ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2014年08月

今日も早朝から作業を開始。
 
作業に、デスクワーク、洗車に納車。
 
そして、レストア中の中古車FDのエンジンルームをすべて仕上げ。
 
が!
もともと付いてたエアクリーナーを一旦全部分解して洗浄してつけようと思ったら、外したスポンジがガビガビで、触るとぼろぼろと崩れてしまいます…。
ブローバイオイルが多く染みてたせいかな~。
 
とりあえず、エアクリはゴミ箱にポイして、各部点検のためエンジンを始動。
水やオイル、排気漏れのチェック、さらにセンサー類ももチェックして、新品にしたスロポジも電圧を調整。
 
すべてOKです。
よかったよかった。
 
 
さて、明日11日から16日までお盆休みを頂きます。
17日からは通常営業いたします。

エイト祭後は、なぜかFDの作業ばかりです。
 
FDの中古車も製作中だったり、オイルお持ち帰りの方もFDの方。
 
メールや電話でのお問い合わせもFDの方のほうが多いです。
 
エイトの皆様からのお問い合わせもお待ちしておりますよ。笑
 
 
さて、水漏れで入庫中のFD。
 
タービンのウォーターホースが膨らんで割れて、水漏れ。
イメージ 1
原因は、ラジエータキャップ。
ラジエータキャップテスターで開弁圧を測定すると1.5kg以上でも開きません…。
 
この暑い気温で水温も他の季節より高くなりますので、水温上昇とともに圧力が上がっても、規定圧でバルブが開かず、冷却経路の圧がどんどん上がってしまい、最終的にそのホースが切れたようです。
 
ホース交換後は、クーラントを入れて、他にも影響がないかラジエータキャップテスターでエンジンに直接圧をかけましたが、圧漏れなし。
被害は最小限ですみました。
 
ラジエータキャップは定期的に点検・交換しましょうね。

昨日は朝から富士スピードウェイショートコースで次号レブスピードのRX-8特集の取材でした。
 
朝10時集合と言われていたのですが、渋滞回避のため早めに出たら到着7時半。
 
一番乗りでした。
 
待ってる間に荷物降ろして、車をきれいに拭き上げてたら皆さん続々到着。
 
 
今回はサーキットインプレと言うことで、レブスピード的にはタイム計測は無し。
 
タイヤもユーズドのままです。
と言うか、手持ちがテストで使い込んだユーズドしかないのですがね…。苦笑
 
ポンダーを付けないと言っても、ウチ的にはタイムをいつものようにストップウォッチとドリフトボックスで計測。
 
ドライバーは、菊池靖選手です。
 
せっかく一枠全部走れるので、走行枠25分の中で3回ピットインして減衰とタイヤ圧のセット変更をして、インプレしてもらいました。
タイムは、34秒6ぐらい。
最後までタイムは変わらなかったので、途中のセッティング変更で状況に合わせ込めて、フィーリングも良くなってたかな。
 
イメージ 2
 
いっしょに走っていたFSWSCノーマルエンジン最速のエイトユーザーさんも、ベストタイムのコンマ4秒落ちでずっと走れてたようなので、走行したタイミングが気温31度・路面温度45度オーバーでこの日一番暑かったとはいえ、ウチのレコードタイムの33秒3よりも1秒3も遅かったのは、まあタイヤが終わってたんでしょうね。汗
 
まあ、さすがにこのタイミングで新品出せないんで、良しです。
タイムは、アタックシーズンにガッツリ出します!笑
 
走行が終わった後は、各部撮影してもらって、各ショップさんとも情報交換させてもらったりしました。
イメージ 1
インプレ自体は次号レブスピードで読んで確認してくださいね~。
 
 

イベントが終わったので昨日今日は、集中的に現在製作中のFD中古車の作業。
 
一旦エンジンを下ろして、補機周りをすべてクリーニングして、ゴム類・ガスケット・センサーをすべて一新。
そして、エンジンルームをクリーニングしてそのエンジンの載せて、お次は駆動系。
 
