ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2010年12月

昨日はあるブツを受け取りに都内へ。

任務完了後、晩飯どうしようか考えていたら、

おっと、近くにいいラーメン屋あったじゃん!と思いつき、向かいました。

『誠屋』
イメージ 1

ここは本店になるのかな?
一時期ハマって週に何回も通ってました。


注文はもちろん、太麺にねぎ飯。

久々に食した味は…、

ラーメン、うめ~。

ねぎ飯は、セッティングに失敗。ガックシ。
しょっぱくしすぎてしまいました。

昔からねぎ飯には、自分でラーメンのスープ、テーブルにある刻みニンニク・ラーメンのタレを絶妙に配合するのですが、タレの量が多すぎた…。

オレの腕、鈍ったな。涙

今度は横浜の寿々喜家行きたいな~。

リアルテックは、超高性能オイル『NUTEC』をロータリーエンジンを愛する皆様にお勧めしております。

そして、来月からリアルテックは公認の『NUTECスペシャルショップ』になることになりました。
イメージ 1

これからはNUTECオイル全製品フルラインナップで、皆様にベストマッチなオイルをお選びいただけるようになります!

筑波サーキット近くにニューテックスペシャルショップは、他にないそうです。

レースやスポーツ走行で筑波サーキットにお越しの方でNUTECオイルを御用命の際は、リアルテックまでぜひどうぞ!

ニューテックの営業にヘッドハンティングされそうなほどの知識を持って皆様のご来店をお待ちしております。

昨日のエイトリアンカップ。

参加の皆様、お疲れ様でした。


結果から言うと、リアルテックはショップクラス4位でした。

スペック的にユーザークラスのクルマより劣りますのでね。
これは最初から分かっていたことです。

レース自体は各所でバトルも多く、見ごたえあって面白かったですね。

ウチもスタートダッシュが決まり(メディア4耐といい、今年はスタートが決まるなぁ)、ポートチューン車の追いまくられましたが、終始押さえ込むことに成功!

単純なラップタイムで決まらないのがレースです。


それより、リアルテック的目標はどうだったか。

先ず225レコードタイムを目指し、練習・予選と挑みましたが、
結果は…、レコードにコンマ1秒届かず。7秒4でした。

タイヤの温め方を失敗した形です…。10分という短い時間の中でグリップのピークをうまくが引き出せませんでした。
バランス的には良かったのでもっといけたのになあ、というのがドライバー談。


さて、最高速。
ポートチューン車は、皆さん速かったですね。(実は何台か喰えると思ってました。甘かった…)


ウチのエイトは、公式記録では158.451kmでした。
決勝レース結果を貰いそびれてしまい、決勝分は分かりませんが、
ロガー上は決勝の1・2ラップ目のほうが1~2キロぐらい最高速が出ていたので、トータル的にはもうチョイ出てたのかな。

今回のノーマルエンジン最高速は達成しました!!


現場でも聞かれたので、確認のためもう一度書いておくぞ!

リアルテックのエイトは、エンジンOH無しのマフラー・エアクリ交換のみにコンピュータ・セッティングしただけ。
チューニング具合はどこよりも低いんだぞ!

コンピュータセッティングばしっと決めればここまで行きます。


と、ウチの結果はさておいて。

タイムアタッククラスでは、リアルテックでメンテをさせていただいた方々の多くがベストタイムを更新など良い成績を収められておりました。

表彰式でビックラこいてしまいました。
皆様おめでとうございました。
誠に勝手ながら、嬉しかったりします。

走行前にお渡ししたリアルテック・ステッカーが効果あったようですね。笑

また、少ない時間ですが色々な方ともお話できました。
地元茨城・栃木の方々ともご挨拶できましたしね。

エイトリアンカップ終了後は、急いで店に戻って参加車2台のメンテをしました。
筑波サーキットから15分という立地ですので、こんなことも可能です。
安心して帰路について頂けました。

リアルテックは、これからもエイトリアンカップに参加していきますし、参加の皆様のサポートもしていきますので宜しくお願いします!



さて、ウチ的にはこれで今年のイベントは終了です。

来年の展望もボチボチ固まりつつあります。

225タイヤは今年で終わりと思ってましたが、もうちょっとやろうかななんて思ってます。
まだ奥の手は持ってますし、6秒台は乗っけておかないと。

本日のエイトリアンカップ参加の皆様、お疲れさまでした!

参加の方々の走行後メンテが先ほど終了!

筑波サーキットから近いリアルテックならではのサービスです。

詳細はまた明日。

明日はエイトリアンカップですね。

リアルテックはレースクラスに参戦です。

そこで、リアルテックRX-8のおさらいです。

今年の集大成ですのでね。

2010年のコンセプト(というかリアルテックの基本コンセプト)は、RX-8の基本性能の追求です。
皆さんの手に届きやすい仕様でセットアップを追及することで、皆さんに有益なフィードバックが出来るようにしています。
モノに頼らず、本来持っているものを最大限に引き伸ばすセッティングを施しています。

また、車検にそのまま持っていっても通るようにしています。
分かりやすいように純正ホイールですし、最低地上高9cmは守っています。
ナンバー付だもん。偉いでしょ?笑


パワー系ではエンジンはOH無しのノーマル、市販品としては最高に効率のいいエアクリーナーに、マフラーのみ。
これにリアルテック・オリジナルコンピュータ・リアライズでバシッとセッティングして、レネシス本来の性能を最大限に引き出しています。
OHする方も増えてますが、ほとんどの人はしてませんよね。
そこでノーマルレネシスがどこまでいけるか追求しました。
(ぶっちゃけ、ポートチューン車と同じタイミングで比べてみたいということもありますが)

タイヤも純正サイズの225。これとリーズナブルな車高調として人気なオーデュラの蹴脚を使用し、これまたリアルテック・スペシャルアライメントでセットアップ。


冷却系では、水温の安定化を図るため、オーデュラのラジエータプラスを使用して、徹底的に水温の低下を図っています。これはホント良く効いていて、気温が20度を超えていても90℃台で安定しています。
クーリングラップなんていりません。
これが、ロータリーエンジンのライフにものすごく重要です。
また、油温が厳しいですが、高油温でも変質せず高い性能を維持し続けるNUTECオイルで潤滑系の心配もありません。

これらのように、最低限でも効果的なパーツ交換で、最大限の効果を出せるように作ってきました。

これからサーキットを走りたい・楽しみたいと思っている方にも参考にしてもらえるようにです。

なので、レースクラスでもクルマのスペック的には後ろの方ですが、今年のコンセプトを変えてまでどうこうしてやろうとは思ってませんので、あんまり順位は気にしてません。(といっても行けるようなら行きますが)

明日の目標は、225タイヤのレコードの更新とノーマルエンジンでの最高速狙いです。




書いてみたら、負けた時のいい訳みたい。汗
でも、準備は最大限やりました!!!
あとはドライバー様、お願いね~。笑

↑このページのトップヘ