ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2012年05月

今日は、RX-8スピリットRのお客様が初来店。
イメージ 1

ほとんど走ってない新車ですが、早速エンジンオイル交換やら何やらをしていただきました~。

もちろんエンジンオイルは、リアルテックRT-01です。

エンジンを大切にされたいそうなので、最初から好いオイルを入れてもらいました!

そうそう、これから新車を乗り出す方もいらっしゃると思うので、アドバイス。

新車でもすぐのエンジンオイル交換をオススメします。

と言うのも、今日のもそうですし、他の新車でもそうですが、ほとんど使ってなくても抜いたオイルを見ると、鉄粉でキラキラしまくります。
ミッションオイルやデフオイルを抜いた時みたいといえば分かりやすいかな。

特にエンジン慣らし初期は微小の鉄粉がすごいので、早めに一回交換するのが良いと思います。

今日も一日ヤな天気。

またも雹が降ってきそうな予感だったので、車はガレージ内にしまったままで、部品発注やら作業の段取りなどなど。

休み明けはデスクワークが山盛りです。

座り仕事がすんだ後は、現在取り掛かり中のFD3Sのサイドポートエンジンのオーバーホールを進めます。

今日は、真っ黒なローターを洗浄です。

エンジンパーツ洗浄で、ローターの洗浄が一番時間が掛かります。
それに今回のは走行距離が少ないのに、カーボンの塊が通常よりも多くへばり付いていて、大変でした。

いつもそうですが、洗浄は微塵の汚れもイヤなので、時間が掛かっても本気でビカビカになるまでやります。
そうすると細部の傷や破損部分があればちゃんと分かるようになるので、トラブルも防げます。

ローター2個で、1時間半掛かって洗浄完了です。
イメージ 1

これで、エンジンパーツの洗浄が全て終わり。
明日は計測です。

デモカーエイトに新たなミッションオイルを作って入れてみました。

もちろん、ベースはニューテックです。
今までは粘度を作るという意味合いで、ブレンドしてましたが、
今回はちょっと考えを変えて作ってみました。


肝心のフィーリングですが…、


これがまた好いんだな!
軽い引っ掛かりのあった2速なんか吸いこまれるように入っていきます。
それにそれなりの粘度を持たせてますが、冷間時も気持ち良く入ります。

街中フィーリングは今までの中でも最強にいいかも。笑



今度サーキットテストで、ロングランした時の様子を見てみます。

今日つくばで発生した竜巻。

リアルテックからたった6キロ程度の距離での発生でした。

竜巻もこちらまでは来てませんので、被害はありません。

ウチの辺りではその時間帯に雷雨と、激しい雹が降り、敷地内は雹だらけになりました。

それも2回。

外に置いてあった車たちには速攻で毛布をかけてしのいだので、被害は全く無しでした。

直径1~3cmぐらいの大きさがとてつもない勢いで降り注いできたので、恐怖でしたね。

その後、車をしまえるだけしまって、続けてエンジンOHの作業をしてたので、状況が分からなかったのですが、色んな方面の方から電話がかかってきて、近くが竜巻で大変な事になってると知りました。

テレビで見る画像も痛々しく、これがクルマで10分も行かないところの光景だと思うと心が痛みます。


心配していただいたみなさん、お気遣いありがとうございました。

今日は一日炎天下で立ちっぱなしだったので、顔がヒリヒリしております。苦笑

いつもの場所で、いつもと真逆なポジションで仕事をしてきました。


今までは見えなかったことが色々見えていい経験になりましたな。

受け持ったセクションでは問題も起こらず、ホッとしているのが本音でございます。

参加の皆様、暑い中お疲れ様でした~。

↑このページのトップヘ