ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2011年10月

水温計を油温計として使用したいということで、センサーの移動です。

センサーのネジがPTネジならば、バンジョーボルト交換タイプのアダプターを使います。

がしかし、今回のセンサーはM12×P1.25と言う珍しいサイズ。


普通だとオイルブロック使います。
がしかし、FDにオイルブロックはオイルフィルターのサイズを選びますし、何より緩み易いので、嫌いです。


なので、純正のバンジョーボルトを加工してやろうかと思いましたが、
センサーの長さからすると、オイル穴にかぶってしまうので、
在庫品のナイトスポーツのオイルアウトレットアダプターを加工しました。

コレならセンサーの位置がちょっと引っ込み気味ですが、まあまあいいところに来ます。

サクサクッと穴を拡大して、タップでネジ切って、はい完了!
さすがに本物仕様の200Vボール盤はつえ~ぜ!!!
イメージ 1
 
イメージ 2


ちなみに、油温・油圧を取るためのセンサーアダプターは、ナイトスポーツのものが『圧倒的』にオススメです。
値段は高いですが、センサーの位置が絶妙です。
しっかり測定できます。
アダプターはコレが一番重要。

また、ステンレス製なので、全く腐食しませんので、もしものメンテの際に脱着するときにイラッとせずに済みます。笑

ストリートセッティングを施したウチのオリジナル車高調ですが、
ここ最近RX-8でお越しのお客様に作業でお待ちの間に試乗してもらってます。

乗っていただいた皆さん、高評価頂いております!
バネレートを教えるとみんな更にビックリ!
『そんなハイレートでこの乗り心地ですか!』と言われます。

ネチネチ細かく仕様を煮詰めてきた甲斐がありました。


あとはサーキットでの各仕様での確認テストを残すのみ。
そこで確認できたら発売します。
イメージ 1

昨日の筑波2000に続き、今日は筑波1000のライセンス走行枠を走ってきました。
リアルテック1号機と2号機揃って走行です。

長らく筑波には通ってますが、TC1000を走るのは今日が初です。

メカが本業ですので(言い訳)、ラインとかもままならない状態でしたが、
そこは本業で培ったネットワークを駆使して、その場でリアルテック・ファーストドライバーに電話で指南を受けました。

タイムは初めてにしてはいいだろうという感じでしょうか。(ということにしときましょう苦笑)

まあ、精進は必要ということですね…。

これからコソ連しますわ。


しかし、1000で20分クーリング無しのぶっ続け走行があんなにカラダにきついものだとは思いませんでした。
ヘロヘロでした…。

走行された皆様、おつかれっした。

僕がいたので、『クルマに何かあっても大丈夫ですね~』なんていっていただきましたが、
その何かをやったのがウチの1号機だなんて…。
ご迷惑おかけしました。

↑このページのトップヘ