ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2012年04月

リアルテック・香港ロータリーツアー3日目。

今日もリアルチェックとリアライズセッティングが続きます。

手始めにFD16ビットのリアライズ現車セッティングです。
イメージ 1

追加で持ってきた空燃比計とノックモニターを付けて、確認しながらセッティングしました。
画像よりその模様です。
すっとぼけた顔してやってるように見えますが、ヘッドフォンでノックの音を聞いてます。
イメージ 2

あとはリアルチェックを数台。
エイトや、FCもやりましたよ~。

エイトはその後リアライズマスターを入れてくれました。
ありがとうございまっす!
もちろんデータの現車をしましたよ!

そして、リアルチェックしたFCには、今は知る人も少なくなった激レアなアレが付いてました。笑
イメージ 3
あるところの人たちはウケてくれるはず。

明日は最終日です。
今のところ現車セッティングが3台あります。

昨日より香港に来ております。

香港のロータリーユーザーの点検したり、コンピュータセッティングしたりしています。

初日は午後3時に店に着いて、いきなり深夜残業。笑
終わったのは11時です。
初日から飛ばします。爆

2日目の今日は、FDのリアルチェックが2台。
どこかで見覚えのあるFDをチェックしました。
イメージ 2

FDマイナー前のリアライズ・マスターのセッティング1台。
イメージ 3

あと明日現車セッティングするFDの機材をセットアップしたり。

今日は思いのほかはかどりました。

そりゃ朝9時からノンストップですもの。

2日目も飛ばし過ぎ…。

たぶん明日も大変です…。

さー頑張ろう!
イメージ 1

ただいま成田空港です。
今日から香港にいってきます。

いつもながらの弾丸ツアーです。笑

今回はコンピュータの現車セッティングが、5台と、その他もろもろ。

セッティングは、FDマイナー前・後ともにあるし、もちろんエイトもあるので、機材・工具が満載です。
預け手荷物はほぼ工具だけで終了。苦笑


滞りなく作業が進むように頑張りましょう。

ということで、リアルテックは9日まで休業させていただきます。
何かあればメールにてご連絡ください。

NUTECの新作ATF『NC-65』が入荷しました。
イメージ 1
ニューテックのカタログにもまだ載っていないものです。
 
元々、DCTやDSG用のオイルですが、普通のトルコン車のATFとしても使用できます。
 
ニューテックらしく期待を大きく上回るほどの性能を発揮しているみたいで、全国各所で大変好評みたいです。
 
 
 
今日は早速通販で出荷します。
これでまた筑波のタイム更新をしてくれることでしょう!
 
ちなみに、通常は20L販売のみですが、リアルテックでは小分け販売・通販可能ですので、他車種の方でもぜひどうぞ!
 

先週の水曜日に筑波2000をウチのRX-8で走ったときのピーク油温です。

ノーマルバンパー、グリル加工、オイルクーラーツイン
NUTECクーラントZZ-91RC
走行枠25分間走行クーリングラップ無し、
気温16~17℃、路面温度30℃


前にブログで書いた時と同じ測定ポイントで画像の左側から、

・オイルクーラーインレット
・オイルパンのドレンボルト部
・オイルフィルターインレット(エンジン入口)

です。
イメージ 1

ちょっとみづらいですが
・オイルクーラーインレット 123℃
・オイルパンのドレンボルト部 93℃
・オイルフィルターインレット(エンジン入口) 104℃
になってます。

今回は、違うメーターを見ながら走行してたので、走っているときは数値の変化を見てないのでピーク値だけですが、
オイルクーラー入口は裏ストレートの中ほどからピーピー警告音がなってましたその時がピークだったようです。(どうしてかは考えてみてね)


ちなみに!

この数値は各測定ポイントの正確な絶対値の差を言いたいわけでなく、
皆さんがセンサーを付けるであろうポイントで測定した時にどのくらいの差があり、オーナーさん同士でお互いの油温の話しになったときに話しの食い違いをなくしたいためにやってますので、お間違いなく。

それと、オイルパンのドレンボルト部から測定することの意味の無さを言いたいだけです。


そして、よくよく画像を見ると水温が92℃なんですよね~。

↑このページのトップヘ