ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2010年11月

本日、モータージャーナリストの我らが竹岡圭さん、まるも亜希子さん、
最近は大食いに目覚めた(?)弾丸ジローこと鈴木ケンイチさんが来店してくれました!
いつも一緒にレースをしたり、その他なんやかんやで皆さんにはお世話になってます~。

筑波で行われたEVフェスタの帰りに寄っていただきました。
ありがたいことです。

各誌をにぎわすかなりの大物さんたち!
なんせCOTY選考員ですよ!

カーオブザイヤーで忙しい中すいません…。
といったら、もう投票し終わったとの事。
今年から方式が変わったよう。
ああ、そうなんでしたか~。

また、圭さんからはおみやげ~と頂きましたが、
今度のレースのときに使うから持ってきて!
ってオイオイ。苦笑
でも、ねえさんの言いつけは守らなくてはいけませんのでね。
ふたつ返事で了解しときましたよ。


御三方、来た瞬間からカメラでパシャパシャ。
ご職業柄ですな。
ブログ用として撮っていただきました!
弾丸さんには某社用の?写真も撮ってもらいました!

さて、どんな風に紹介してくれているのかな???
超期待です!
イメージ 1

お預かりしているRX-8をリアルチェックして走行チェックした時です。

フロント側から『コトゴトガキガキ』とびっくりするぐらいの音がします。
なんだべと思い、すぐ戻ってリフトアップ。

走ると鳴るのでホイール周りをチェックしますが、問題なし。
ばたつきそうなところをみますが、これもOK。

なんだなんだと、見渡してもパッとしたとこがない…。

ん~んと腕組みしながらしゃがんで見渡すと…、

あ~、いたいた。

フロントクロスメンバーの後ろ側、ボルト止めしてあるメンバーがひん曲がって、ミッションに引っ付いてます。
イメージ 1

走るとエンジン&ミッションが動きここに当たって音がしてました。
イメージ 2

さて皆さん、RX-8でフロントをジャッキアップするときに注意です。

ガレージジャッキをかける時にクロスメンバーにかけて上げますが、
間違ってもエンジン後ろ側のメンバーにかけてはいけません。

超簡単に曲がります。
イメージ 3

曲がると走行中破壊的な音がしますよ。


このメンバー、簡単に曲がりますが、元に戻すのが大変。

プレスでちょっとずつ数箇所に分けてまっすぐになるように押して直します。
イメージ 4

で、ちゃんとクリアランスが取れました。
イメージ 5

走行チェックもOK!

修理完了♪


このエイト、ホントはもっと違うところ見なきゃいけないんだけどなぁ(ボソ)

でも直ったから良し!

室内の細部にわたる拭き掃除も終わったので、内装を組み上げていきます。

まずは仕上げの掃除機掛け。
フレームの床面をきれいにします。

そうそう、室内にあるアースポイント全部外して磨きました。
まあ、どこも問題あるような感じはありませんでしたが、念のためです。
車が古くなってくるとアースが甘くなってきますからね。

そして、天日干しして、除菌して、におい消して、掃除機掛けして、水分も飛んで超綺麗になったフロアカーペットを敷きます。
敷くだけなんでなんも難しいことがないですが、きっちり正しい位置にくるように強制しながら敷いていきます。
イメージ 2


次に外したテールランプ・ハイマウントストップランプを取付。
全部裏まできれいにして取付ます。
プラスチックは水洗い~つや出しをして新品のような輝き!
イメージ 1

最後に前回残したワイパーの取付。
取付後、作動確認。
動きはスムーズになったか気になるところ…。
イメージ 3

ばっちりOK!
新車のようなスムーズかつ力強く動くようになりました!
ワイパーアームのグリスアップ、お薦め!


さて、ちょっとお客様仕事が立て込んできたので、次までは時間があいてしまうかも。
なかなか室内完成までいけませんね。

レストアは時間と手間がかかります。

↑このページのトップヘ