ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。

2014年04月

最近、遠方よりご来店が続いております。
 
今日は…、
 
イメージ 1
愛知県からご来店いただきました~。
 
ご来店ありがとうございます。
 
作業メニューは、リアルチェックにオイル交換、そしてリアライズ・マスター・コンピュータ現車セッティングです。
 
お車を購入されたばかりとのことですが、全体的に程度も良く、点検もセッティングも順調に完了いたしました。
イメージ 2
イメージ 3
 
うちのエンジンオイルも入れていただきましたので、これでコンプレッション回復ですね!
 
 
RX-8、存分に楽しんでください!
 
また、29日・30日はお休みをいただきます。
1日以降のGW中は通常営業しております。
外出することもありますので、ご来店の際はご一報ください。
 
 
 

今日は、G/W突入と筑波1000でライセンス走行があったので、ご来店が絶えず、皆様ありがとうございます。
 
朝7時半から作業開始し、夕方までずっとぶっ続けでした。
 
といっても、午後からご相談でご来店いただいた方と、なぜかRX-8の可能性について熱く語ってしまいました。笑
 
それも3時間半!!!
 
全部達成出来たら、筑波で分切りするな、うんうん。笑
 
ひとつでも多く達成できるようにがんばりま~す。

昨日完成したFDのエンジンに付けるノーマルタービンを仕込みました。
 
今回取り付けるタービンは、なんと新品ノーマルタービンです。
イメージ 1
イメージ 2
お値段もお高いあの新品です。笑
 
この新品ノーマルタービン本体に、オイルパイプやウォーターパイプなどを取り付けて、エンジンに取り付けられるようにしました。
イメージ 3
新品のノーマルタービンってなかなか取り寄せないので、作業するものなんかドキドキです。笑
 

今日は、組み立てる直前まで仕込んでおいたエンジンを組み上げました。
 
今回も綺麗に出来た!
イメージ 1
イメージ 2
 
続いて補機を付けていきましょう!

休み明けの今日も、FDのエンジンOHの続きです。
 
今日は、エキセントリックシャフトの軸受け部分(ジャーナル部)とメインメタルおよびローターメタルのオイルクリアランス調整。
 
シリンダーゲージでメタル部の内径を測り、マイクロメーターでエキセンのジャーナル部分を測って、その差がオイルクリアランスになります。
イメージ 1
エキセンは再使用しますが、今までのオイルが悪かったせいで通常より10ミクロンぐらいジャーナル部が小さめでしたが、大き目のメタルがジャストサイズで、圧入後はクリアランスもぴったり出ました。
 
これで測定・調整が終わって、そのほかの部品もすべて洗浄して、組み立て前の準備が完了。
 
明日組み立てます。

↑このページのトップヘ