ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2011年09月

今週末が過ぎれば、ちょっと時間に余裕が出てきそうなので、
ペンディングになっていたRX-8用オリジナル車高調の仕上げ作業にかかろうかと思います。
イメージ 1


といっても、もうOKなレベルにはなっているので、色んなシュチュエーションでの最終確認をね。


それにはちょっと車両側を整えないと行かんので、時間が欲しかったのです。


早く販売しろとのご要望の声もありますので、上手いこと仕上げます。

前々からオーダーしていたマツダ787B・ルマン優勝20周年記念限定モデルが届きました~。
イメージ 1


とりあえず787B特集のレーシングオンと一緒にパチリ。

何度見ても、かっけ~よな~!



別に限定だからって訳ではないのですが、
また来週あたりに、同じのがあと二台届きます。笑

FDのセットアップ作業が続きます。

お次はアライメント調整。
イメージ 1

リアルテックでは、全長調整式のショックの場合は、一旦外してバラバラにし、すべての寸法を確認してから基準を作って組み直しますが、ショックってだいたい汚い。笑

そりゃそうだ。
水もかぶれば、埃や砂もかぶる。
しょうがない。


しかし、汚れがネジ部についているとロックシートがくってしまって動きが悪いので、すべて綺麗にしてます。

というか、手が汚れるのがイヤだからだったりもしますが。

どれも丁寧に綺麗にしてあげると、新品同様になります。

仕上げに、NUTEC・NC-101浸透潤滑剤を吹きつけ、ネジ部の長期的な保護を!
イメージ 2


このような工程を経てから、やっとこさ本題のアライメント調整作業に入ります。



採算は…、



取れていないような気がします。笑

FDのデフ・オーバーホール。

最初は、コンパニオンフランジ(プロペラシャフトが繋がるフランジ)のオイルシール交換だったのに、なぜだかバラバラ。
フルOHになっちゃいました。
イメージ 1


というのもこのデフ、数年前にどこかでOHしたらしいのですが、そのときの組み方がゼンゼンダメだったようで、見れば見るほど・触れば触るほどダメなところが出てきてしまいます。


だって、フランジ回そうとしても力いっぱい回さないと回らないわ、ドライブシャフトはスラスト方向に(!)動くわ、バックラッシュ全く無いわ、調整と言う調整がひとつも出来てないんだもん。

よく走ってたな、ホントに。


なので、すべて一からやり直し。


デフのOHはちゃんと整備書の通りにすべてをやれば、大丈夫…、
と思いきや、ちょっとしたコツが合ったりします。


コツはコツなので、整備書には書いてません。


まあ、構造を良く理解していれば、誰でもわかる簡単なことですがね。



ドライブピニオン側のプリロードも、LSDサイドベアリングのプリロードも、バックラッシュも歯当たりもすべて狙い通りにばっちり決まりました。
イメージ 2
 
ちゃんと組めば、特別なものを使わんでも無駄なフリクションは減らせるし耐久性も上がります。
オイルの劣化だって遅く出来るでしょうね。



ここまでやるとそれなりに時間がかかります。

なので、それ相応な工賃がかかります。

しかし、ここまでやらないとOHにならないと思います。

コンピュータセッティング以外はトーク三昧でした。


トータルで6時間以上は、お客さんと話ししてましたかね。


最近の話題は、サーキットを走るためのプランニング。
走りの季節も近いですからね。


だいたい何のパーツを買ったら良いですか?と聞かれることが多いので、いつもこう答えます。





『筑波サーキットライセンス』!




クルマに不具合がないのが確認できて、最低限のメンテナンスをしたら、とりあえず走りましょう!

走り込みこそが一番のタイムアップです。

そして、走って感じたことから、次どうするか決めればよいのです。

どうしたいかが分かっても、その解決方法が分からない時があると思います。

その時は何でも相談に乗りまっせ。




まあ、トークの中には若人の人生相談?的な話しもありましたがね。笑 勝手にこっちが口を挟んでるだけとも言いますが…。

↑このページのトップヘ