ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2011年02月

ロータリー乗りは必ず気になるエンジンコンディション。

エンジン・コンプレッションの数値がコンディションの指標となるのは皆さん知っての通りですね。

さて、測定方法はロータリー専用のテスターで測定しますが、
ただテスターをつないでシャンシャンシャンとセルを回しただけでは、正しく測定できているとは限りません。

最近リアルテックでは、フロント・リアともに少なくとも3回以上は測定します。

エンジンの状況によっては測るたびに数値が変わってきます。
なので数値が安定するまで測定を繰り返します。

また、出来るだけ250回転に近かい状態で測るのも大事。
バッテリーやセル具合にもよりますが、特に油温でも影響を受けます。

まあ、ちゃんと測るには手間と時間がかかりますが、正しい数値を図ってこそ測定をした意味があるわけですね~。
イメージ 1

今週末のエイトリアンカップに向けて、足廻りの確認と調整を。

細かいところをちょっと変更してみました。
イメージ 1

あと、制動屋さんのひと捻り加えたブレーキパッドも装着してみました。
イメージ 2
チラッと走った感想は、

結構いいじゃん!!
さすが制動屋さんはいいところ突いてきます。

RM551+より制動力は強めですが、初期まで強くなっているわけでもなく……、

と、あとはサーキットでのインプレですね~。
期待大です!!!

今日からデモカーエイト一号機のエイトリアンカップに向けたメンテ&セットアップの開始。

とその前に、触媒を外して中身の確認。

なぜか。

去年の後半からアペックス・サイド・コーナーなどシール保護の観点から、メータリングオイルポンプのオイル吐出量をだいぶ濃いめセッティングにしています。

といっても全域ではなく、必要なところにドバっとです。
なので低負荷ノーマル、サーキット走行時など高負荷濃口みたいな感じ。

デモカーなんで、とにかくオイルをバンバン吹いてどうなるか検証してました。


で、エンジン内にオイル噴射が多いと何がデメリットか?
1.カーボンがたまりやすい。
2.触媒の汚損
3.O2センサーの汚損
4.オイルの減りが早い
など

濃口セッティングのままでサーキット走行トータル20時間ぐらい走行したので、今回は触媒とエキマニ内部の具合を確認したわけです。


結果は~、

触媒は全く問題なし!格子状担っている部分も詰まっている様子も割れなど破損もしてません。
OK。

さて、エキマニ内部。
イメージ 1
画像にもあるように、ま~~綺麗!
汚損どころの話しではなく、全くカーボンもなくオイルが悪さしてません。
OKOK!
燃焼状態もオイルもいいと言うことです。
カーボン発生が圧倒的に少ないNUTECオイルのいいところ。

これならば、このセッティングの数値を上限に今後のリアライズ・マスターのセッティングにフィードバックできますね~。

カーボン発生の少ないオイルを使用という条件付きですがね。


エンジンコンプレッションも測りましたが、現在ALL9キロぐらい。数値も綺麗に揃ってます。
前に測ったときより前後差がなくなり全体的に上がってます。
これもNUTECパワーだな。


ただ!
今回のセッティングだと、オイル消費はサーキット全開1時間で約800cc…。
こりゃ多すぎよね~。
ここらはもうチョイ詰めないといかんね。


ちなみに~~~、
ガソリンタンクににオイルを混合するより、メタポンでオイルを増やした方が、潤滑的には圧倒的に有効です。
無駄がありません。

なので同じ量使うならメタポンで増やした方が良いのですね~。

RX-8などOBD搭載車に多い、エンジン・コンピュータのリプログラミング。

その名の通り、メーカーがデータを作り直してアップデートかけてるってことですね。
PCのOSなんかと考え方は一緒です。

では、何を変えてるかというと、中高回転・高負荷領域などパワー領域ではなく、始動・アイドル領域が主です。

まあ、途中で点火マップをざっくり省略しましたが、これは必要ないところだから。
セッティング、パフォーマンスには一切関係ないからですからね~。


どんな状況でもちゃんとエンジンがかかり、アイドルできるように進化しています。

要はプラグがカブリづらくなってます。

絶対的に最新データの方が、アイドリングが安定しています。
古いデータと最新データを入れ替えてみてみると、違いは一発で分かります。


なので、リアルテックのリアライズでは必ず最新データを使ってます。

副作用的には、ディーラーさんで知らない間にリプロされることも防げます。笑
イメージ 1

今日の下妻は一日雪。
しかし、アスファルトには積もる様子もなかったですがね。


そんな中、エイトリアンカップで使うネオバをホイールにはめて来ました。
最近は、タイヤ交換は敏腕さんのお仕事。
と言ってもタイヤ屋さんに配送しているだけですが~。

これでタイヤの準備も完了。
合わせるホイールも『225なのに』な感じで、意欲的です。
良い方向に出るといいなぁ。

↑このページのトップヘ