ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2011年07月

7月7日に行われるマツダチューニングフェスタにリアルテックは今年も参加します。

ということで、先ずデモカーの準備。

合間をみて、あれやこれやメンテと冷却対策、セッティングをしております。

今回、ショップはレースクラスに参戦しないといけないなどと、勝手に思い込んでしまい、レースクラスに参戦ですが、他社さんのクルマに比べウチはだいぶスペックが劣ります。

それがウチのコンセプトですからいいのですが、少しでも喰らい付いていけるように悪あがきをして、コンピュータをリセッティング。

夏の気温でセッティングしてなかったので、またビチビチに追い込んでやろうと意気込んだら、たいした修正もなく終了。


さて、明日は定休ですが、もろもろイベント準備が続きます。

今日は、午前・午後とRX-8のリアライズ・コンピュータセッティング。
最近毎日のようにセッティングしているような気が…。

しかし、午前のRX-8は、セッティングし始めてすぐセッティング中止…。

一発走って、ロガーデータを確認すると、学習補正量が正常時より多すぎで、吸入空気量もやけに少ない。そんでもって空燃比がやけに濃くなる。
そんなんだから、加速も遅いです。


コンピュータで詰めちゃえば狙い通りのところに持っていけますが、なぜ学習量がそこまで変化しているのか追及しないとセッティングしても意味がなくなります。
不調なところを隠すのがセッティングじゃないですからね。

なので今日はセッティングを中止して、学習補正量が正常に戻ってから仕切りなおし。
一応コレが原因っぽいものを見つけたので、もしそれが正解だったら今度ご紹介します。

ちなみにセッティングは、どれだけ正確なデータをどれだけ多くサンプリングできるかでセッティング精度が変わってきます。
ただ単純に燃料を薄くしたり濃くしたり、点火を進めたり遅らせたりしてるわけではないのですよ~。

ちなみにその2。
暑い時にセッティングしてもしょうがない、と思う方もいると思います。
しかし、それは違います。
暑いからこそセッティングすることに意味があります。
特にエイトはね。

お待たせしました。

遅くなりましたが、7月のREALキャンペーンをアップしました。

皆さん、要チェック!!!

http:// real-te ch.jp/2 011jly. html

↑このページのトップヘ