ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2014年07月

昨日、プラグ交換でご来店のRX-8、こちらへ来るときにいきなりギアが入らない。
 
何とか自走してきましたが、急遽点検。
 
ペダルがスカスカ。
踏み切ってシフトしてみると、ギア鳴りしながら何とか入る感じ。
こりゃ、クラッチ切りきれてないね~。
 
もしやと思ってみてみたら、クラッチペダルがブロー。
イメージ 1
 
イメージ 2
画像のようにクラッチマスターに止める部分のスポット溶接の周りが破けてます。
 
破れちゃうと、ペダルを踏んでもクラッチマスターシリンダーを押せないので、
クラッチが切れないわけです。
 
コレ、年に数台あるんですよね。
確かに、板厚もペラペラなんで、距離が進んだり、重たい強化クラッチを使ってるとしょうがない気もしますが、
トラブるのが、なぜか新しめの年式に多い。
 
ちょうど前期の終わりから後期最後まで。
 
そのエイトは、そのままじゃ帰れないので急遽お預かりして、ペダルを注文。
パーツセンターに在庫があったのが今日届いて、すぐに交換して夕方に納車完了。
 
クラッチペダルがいつもよりやけにスカスカ遊びが多いときは注意してくださ~い。
 
 
最近ウチに来るときにとどめが刺さる車が多いな~。苦笑
でも、旅行行った時などで止まってしまうよりは、ある意味ラッキーですよね。
 
 
 

暑くなってから、ドドドッとオーダーが多くなっているクーラント交換。
 
ウチでは、ニューテックZZ-91R、高寿命純正FL22、標準タイプの3種類のクーラントをご用意しておりますが、
オーダーは圧倒的にZZ-91Rが多いですね。
 
今日も、交換しました。
今回は、ZZ-91RからZZ-91Rです。
ありがとうございます。
イメージ 1
 
 
ストリートユースでは、2年交換でOK。
このZZ-91R、よく冷えるようになるだけでなく、いろんな性能があるんですね。
 
まず、防錆&コーティング効果。
これは圧倒的です。
水と違って、このクーラント自体、かなり浸透性がよく、鋳物特有のでこぼこした部分にも細かく入り込んでいきます。
コレが授熱面積を増やして、冷却性能を上げる要素にもなるのですが、それだけでなく、特殊な成分により、金属表面をコーティングします。
それにより錆の発生を防ぎます。
FDなどによくある、錆によるサイドハウジングのウォータージャケットの欠け・水喰いの対策になります。
 
あと、ウォーターラインの洗浄効果。
クーラント自体が汚れを取り込んでいきますので、循環しているだけでウォータージャケットやラジエータ内が洗浄されていきます。
コレも、上記の水喰い対策につながります。
不純物がなくなればそれだけ腐食するものが減りますからね。
 
さらにキャビテーションが起きづらく、抵抗も少ないのでウォーターポンプのフリクションロスも低減します。
要はパワーロスが少ないってこと。
 
そうそう、ずっと使ってると、防錆効果が落ちるんですか?ってよく聞かれますが、そこはほぼ落ちません。
冷却性能が若干落ちていきますので、2年ぐらいで交換してもらうと、冷却性能を良いところで維持したまま使うことが出来ます。
 
なので、冷やしたい人だけでなく、錆や汚れを防止したいって人にもうってつけ。
 
実際に抜いたZZ-91Rも、汚れを取り込んでちょっと黒ずんでるだけで元々の青色は変わりません。
 
サーキットユースだけでなく、特にFCやFDで今使ってるエンジンを長くもたせたい方には、超オススメです。

今日は一日点検三昧。
トラブルシューティングに、リアルチェック。
 
 
オイル交換でご来店途中に、ウチの目の前で運よく(??)エンジン不調になってしまって、急遽トラブルシューティングに。
 
チェックランプは出ず、マフラーからは黒煙がモクモク。
アイドリングもハンチング、アクセルを吹かすとエンスト。
 
ここまでの症状でだいたいどこが悪いか察しは付きますが、ちゃんと診断機を繋いで、信号出力をモニタリングしました。
 
見てみると、
空燃比はリッチ側にほぼMAX、
学習値はまあ普通、
補正値はマイナス方向に最大、
フロントO2の電流値は動かない、
リアO2は反応してる、
吸入空気量(エアフロ電圧)は普通よりちょっと欠けるくらい。
 
 
予想の通り、フロントO2センサーが一番臭いよね~。
 
こうなったら、O2センサーを変えて、ちゃんと改善されるかを点検するのですが、
たまたま新品のO2センサーの在庫が無かったので、中古を探したら、3本出てきました。
しかし、3本とも中古のエンジンに付いてたとかで、未チェック品。
イメージ 1
どれが良いかは実際に付けてみないと分からないので、
一番見た目がよさそうなセンサーに交換。
 
 
症状変わらず…。
 
 
 
2番目によさそうなものに交換。
 
 
 
またも変わらず……。う~ん。
 
 
 
フロントO2センサー不良じゃないのかな~、なんて自分の診断に疑問を持ってきましたが、
望みの最後の1本に交換。
 
 
 
ばっちり症状改善!
アイドル安定・アクセレーションOK。
ロガーデータも正常になりました。
 
コレで、今日のところは普通にお帰りになれました。
次回ご来店時に新品交換です。
良かった良かった。
 
 
しかし、こういったときはなぜか最後まで当たりが来ない…。
まあ、中古のO2の検品が出来たと思えば良いか。笑

今日は、大量にご注文を頂いたオイルを缶詰め。

イメージ 1


 
画像はその一部です。
すべてオイルの重さを計量しながら、缶に入れていきます。
 
コレが結構時間が掛かります。
 
入れ終わった缶は、脱脂してラベル貼り。
 
コレもお手製で簡易的ですが、デザインから製作までお願いするとコストがかかり、オイルの定価に響きますので、
見た目よりも中のオイルの性能で勝負してます。笑
 
今日はこれらすべてを箱詰めまで完了させました。
 
到着までもうしばらくお待ちくださいね。

整理したらいろいろ出てきたんで、在庫クリアランスセールをします。
 
 
RX-8用
・オーデュラ マツダスピードバンパー用 カナード カーボン ×1 新品
・オーデュラ 牽引フック移動ステー ×1 新品
・オーデュラ トーコンキャンセルブッシュ ×1 新品  売約
・オーデュラ ウレタンデフマウント ×1 新品
・オーデュラ メンバーカラー 前後 ×1 新品
・オーデュラ クーリングコンデンサー ×1 新品  売約
・オートエクゼ スポーツプラグコード ×1 新品
・ナイトスポーツ SE600SSマフラー 後期用 ×1 中古 走行少なめ  売約
 
RX-7 FD3S用
・ナイトスポーツ レーシングクラッチライン ×1 新品
・ナイトスポーツ フロントアースポイント サポートケーブル ×1 新品
・RE雨宮 リジカラ リア ×1 新品
 
どれも、今回だけの特別プライスにします。
お持ち帰りでも発送でもOK。
リアルテックで取り付けの場合は、商品代をさらに特価にします。
 
価格等は、メールやお電話でお問い合わせください。
 
 
 

↑このページのトップヘ