まだまだ下げることは可能です。
 
これは、新兵器になるぞ!

今日は、元リアルテックRX-8デモカーの車検。
イメージ 7
2010年から2011年初頭に掛けて225タイヤでタイムアタックをしていたこのRX-8。
 
色もストーミーブルーで、今のストラトブルーに似ている色だったこともあり、車両が変わったことに気付かない方も多くいらっしゃいます。笑
 
そろそろ20年来になろう学生からの友人が今は乗っております。
 
デモカーといってもスーパーライト仕様なので、車検も問題なく無事に通りました。
あとは油脂類と点火廻りの交換をして作業完了。
 
たまにはサーキットを走ってあげてね。
 
新商品紹介です。
 
うちのオリジナルではありませんが、今まで無かったパーツ(ツール)。
イメージ 1
商品名は『UV protection tool for Plastics and Rubber』 
長いので要約すると、UVカット保管袋です。笑
 
99%カットなので、被せておけば、紫外線によるタイヤの劣化やプラスチックや布製品の日焼け劣化を防ぎます。
詳しい説明は下記の画像参照してください。
イメージ 2
イメージ 3
サイズは1300mm×1400mmあり、超でかいです。
広げるとこんな感じ。
イメージ 6
さらに袋の上に265タイヤを乗せるとこんな感じ。
イメージ 4
 
大きい分はハサミで切ってちょうどよくしてもらって使ってもらえばよいと思います。
さらに厚手なので、破れづらいです。
 
もちろん、この袋に入れたまま外に置いておいても、室内に裸で保管するよりも劣化しません。
普通のタイヤ袋は長期で使うとパリパリに破けますよね。
そういうのがありません。
 
普段履いていないサーキット用タイヤの保管用とか、
スタッドレス保管用とか、
フルバケにして外した純正シートの保管用とか、
外した内装パーツの劣化防止とか、
色々使い道はあると思います。
 
タイヤを縦積みしている場合は、上から1枚でかぶせると、265ぐらいまでならスッポリしたまでかぶります。
イメージ 5
一番いいのは上下2枚でタイヤを入れて、フチを養生テープでぐるっと巻いてもらえば、酸化も最小限ですね。
 
価格は、1枚800円(税別)、4枚セットで2,800円(税別)です。
 
通販も出来ますので、ご希望の方はリアルテックまでお問い合わせください。

今日は、リアルテックでエンジンOHを行ったRX-7・FD3S・6型のエンジン慣らし終了後点検。
 
オイルとプラグ交換して、コンプレッション測定、オイル漏れやクーラント漏れが無いか各部点検にボルトナット類の増し締め。
仕上げにRT-plus。
エンジンオイルとタイヤ添加剤を注入。
イメージ 1


 
最後に走行チェックして、ノックの有無とブースト圧の確認もしました。
 
すべて完璧!バッチリOKです。
コンプレッションも全室に揃ってるし、パワー感もいい感じ。
ブーストも綺麗に立ち上がって安定しています。
 
下回りもすっごい綺麗で、オーナーのFDに対する愛情が表れてますね。
イメージ 2


すばらしい。
 
走ってるより磨いてる方が多いんじゃないかって言ってました。笑
 
これからもずっとFDを愛していって欲しいです~。
 

↑このページのトップヘ