ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2011年07月

昨日は、横浜・新山下にあるニューテックジャパンに行ってきました!

リアルテックオリジナルオイル発売にあたっての打合せとご挨拶でございます。

打合せとともに、代表の鳩谷さんからニューテック製品の事をたくさん細かく教えていただきました。

作っている方直々のご説明はいいですね!

工場のところでは、新しい素材を混ぜ混ぜしてたりしました。
いろいろ面白い物を日々作ってるんですね~。

やっぱすげ~よ、ニューテック。

まだ使ったことない人は、是非使ってもらいたいですね。

オイルでも、ケミカルでも、どれでもいいです。
気持ちよさが絶対分かります。

理解・納得・大満足な訪問でした。

また伺わせてもらいまっす。
イメージ 2

イメージ 1

今日は、FDのブーストトラブルを2台作業。
暑い中の走った直後のエンジンルームに頭を突っ込む作業は堪えます。

1台はリビルドバキュームユニットへ交換だったのですが、最近昔と違ったソレノイドが良く壊れてる。
それに、トドメが刺さってるソレノイドが1個でも、全部のソレノイドを見てみると、そろそろやばそうな数の多いこと多いこと。

ソレノイドの抵抗値がいけてないのはだいたいポイしますので、
リビルドバキュームユニットの採算が合わなくなりそうな予感…。


それと不思議なことに、色々見ているとその2台ともスロポジ電圧が同じように超低い。
よく走ってたなってぐらい。
だいたい似たような症状って続くもんですが~。

(何のトラブルでもザックリと、制御関係全体を確認しますので、色々と不具合を発見しちゃいます。)


ちなみに、スロポジっていつの時代もエンジン制御の重要な役割を担ってます。
なんのパラメータにもだいたい関係してきますのでね。
合ってる合ってないで、だいぶ違ったフィーリングになったりするもんです。
ちょっとおかしいなと思ったら、スロポジ電圧を確認するといいかもしれませんね。

悩んでます。

リアルテック・オリジナルエンジンオイルのネーミングを。

早く決めないと発売までいけません…。

しかし、適当に決めるわけにもいかず、つけるなら立派で言いやすく覚えやすいネーミングを!
と要求は高まるばかり。


ああ、悩む悩む……。

ちなみに、モノはロータリーに特化したマジすっげ~良いオイルです!
だから発売するんだよね~。笑

マツダチューニングフェスタに参加してきました。
イメージ 1

主催者・参加メーカー・来場者のみなさま方、お疲れ様でした。

平日にもかかわらず、たくさんの来場者の方々で、本当にロータリー最高!だって思いましたね。

車業界が厳しいと言われている昨今、ココまで力強い業界もなかなかないでしょ。

さて、リアルテックはホットバージョンのレースクラスに参加しました。
といっても、他の参加車両に比べるとだいぶスペック違い…。
しかし、やれることはしました。

結果は、ビデオの発売を待っていただくとして、見てるほうはなかなか面白いレースでしたね~。
ウチの見せ場は、やっぱりスタートでしょう。笑
ビデオでたら解説でもしましょうかね~。
イメージ 3

クルマ的には、ドライバーからのコメントは、脚のセットバランスは良いが、パワーが無い無い無い、と。汗
もうコンピュータセッティングで出せる限界でっす。
ボチボチエンジン開けて、爆裂にしてやります。

あと、新投入のNUTECギアオイル・UW-76の評価は、
シフトを動かしきる前に勝手にギアが吸い込まれていく感じだったそう。
それにそのシフトフィールが一日変わることなく、熱ダレもしないとの事でした。
ドライバーもびっくりしてました。
さすが最上級ギアオイル!
これはオススメです!!!

それ以外には、エンジンの冷却対策してたのですが、その結果の方はまあまあでしたね。
この季節水温を下げるのにだいぶ苦労しますが、イン・アウトラップ含め連続前回走行で、ピーク値水温104℃・油温114℃、裏ストレート読みでは水温98℃・吸気温28℃。

ノーマルバンパー・後期ノーマルラジエータ・ノーマルオイルクーラーにしては良いほうですが、水温だけでももう少し下がればね。
実は、もう少し対策方法は隠し持ってます。笑

しかし、NUTECのクーラント良く効いてますね。
昔のデータからでは、普通のクーラントなら110℃は軽くオーバーしてますからね。 
イメージ 2


さて、次は8月7日のエイト祭ですが、ファーストドライバーの都合つかず、現在代打ドライバー捜し中。

みんなお楽しみのマツダチューニングフェスタもいよいよ明日になりました。

今日は休日返上で準備してました。

夜になってなんとか準備完了!明日に臨みます。
イメージ 1

リアルテックは、ホットバーションレースクラスへの参戦です。
クルマは、リアルテックらしいライトなままですので、他のショップのクルマについて行くのも難しいですが、がんばりまっす!

来場されるみなさま、楽しんでってください!!!


ちなみに、リアルテックは去年のマツダチューニングフェスタがデビューでした。
皆様のおかげで無事1年やってこれました!

ありがとうございます。

ということで、今月で2年目突入!
これまで以上にロータリーに精進していきますよ~。

↑このページのトップヘ