さすがにデフマウントが切れていて、中からオイルがでていて、さらにドライブシャフト側のオイルシールよりオイル漏れ。
イメージ 1
なので、デフも一旦下ろして交換作業…、
だけと思いきや、いつものように確認でコンパニオンフランジ(ドライブシャフトがつながるフランジ)を回したら、バックラッシュが無い…。汗
ということは、ドライブピニオンギアとLSDについているリングギアのオイルクリアランスが無いって事。
このままだと焼き付いちゃう可能性があるので、急遽デフの蓋を開けて、バックラッシュ調整です。
 
開けてみると(と言っても外見でわかってはいましたが笑)、機械式LSDがついているので、その取付時になにも調整せずにつけた感じです…。
(オイルシールのオイル漏れも、この時シールにドラシャ引っ掛けたんだろうな・・・。)
 
付いていた調整用のシムを外してみると、プリロードもキツイ…。
 
なので、適正のシムに差し替えて、ダイヤルゲージで確認。クリアランスもプリロードもOK!
イメージ 2
ちなみに、リアルテックでは、調整用のシムは全種類計50枚以上在庫してます。
専門店じゃなきゃ在庫してませんからね。
 
 
こういうのを『このままでもまあいっか』で済ませられない性格なので、ちょっと寄り道な感じでそれなりに時間が掛かりますが、仕上がり良ければすべてよし、です。
 
 
 
そして、明日は富士スピードウェイショートコースで次号レブスピードの取材です。
次号はRX-8特集と言うことで、多くのショップデモカーが集結するようです。
 
前回の取材のときは日焼けしすぎて数日ヒリヒリしてたので、明日は気をつけよっと。笑

昨日はエイト祭でした。
 
リアルテックも参加させていただきました。
 
いや~、一日本当に暑かった!
あとで聞いたら、38度を超えてたとか。
 
毎年参加してますが、今年はいつになく盛り上がっていたような気がします。
RX-8オーナーはみんな熱いね!
 
リアルテックブースには多くの方に立ち寄っていただきました。
イメージ 3
RT-plusが大人気で、朝一から買って入れる人・1本走ってタイムがイマイチで気合を入れるため1本投入する人・ストックにしておく人、色々いらっしゃいました。
 
 
走行したあとは皆さん結果報告に来てくださったり、次の枠セッティングをどうしたらよいかなどの質問を受けたり、デモカーのことを聞かれたりで、ブースは常に賑わってました。
 
さらに、当日初めて走ったと言う方々も、走行後に目をキラキラさせて、サーキット楽しかった~タイムも結構出せた~って、報告に来てくださったりで、うれしい限りでした!
 
ご購入&お立ち寄りいただいた皆さん、ありがとうございました。
 
 
そして、サーキット常連のリアルテック・ユーザーさんたちもがんばりました。
 
RX-8レース・RX-8LOVEクラスのレースは、どちらも優勝!(LOVEクラスのFD3Sは2年連続!)
 
タイムアタッククラスも大半のクラスで優勝でした。
それ以外にも、入賞した方も多くいらっしゃって良かったです。
 
みなさん、おめでとうございます!
 
特にRX-8レースは、ノーマルエンジンながら終始サイドポート勢にはさまれて、大接戦のバトルを制しての優勝。
見ごたえ十分でかなり面白かった!
イメージ 2
 
最高気温38度オーバーの中での走行でしたらから、人だけでなく、車も過酷な状況でしたので、走行後のメンテもみなさんお忘れなく~。
 
当日参加の皆様、エイトリアンさんや運営の皆様、出展各社の皆様、暑い中お疲れ様でした!
 
 
 
 
そして~、エイト祭が終わった今日は、先日のTC3000テスト走行後の各部点検と測定しました。
気温も36度と高く、水温がかなり高いところまでいったのですが、コンプレッションもまったく問題なし!
イメージ 1
リアショックも一旦外して、実ストローク量も確認しました。
 
さらに、6日水曜日に富士スピードウェイショートコースでレブスピードの取材があるので、ホイールもリアルテック・オススメの9.5J+40に戻しました。
 
あとは、洗車を残すのみ。
 
 
 

↑このページのトップヘ