ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2011年06月

今日は、エイトのコンピュータ現車セッティング。
もちろん、リアルテックオリジナルロムチューンのREAL-ize・MASTERです。

ロガーで必要なデータを拾い、空燃比・点火・吸入空気量などなど、少なくとも15項目ぐらいモニターしつつ、1台1台その車両に合わせこみます。

まあ、コレを本来セッティングというのですが~。


結構細かいところまで気にしてデータとにらめっこしているので、一日に2台が限界。

というか、それ以上やるとクォリティが落ちそうで、やりません。



はっきり言って、エイトは現車セッティングでデータを合わせこまないと結構ピッタリ合いません。


データで一発で合うのは、良くメンテされたノーマル車両ぐらい。


『NAだから』データを入れただけのセッティングでも安全に走れますが、

『NAだから』データを細かく合わせこまないと最上のパフォーマンスは発揮できません。


特に最近のクルマはね…。


『セッティング』なんだから、1台1台最高のパフォーマンスが発揮できるようにしないをやる意味がない。

そう思います。

だから、リアライズ・マスターはすべて現車セッティング込みなのです。

筑波ファミリー1本、エイトで走ってきました。

午前中は雨降ってたから行かないつもりでしたが、1時ごろにはすっかり晴れまして、Y2一本いっとくかと。

だんだん気温も上がって来ましたのでね。


水温・油温など、このあと予定している今夏冷却対策前の確認でっす。


いつもよりエンジン回転高めまでぶん回しまくって、結果は気温23~24℃で日差し強め・25分ほぼ走りっぱなしで、水温ピーク92℃・裏ストレート87℃、油温106℃でした。

う~ん、なんか低くね~か?

気温があと5℃ぐらい上がった状態で走りたいな。
月末にもういっちょいっとくか。


ちなみに、今の仕様は、
・前期ノーマルバンパー(純正フォグ付)
・ノーマルグリル加工
・ノーマルオイルクーラー2個
・ノーマルラジエータ
・NUTECクーラント

以上です。


しかし、ドライバーは5周目にはオーバーヒートしてました。苦笑

明日はさらっと、エイトで筑波ファミリー走行してきますか。


冷却系変更前に水・油・空気など温度関係の確認と、一緒に頼まれたオイルの比較テスト。


予報は23℃か。

もっと気温上がらんかな。笑

今月のリアルテックオリジナルコンピュータ『リアライズ・マスター』のモニターキャンペーン。

問い合わせ・ご予約殺到中でございます。
ありがとうございます!!!


当初は各グレード1台ずつと思ってましたが、やはり6MTが多いですね。


しか~し、せっかくお問い合わせいただいておりますので、条件の折り合いがつけばグレード・年式・チューン度合い関係なく何台でもやっちゃいます!


モニター条件といっても簡単なものなので、気になる方はお気軽にどうぞ!


http:// real-te ch.jp/2 011jun. html
イメージ 1

最近、RX-8の5MT・スタンダードパワーモデルでのリアライズ・コンピュータやアライメントなど、セットアップの問い合わせ・作業が急に増えてきました。

5MTは車両代も安いし、お金をかけずにサーキットなどで遊ぶにはちょうど良いんですよね~。

街乗りでも中速トルクがありますので、乗り易いです。


しかし、チューニングパーツは6MTハイパワーモデル用に作られたものばかりで、5MTでちゃんと作りこんでいるものも少ないようです。対応もしてなかったり…。


リアルテックは、スタンダードパワーな方を応援しておりますので、吸排気のパーツ選びから、コンピュータ、足廻りのセットアップでお悩みの方は是非ご相談を!

↑このページのトップヘ