ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2013年01月

サーキットタイムアタックシーズンも真っただ中!

タイムアタックはやはりコンマ1秒でも速く走りたいですよね。

シーズンも残り1カ月強になった今となっては、大きな仕様変更もままならないことでしょう。

そこで、もう少しパワーが欲しいと言う人にリアルテック・オススメアイテムをご紹介。
イメージ 1


・エンジンオイル添加剤 
ニューテック NC-80  500ml 6,930円
ニューテック NC-82  300ml 4,200円

元々が超高性能エンジンオイルであり、どんなエンジンオイルにも添加するだけで、超低フリクション・高コンプレッションを実現します。
添加直後からみるみる負圧(エンジンの空気を吸い込む力)が上がってきます!
ロータリーエンジンにもベストマッチです。
NC-80、82のどちらも一本添加でOK。
よりパワーが欲しい人は、NC-82を2本投入しましょう!
http:// nutec.j p/lineu p/addit ive/add itive.h tml

・ガソリン添加剤 
ニューテック NC-221R 500ml 3,780円

最近巷で爆発的な人気があるガソリン添加剤。
入れるだけで、耐ノック性が上がるだけでなく、酸素の吸着性が上がります。
要求オクタン価の低いロータリーですが、ガソリンの質を良くできればエンジンに優しいだけでなく、もちろんパワーに繋がります。
50Lに一本添加でOK。


そして、
リアルテック・超高性能エンジンオイル RT-01(5W40)! 1L3,938円 4L15,750円

もう説明不要の高性能オイルです。
今までの各走行イベントで、使用していただいた参加者の方の評判・最高速を見てもらえば分かります!
スムーズな吹け上がり・トルク感は入れた直後から体感出来ます。
超低フリクションにより、水温の安定化も図れるので、この時期でも必要なクーリング時間を短縮でき、アタックラップを多く取ることができます。
http:// real-te ch.jp/r t01.htm l

高コンプレッションということは、エンジンの空気を吸い込む力が強くなる・多くの空気を吸うようになるということ。
エンジンはどれだけ多くの空気を吸えるかが重要です。
そして低フリクションということは、今まで捨てていたエンジンのパワーロスが少なくなるということ。
持てるパワーをしっかり出せれば、それだけでパワーアップしたことと同じです。
上記のオイル・添加剤は、入れただけでそれらを簡単に実現することができます。


『パワーはいくらあっても邪魔になりません!』

コーナーではタイヤ、足廻り、そしてドライバーさんが頑張るしかないですが、
ストレートはエンジンさんに頑張ってもらうしかありません!

ストレートエンドで1km/hでも最高速が伸びれば、タイムアップにかなり影響します。

期待を裏切らないラインナップです。

もうひと伸び欲しい人・タイムが欲しい人は是非どうぞ!

ちなみに、先月12月のエイトリアンカップでノーマルエンジンでの最高速を出したあのエイトは、全部投入してます。

オイル交換などの軽作業でしたら、今月まだまだいけますよ~。
低フリクションなギアオイルもありまっせ!

今日はご来店のお客様の作業の合間をぬって、お預かりしているRX-8後期のコンピュータ現車セッティング。

この前の雪のためにセッティング残しでしたが、やっと雪も溶けてきたので今日いよいよセッティングできました。


データモニター・ロギング用とセッティング用のPCを2台積んで、走行のデータをログして確認・必要なところをデータ変更・書き換え、そしてまた走行の繰り返し。
イメージ 1


数回データを変更して出来上がり!
今回も全域狙いの数値にビッタビタに合わせました!

最終的に出来上がったデータの走行ログをみると、吸入空気量は8500rpmで、245g/s!
イメージ 2
ハンパない量の空気吸ってまっせ!
吸ってる空気の量が多いということはパワーが出てるってこと。
エンジンパワーは空気を吸わせてなんぼです。
まあ、コンピュータだけでなく、他の吸排気の構成パーツとの組み合わせですがね。
これ、量産ノーマルエンジンですよ。


ちなみに、RX-8後期型のセッティングは、実走でセッティングしないとデータが合いません。
シャシダイでは最終的にちゃんと出来ません。
出来たようには見えます。
しかし、ダメなのです。
特に、あのパーツとそのパーツを変更している場合はかなりひどい差が出ます。
シャシダイはセッティング後の馬力確認程度の使用にしておいた方が良いのです。

なんでかは、長くなりそうなので今度気が向いたら書きます。

今年になって特に総合診断メニュー『リアルチェック』が人気です。
特にここ最近はFDが多いですね。
毎週末、複数台点検してます。

今週は昨日・今日でFD2台・エイト1台計3台。

点検・走行チェック・結果説明全部含めると1台あたり約3時間。
なので、一日2台もやるとお腹いっぱいです。笑


特にRX-7は、走行距離が多い車が多いし、さらに今まであらゆる人の手が入っている(脱着や改造など)箇所も多いので、結構変なことになって足りするので、正常に動くか・問題無いかを、車両一台丸ごと全部点検するとかなり大変です。

ずっと目を凝らして間違え捜しをしている感じ。苦笑


年に一回は点検してもらって車の状況を把握できれば、大きなトラブルにも未然に防ぐことができます。

特にサーキットをよく走る人・中古車を買ったばかりの人におススメです。

http:// real-te ch.jp/r ealchec k.html

休日の過ごし方と言えば、趣味に興じる。
そんな過ごし方がいいですよね!


なので、昨日の定休日は趣味もあるのロータリーエンジンOHをしてました。笑


デモカー予定のFDが半年以上エンジン降りっぱなしなので、
いよいよ動かそうかと正月休みの元旦から測定やらシールクリアランス調整やら仕込みをしておりまして、昨日やっと組み立てが出来ました。

今回は、スーパーリビルドエンジン。
なので大物部品は全てユーズド品。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

部品コストを出来る限り抑えつつ、その中で組み付け精度で最大限のパフォーマンスを発揮できるようにしました。
そして通常のお客さんのエンジンでは出来ない色々な試みを突っ込んでみました。
オイルパンに塗るシール剤までお試し品です。
いろんな意味で限界にチャレンジして、各パートの見極めに使います。

もちろん、上手くいけばすべてフィードバックです。

昨日、外は大雪ですが、リアルテックは通常通り営業してました。
ウチでの15cmくらいの積雪。

筑波の走行も雪で無くなりご来店予定も減ったので、お預かりの車の作業に専念です。


今回はリアルテック・オリジナルセッティングLSDの取付。
一緒にオーデュラのデフマウントも取付。
イメージ 1

ちなみに、LSD取付はちゃんとやると結構時間がかかります。
デフケース長・LSD高さの測定、シム厚、プリロード、バックラッシュの測定調整などなど。

パーツの洗浄も結構大変で、リングギアのネジ穴・ボルトはちゃんとタップ・ダイスを使って元々のロック剤をしっかり洗浄除去してあげないと、ボルトの締め付けトルクが均一にかかりませんし、
LSDの取付面もロック剤の汚れをしっかり取って、オイルストーンで面だししてあげないと、歯当たり・バックラッシュのバラツキに影響が出ます。

丁寧な作業が後々の耐久性にも効いてくるのです。
イメージ 2


このLSDはしっかりほど良く効きますので、トラクションアップ間違い無し!


2月のエイトリアンカップでのタイムアップ期待大です!

↑このページのトップヘ