ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2014年05月

ほかの作業でばたばたしておりましたが、先日載せたFDのエンジンが始動しました。
イメージ 1
で、本日はアイドル慣らしです。
 
水温や吸気温に気を遣いつつ、朝から夕方までかけっぱなし。
 
時間とともに負圧もグングン上がって、コンプレッションも高いところで、900kpaぐらい出てきました。
走行慣らし前なのに、いい感じです。
 
アイドル慣らし後は、各部漏れなど無いかすべて確認。
きっちり仕上げましたので、漏れなどはもちろんまったくありません。
 
エンジン廻り、ス~パ~ドッラ~イ!笑
 
 
明日、エンジン以外の残り作業を進めて完成です。

昨日は筑波で行われたオールドナウ・カーフェスティバルに、ロードスター・パーティレースの検査員として行ってきました。
 
なんの検査員かって言うと、レース後の入賞者の再車検時のコンピュータの検査員です。
 
パーティレースはコンピュータチューニングが禁じられていますので、ノーマル状態かどうかチェックします。
 
パーティレースはクリーンなレースで有名ですので、もちろん違反車両も無く、任務完了しました。
 
イベント自体は多くの入場があり、大盛り上がり!
 
パーティレースは持ち場の車検場から上ったところで見てましたが、とくにシリーズクラスは各所で熱いバトルが演じられて、超面白かった!
 
それ以外にも、フェラーリレースや、新旧ポルシェなどのデモラン、さらにコスモスポーツのサーキットランなど、普段でもサーキット見かけない車で全開走行は見てるほうも楽しいですね。
 
見に来ていたうちのユーザーさんも、大興奮で一日楽しんでたみたいです。
 
あ~、コスモスポーツ欲しくなってきたな~。笑
 

今日は朝からエンジンを載せてました。

載せる前にエンジンルーム内の汚れを拭き取り。
白だけに汚れが目立ちますからね。
ピカピカにしましたよ。
イメージ 2


エンジンを載せたあとは、エキゾーストなど下廻りのパーツやオイルやクーラント、フューエル等のホース類を繋いだところで今日の作業ストップ。

明日の準備です。

明日は筑波サーキットでオールドナウ・カー・フェスティバルが開催されます。
そこで行われるロードスターパーティレース開幕戦の検査員の仕事です。
イメージ 1


現場で不備が無いように、検査に必要な機器と書類をビシッとまとめて明日に臨みます。

ということで、明日は店の営業はお休み致します。

今日も遠方からRX-8でご来店頂きました!

イメージ 1


ありがとうございます。

作業はリアライズ・マスターのインストール。
もちろん、現車セッティングです。

最近は遠方から来ていただいてリアライズ・マスターが流行りですね。
リアライズ装着率、ガンガン増えております。

さて、セッティングは車の吸排気の仕様や車両状態によって、ベースデータより詰めていきます。

イメージ 2


今回はちょっと特徴的なマフラーが付いていて、パイプ構成からの推測通り、いつもと違うある回転ポイントで効率が変わり、燃料がリーン状態でしたので、そこをセッティングでパワーベスト状態に詰めてみました。
他の回転は思いの外ピッタリで、何度も確認して安定しているので、そのままでオッケー!

完成後は、走ってみて・ロガーデータみての考察をお伝えして、NAロータリーでパワーを出すための考え方なんかをご説明しました。

せっかく遠くからきていただきましたからね。

再来週の走行会での走行結果が楽しみです♪

今日はGW中の平日ですが、筑波サーキットではライセンス走行がありましたので、いろいろとご来店いただきました。
ありがとうございます~。
 
さて、ここ数日はご来店作業も続いてましたが、出来上がったFDのエンジンの補機を洗浄・取り付けました。
 
と書くと簡単ですが、距離や使い方の割りにインテーク内のカーボン汚れがひどく、洗浄に一苦労でした。
ニューテックのNC-900カーボンクリーナーを吹きかけて、カーボンがやわらかくなったら、ブラシでゴシゴシガシガシ。
 
ちなみに、エンジンパーツの分解洗浄時のカーボン落としには、NC-900が有効なんですよ。
 
きれいになったし、OKです。
 
そのほか、ホース類やガスケット類だけでなく、劣化が進んでいたエンジン・ハーネスやセンサー、点火コイル、メータリングオイルポンプなども徹底的に交換しました。
タービンも新品だしね。
イメージ 2
ほぼ新車になる勢いです。笑
イメージ 1

↑このページのトップヘ