ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2014年06月

毎日雨模様で、湿気が高くジメジメ。
作業をしていても全身ベタベタで、たまりません!
 
そんな中、今日はFDにリアルテック・スピリットショックの取り付け。
今回は、レーシングスペックでございます。
イメージ 1
減衰のセッティングや寸法などは、リアルテックスペシャルになってます。
スプリングは前後16キロ。
FDの場合は、ノーマルから車高調の取り付けよりも、車高調が古くなったり物足りなくなったりして、新しい車高調に交換って言うのが多いですね。
 
その際に、ウチの車高調を選んでいただけてありがたいですね。
イメージ 2
イメージ 3
取付け後、走行チェックしましたが、ノーズの入りが格段によくなりました。
スパスパとかなり軽快に動きます。
 
これでサーキットで更なるタイムアップが期待できますね。

今日は、リアルテックRX-8の次のエンジン製作のため、ベースにするレネシスエンジンのバラシ。
 
まとめてばらした方が楽なので、今ある中古エンジン2機まとめて分解しました。
イメージ 1
イメージ 2
ひとつは、在庫してあるド初期型のノーマルエンジン。
 
もう一機は去年デモカーから降ろしたノーマルエンジン。
ウチにきたときから乗っていたエンジンで、去年ポート加工エンジンに載せかえるまでそのまま使っていたマツダ純正リビルドエンジン。
見本誌やカタログの棚の横においてあったエンジンです。
作業を待ってる時に触った人も多いはず。笑
 
どちらも壊れてないので、磨耗量や劣化の程度を見ていきながらばらしますが、
初期型エンジンは、距離も乗ってない様で、思いのほか程度がよく、ラッキーな感じ。
 
さらにデモカー降ろしエンジンの方は、サーキットでギュンギュンに回しレブリミットにもガンガンに当ててたのに、今まで見たこと無いほどの程度の良さ。
バラシながら笑いが止まらないほどでした。笑
 
エンジンオイルやコンピュータセッティングやガソリンで、ここまできれいに使用できるんですよね。
 
詳しくは後日記したいと思います。
 
ニューテックオイル最高!!

今日も皆様ご来店ありがとうございました。
あいにくの雨でしたが、点検・修理やオイル交換などメンテナンスメニューな一日でした。
 
先日のTC1000のテスト走行の結果から、仕様変更のためスピリットさんに送っていたデモカー用のスペアダンパーが今日戻ってきました。
イメージ 1
ダンパーの発送から到着まで5日ほどで仕様変更していただきました。
スピリットさんは仕事が早い!!!
いつもありがとうございます。
 
仕様変更といっても減衰の特性はそのままで、上の領域を作ってもらってセッティングの幅を広げてみました。
 
次の走行で試します。
 

大きな作業がひと段落し、来店作業が落ち着いた昨日と今日はちょっとお片づけ。
 
オイル置き場周りを整理整頓。
 
すっきりした!
 
 
そして今月はRX-8デモカー用の次なるスペックのサイドポートエンジン製作を開始するので、
贈答品として貰った(笑)の中古レネシスエンジンの補機類を分解。
イメージ 1
程度によってはデモカーのエンジンベースします。
 
初期LA型エンジンですが、補機を分解して中を覗く限りは、かなり程度がよさそう。
インマニやサージタンクもカーボンの付着も少なく、熱でやられているところもほとんどありません。
 
この調子で中も程度が良いといいな~。

昨日はレブスピードの取材で筑波サーキットまで行ってきました。
 
走りは無しで置き撮りと、

イメージ 1


 
レブバトルからアップデートしたところの説明をしてきました。
 
詳しくは、今月26日発売レブスピードにて!
 
 

↑このページのトップヘ