ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2011年12月

今日は平日の木曜日。

なのに、朝からハンパない数のご来店でした。

ありがとうございました~。

これから筑波に走りに行く人や、走った後の人、筑波を走る人の見学の人や、今日も明日も走る人、遠方からはるばる筑波に来た方など、多種多様な方々のご来店でした~。

明日はエイトリアンカップですね!

参加の皆さん、朝早いんで気をつけて来て下さい。
路面凍結してるところもあります。
ご注意を!!!

今日は定休ですが、色々押し押しなので昨日のつづきのポート加工です。

昨日の内にほとんど完了していたので、今日は残りの部分と、オイルサクションポートの加工、インマニとサージタンクの加工です。
イメージ 1

オイルサクションポートはオイルポンプのつくところのポートで、これもポート加工っていえば、ポート加工ですね~。

サーキット向きに高回転使用時のオイル流量の確保が目的です。
イメージ 2

インマニはただ段付き修正するだけでなく、エンジンのポート入口に形に合わせてよりスムーズに流れるラインを作るように加工してます。
イメージ 3

あ~、体が鉄粉臭い。笑

今日は、FDサーキット仕様エンジンのポート加工。

基本ポートタイミングを変えず、段付き修正と燃焼室に入る流れ方を良くする加工を施します。
あと、オイルポンプのポートの加工もね。
ちょっと遅い時間から始めたので、途中で騒音自主規制時間になったので終了。
明日仕上げます。

しかし、寒い冬にリューターを持つと冷たくてかなわん!
 
イメージ 1
イメージ 2

RX-8で使っている診断機が壊れました。

今日の昼間までは良かったのに、夕方になったら全くうんともすんとも繋がらなくなりました。

最初はケーブルの断線かと思いきや、よくよく調べてみたら本体でした…。

コレで困ってしまうのは、RX-8のコンピュータ現車セッティング。

エラーコードを拾って消すだけなら汎用の診断機でOKなのですが、
このウチの診断機にはデータロガーがあって、コンピュータデータが全部PCに出力されます。
空燃比も出れば、よくよく見ればマップのどこを読んでるかも簡単に分かります。
それに全パラメータを一気にログできるので便利です。(だいぶデータは荒くなりますがね)

なのでコレが壊れてしまうと正確なデータがサンプリングできないので、正確なセッティングが出来ません。

直るまでリアライズのセッティングは受付することが出来なくなりました。
参った。

さて、早く何とかしなきゃ。

リアルテック・リビルドバキュームユニット。
イメージ 1

新品ユニットを買うと高い。
壊れたソレノイドだけ交換しようとすると、ケースを壊す可能性が高い。
などの理由で好評です。


昔に比べて、最近は回収したユニットの壊れているソレノイドの数が増えていて、良くて2~3個、ダメなユニットでは6個も壊れていることがあります。
それに完璧をめざして製作しているので、グレーなソレノイドも潔くポイします。
イメージ 2

今回は、破損率が特に高く、在庫のソレノイドが足りなくて結局1個しか出来なかった。

いや~、だんだんコストが合わなくなってきたぞ…。

↑このページのトップヘ