ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2011年01月

巷ではよく、
FD3Sの純正データは、8BITは燃調濃い目だけど、16BITは薄い目だから4~6型はよくブローする、とか言ってる人よくいますね。


ンなことない。


完全な適当な都市伝説です。


数値測ったんか!

データ見たんか!

と言ってやりたい今日この頃です。


前期でも後期でも、純正で仕上げてある『レベル』は変わりません。

そう、まったくね。

はっきり言って、ノーマル燃調のままでもムチャなこと出来るのは16BITの方ですよ。

4・5・6型なんて、ま~~良くなりました。

給排気の組み合わせでは、ブースト1.0キロかけたって、本来のパワーベストなA/Fを超えることはありません。

それに燃調の濃い薄いだけで、ノックが出ると思っている自体間違い。


この都市伝説ってどこが出元だろ?

今日も朝からバタバタでした。
ん~、最近忙しい。
いいことだ。

さて、そんな冷たい風が吹く中、デモカー・エイトのエンジンオイル交換。
1月29日の耐久レースに向けたメンテです。

リアライズのテストで、サーキット向けメタポンオイル噴射量の増量を派手にやってみているので、オイルランプが点いてしまいました。

なので、今回はエンジンオイルだけ。

ちなみにリアライズ出荷分もオイル増量してありますが、それより超派手にオイル吹きまくってます。

それもこれも、カーボンの出づらいニューテックオイルを使っているから。

ここいらの詳しい話はまた今度。


で、今回使用したオイルはNC-50。

デモカーはノーマルオイルクーラーでシングルですが、水周りをバチッとやってありますので、いつもはZZ-01(5W-35)で全く問題なしなのです。
今回は3時間走り通しなので、念のため。

10W-50とエイトにしては粘度が高いですが、ニューテックは低フリクションなので、硬さはあまり感じません。
エンジンの掛かりは、ウルトラスムーズ!!

それに、NC-50は半合成油なので密閉性もよく、ブローバイも出づらくなってます。
イメージ 1


皆さんにも味わっていただきたいものです。

昨日の夜からの雪で今朝は一面雪景色でした。

筑波のファミリー走行も中止になったみたいで、ロータリーな走行予定だった人も多かったようで、残念でした。

その後日が出て雪も解けていきましたが、日陰はまだまだ雪が解けず。

夜にはアイスバーン。

今のところ、何とかコケずにすんでます。



あ~、雪降ったあとってクルマ汚くなるんだよね~。

何台洗車すりゃいいんだ???

買うのをすっかり忘れてて、アマゾンに別の用事があったときに思い出して買いました。
イメージ 1

F1モノの書籍は一通り手に取りますが、ニュース的なものでなく、こういうのは誌面作り関係なく買ってしまいます。

ロータリーとF1があれば、とりあえず生きていけます。

今日はオートサロンに行ってきました。
イメージ 1

各所への新年の挨拶と業界のリサーチです。

ロータリーは…、


少なかった!!!

けど、展示のRE車は必見ですよ!!!

早めに切り上げて帰る予定でしたけど、結局『蛍の光』聞きました…。

まあ、毎年の事です。


詳細は後日!

↑このページのトップヘ