ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2011年11月

最近RX-8後期のセッティング作業が連荘です。
コンピュータやら足廻りやら、続いています。

今日も後期6MTにオリジナルコンピュータ【リアライズ・マスター】のセッティングです。

ウチでのRX-8のコンピュータセッティングは、出来合いのデータを流し込んで終わりでなく、その車にデータを完全に適合させるために、すべてのコンピュータデータを読み取れるデータロガーを積んで、空燃比・点火タイミング・バルブタイミングなどなど、すべてがベストになるようにした上でお渡しします。
だから、皆さん確実に変化を体感してもらえます。

今日もいつも通り仕様にあわせたベースデータをインストールしてロガーを積んで走りましたが、意外にほぼ一発で完成してしまいました。
何回データをログしてもOK。
結構速くなった!

だいぶリアライズ後期データも完成度が上がってきました。
イメージ 1

昨日は、今月10日売りのホリデーオートを読んだ方が早速来店されました。

ホリデーオートでウチを初めて知って来てみたって。

そして、作業の予約もして下さいました。

ありがたいことです。

インターネットに押され気味な時代ですが、やっぱり雑誌の影響力って言うのは変わらないものですね。

だからってウチの敏腕さん、本屋さんで今回書いた記事のページを開いたまんま平置きしてくるのはやりすぎだと思う。笑
イメージ 1

『ロータリーは点火が命』だって良く言ってます。
まめなメンテが必要です。
しかし、リフレッシュするにはそれなりのコストが掛かりますね。

RX-8ユーザーに朗報です!

最近のことですが、点火コイルの品番が変更になりました。

今回の変更の一番の点は、

価格が下がった!!!

30%プライスダウンですよ!!
こんなこともあるんですね。

今まで色々対策されてきてますから、コストダウンで品質ダウンってこともないでしょう。


ちなみに、コイルの裏が白くなるのは異常ではありません。
新品から少し使うとすでに白くなります。
大きく白くなることは使い込んでる印にはなりますがね。
だからって調子が悪いわけではないのです。
実証済み。


しかし!
コイルも消耗品であることは間違いなし!交換工賃も高くないし。
プラグ交換感覚でコイル交換できますね。(そこまで頻繁に変える必要ないですが…笑)

FD・FCオーナーからしたら羨ましい環境です。

エイトオーナーの皆さん、リフレッシュにおススメです!
チューニングパーツに変えなくてもパワーは上げられるものですよ。
(取り戻すとも言いますが。笑)
イメージ 1

届いたと言うか、戻ってきた。
イメージ 1

トルクレンチ。

1/2で350N・Mまでいけるデカイヤツと1/4の小さいヤツをメーカーに校正に出してました。

トルクレンチは定期的に校正に出してます。
精度が大切ですからね。
特にエンジンやデフの組み付けにはちゃんとしたと来る管理が必要です。

最長でも1年に一回、または使用していて違和感を連発して感じた時に校正してます。

一旦校正に出すと、2週間帰ってきませんので、タイミングが重要です。

タイミングを間違えると、仕事がすごく滞ります。笑


ちょうど合間が出来たので出していましたが、戻ってきたらなぜかすべてが新品になってました。謎


コレでまたバリバリとエンジン組めます。

先月リリース開始したリアルテックオリジナル・スピリット車高調。
(通称:ハマ脚 笑)

最初の3セットが届きました。
イメージ 1

オーダーメイドなので、全てスペックが違います。
スピリットのトモさんとも、間違いが無いように入念にスペックをチェックして作りました。
 
今回作ったのは
1.サーキット最速仕様、
2.ストリートの快適さメイン・たまにサーキット仕様、
3.サーキットでタイムを出したい4人家族のお父さん仕様(笑)
の3セットです。

写真で分かると思いますが、メーカーから送られてくる段階では全て仮組で組みあがってません。

僕が全て寸法をチェックして、車高を合うようにミリ単位で合わせて組上げて完成させます。

手間かけてます!!!


ちなみに
『サーキット用じゃなくてストリート用はないんですか?』
と聞かれます。

答えは
『すべてオーダーメイドなのでストリートから峠、サーキットなどお好みの走行ステージをメインに置いた専用スペックで作りますので、ご安心を』
です。

タイヤが路面にべたっとへばり付く感触を味わってみてはいかが?


試乗はご自由に!

その際はまずはご一報を。

http:// real-te ch.jp

↑このページのトップヘ