ロータリーエンジン一筋!REAL-TECHブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のブログです。 RX-7・RX-8などロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニングをはじめ、ロータリーエンジン研究家としても活動しており、ロータリーエンジンの高効率化を日々探っております。

2014年05月

店頭ではだいぶ前から販売しておりました、リアルテック・オリジナルミッションオイルを正式発売します。
 
名称は、『RT-34』です。
イメージ 1
何で34にしたかと言うと、34ョン(ミッション)ということです。笑
 
粘度は75w100です。
価格は4,800円/1L(税抜き)
 
ニューテックオイルをベースにした、リアルテックスペシャルブレンドです。
実際に、ウチで混ぜてます。笑
 
このミッションオイルは、シンクロの切れを良くしてシフトスピードを速めるようにしてあります。
スッパスパ、吸い込まれるようにシフトが入りますよ。
 
耐熱性もかなり高いので、連続走行での熱ダレも抑制します。
なので、サーキットを一日中走っても、キレッキレのシフトフィーリングは最後までそのままです。
 
かなりフリクションも減らしてありますが、高い耐久性も持たせあり、さらにギア鳴りに強い配合にもしてます。
 
ちなみに、今リアルテックRX-8デモカーで使用していますが、去年12月のレブスーパーバトル前に交換してから、
 
筑波2000スーパーバトル 走行1時間
筑波2000エイトリアンカップ前テスト走行1時間半、
12月筑波2000エイトリアンカップ 約50分、
1月筑波2000エイトリアンカップ 1時間
3月毒蝮走行会富士ショート 30分
3月筑波1000 1時間20分
5月筑波1000 3時間40分
 
計9時間50分全開走行で使ってますが、ドライバーにシフトフィール聞いても、入りが悪くなったりギア鳴りしたりなどのフィーリングの悪化はまったくはありません。
 
デモカーなので、ちょっと極端な使い方してますが、ここまで持つギアオイルはあんまり無いでしょう。
ドライバーのシフト操作にも耐久性は左右されますので、ここまで使うのはお勧めしませんが。笑
 
まずはサーキット走行5~6時間使用して、交換。
そのときの劣化具合で次の交換サイクルを決めるという使い方がおすすめです。
 
冷間時からのシフトの入りを考慮してありますので、ストリートエンジョイ派にもおすすめです。
ストリートでは、1年交換がおすすめです。
 
 
シフトフィーリングが良いと、運転が楽しくなりますよね。
 
気持ちよいシフトフィールが欲しい方は、サーキット・ストリート問わず、RT-34をぜひどうぞ!
 

今日は朝から一日TC1000でデモカーのテスト走行でした。
イメージ 1
3月までのアタックシーズンではTC2000やTC1000、富士ショートコースのコースレコードを更新してきましたが、タイムが徐々に上がっていくにつれて、新たな課題も出てきてました。
 
今はシーズンオフですし、いったん今までのセッティングをわざと崩したりして、足回りを中心にあれこれ変えて、更なるタイムアップに向けて一からテストしました。
 
そこが決まれば、かなりタイムアップが期待できますからね。
 
 
今日はファミリーライセンス走行枠でしたので、走行時間はたっぷり、9時から16時まで。
最後まで使ってテスト項目をこなしていきました。
 
ドライバーは、いつもお願いしている谷川達也選手です。
 
今日の総走行時間は、2時間40分、走行枠8本です。
さらに、走ってるときはすべてクーリング無しです。笑
 
気温も30度ぐらいまで上がって、めちゃくちゃ暑かったですが、まったくどこも壊れず完走です。
 
エイト自体も丈夫ですばらしいですが、ブレーキパッドの効きやミッションの入り、デフの効き具合も走行はじめから終わりまでフィーリングがまったく変わらずなのはすごいところ。
 
気温の上がった昼ごろはパワーが下がってきましたが、気温の下がってきた3時ごろにはまたパワーも戻ってきましたしね。
 
改めて制動屋さんやニューテックさんの作る製品のパフォーマンスの高さを感じます。
 
 
さて、テストですがかなりの項目・セッティングの組み合わせを試せて、今まで課題になってきたところはほとんど解消され、バランス・フィーリングもかなり良くなり、最終的にまとまりました。
良かった良かった。
 
なんせ、ベストタイムの40秒6が出たのが、最後の枠。
一番タイムの出る朝一の枠よりもコンマ2秒アップです。
 
タイヤも1セットだけなので、一日中使った状態で出ましたからね。
タイヤ添加剤を入れてありますので、グリップの復帰特性が良いというのもありますが。笑
 
イメージ 2
 
次はTC2000に持っていって、最終コーナーなどの高速コーナーでもセッティングの方向性の確認と、さらにセッティングを進めて、全体レベルの底上げをします。

今日もご来店作業が終わったあとは、デモカーの走行準備です。
 
 
今日はアライメントを確認しました。
いつも走行前と走行後に測ってますので、走行前のルーティン作業です。
もちろん、前回走行後と狂いなく、かわらずです。
 
エイトは足回りを激しくヒットしない限り、狂いはしませんからね。
エイトって優秀。笑
 
あとはバンパー外して、バンパー内のラジエータシュラウドを作り直し。
 
ついでに、MSバンパーのグリルネットを交換しました。
 
今までのは、飛び石などのせいで表面のコーティングが取れて、内側の金属が露出し、それが錆びてしまってカッコ悪かったんですよね。
それをアルミで、さらに荒めのものしました。

イメージ 1


 
ネットを変えただけですが、だいぶ印象が変わりました。

イメージ 2


いいね!
 
これでクルマの手の掛かるところの準備はほとんど終わり。
 
明日は定休日ですが、残りの作業と荷物の準備・積み込み、さらに洗車です。
 

今週木曜日に筑波でRX-8デモカーのテスト走行を行うので、今日はテスト項目の準備です。
 
足回りを中心に新しいことをテストするので、現場でのスムーズなテスト進行のため、事前にテスト項目のパーツを色々な組み合わせで装着して寸法などのデータ取り。
 
一つ一つ丁寧に狂い無くデータをとっていきますので、かなり時間が掛かります。
 
そして、取り出したデータをきちんと項目ごとにまとめて、後で見てもわかり易い状態にしておきます。(これ重要)
 
データ取りは本日で完了。
 
明日も準備を続けます。

昨日今日と今週末は特にオイル交換作業がフィーバーしてました。
イメージ 1
ご来店の方、ほぼすべてオイル交換。
 
それも面白いことに、ラインナップしてるうちのオリジナルオイルのほとんどの銘柄が出ました。
 
RT-01 5w40
RT-02 0w20
RT-11 5w40
RT-21 5w40
オリジナルブレンド・ミッションオイル(仮)
 
それ以外のニューテックオイルも結構出ましたね。
 
完全にオイル屋、オイル・ソムリエです。笑
皆様、ありがとうございます。
 
メンテの基本はオイル交換です。
良いオイルを入れて、楽しいロータリーライフを!

↑このページのトップヘ