ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2012年01月

今日はシールクリアランスの調整です。

シール調整とは、皆さん良くご存知のアペックスシール、コーナーシール、サイドシールの各部調整です。

皆さんが、OHの腕が問われると思うところです。
もちろんここの調整はOHの腕が問われますが、実はOHでやることのすべてに腕が問われます。(当たり前か…笑)

今回は中古のローターなので、『きっちりと』測定して、そこにあったシールを当てはめられるかが重要になります。

中古は新品ではないので(当たり前か…苦笑)、色々と注意が必要になると言うことです。

なので時間が結構かかります。

ただでさえ、すべてのクリアランスが100分の1ミリ単位、部位によっては1000分の1ミリ単位で設定していきますからね。


今日ですべての調整関係が完了。
イメージ 1

明日はいよいよ組み立てです。

新年を迎えて2日目。

営業はお休みをしておりますが、本日から始動!

新春エンジンOHです。

エンジン作業は特に集中して行いたいので、休みの日にやるに限ります。笑

今日は各部クリアランス調整。
イメージ 1

エキセンのメインジャーナル、ロータージャーナルの外径、ローターのローターメタル、ステーショナリギアのメインメタルの内径を測定をして、オイルクリアランスを割り出します。
クリアランスが合わない場合は、それぞれ軸受のメタルの寸法を変えて合わせます。

ロータリーの場合、軸受はプレスで圧入しますので、圧入した後でないと正確な寸法は測定できません。

だいたいいつもは一発で決まるようにメタル選びをしてますが、
今回は新品メタルを圧入後測定で、どうしても気にくわない寸法があり、再度新品メタル交換。
2回目でばっちり出ました。

しかし、一度圧入したメタルは、新品でももう使えませんので、ポイします。
こだわりなので仕方ないんですが、コレが続くと赤字です。苦笑

あけましておめでとうございます。

ゆったりしたお正月を過ごしています。

意外に出不精なのと、混んでるところは好きではないので、
明日から早速エンジンを製作します。

今年は更にロータリーエンジンの研究と可能性の追求に勤しんでいきたいと思っております。


今年一年、皆様のご健勝をお祈りしております。

今年も宜しくお願いします。

                                                       2012年 元旦

↑このページのトップヘ