ロータリーエンジン一筋!REAL-TECHブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のブログです。 RX-7・RX-8などロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニングをはじめ、ロータリーエンジン研究家としても活動しており、ロータリーエンジンの高効率化を日々探っております。

2010年08月

今日は予定の作業がなぜだか早く片付いてしまったため(笑。ちゃんと書きましたよ!)、前からやっているスロットル制御マップのセッティングの続きを。

スロットル制御とは何ぞやというと、

昔はアクセルワイヤーをスロットルボディにつないでアクセルとスロットルバルブをリンクさせて開閉していましたが、最近主流の電子スロットルではアクセル開度をセンサーで拾って、その開度や走行状態でスロットルバルブをモーターで開閉しています。
その角度はコンピュータの指令でコントロールされており、コンピュータデータにはスロットルの制御ベースマップが存在します。
もちろんRX-8も電子スロットルですね。(知ってるか…)
(脱線:ということはアクセルを踏んでも、コンピュータが開けない!といえば、スロットルバルブは開きません。エイトのフェールセーフはそれを利用して、異常時エンジンに負荷を掛けないようにしています)



ぶっちゃけ、そのスロットル制御マップをどう仕上げるか悩んでいます。

ここのセッティングって、A/Fや点火タイミングのように、こういう風に合わせれば良いといったモノではなく、アクセル開度と実際の加速をどうリンクさせて体感的に乗りやすく・運転しやすくするかのフィーリング・セッティングなので、マジ難しいのです。

なんせ、どういうフィーリングを好むかは一人一人違ってきます。
あの人はこういう風なのがよくても、この人はダメだったり。
これ!ってのがないので時間がかかります。(かけてます。かな)

ちなみに勘違いされやすいのですが、これをどういじろうとパワーアップは全くしません!
スロットルバルブは全開以上開きませんからね。
スロットルの通過出来る空気量はかわりません。
アクセルを踏んだ時にその開度に応じて、どうスロットルバルブ開度を合わせこむかということだけです。(これでわかるかな?説明むずい…)


で、この前データを解析したときにノーマルデータがどういう意図でこういう風に設定しているのか考察しました。
メーカーらしく巧いこと作ってあります。
つくづく感動。

そんなデータですが、ユーザーさん毎にお好みフィーリングに合わせられるようにセッティングします。

今日は、この前作ったデータを一回リセットして、再度新たにデータを作り直しました。

たまに一回リセットというのは大切です。新たに作ることで前のデータで見えてこなかったことが見えてきたりします。

あれこれ仮説を元に何個かデータを作り検証。
この前バッチリ解析・解読したのでね。
いかようにも出来たりします。

何回かデータ作って~クルマにインストールして~走って~を繰り返し、これいいかな~というデータが出来ました。


本日の最後にウチの敏腕マネージャーにブラインドテスト。
ノーマルデータや前に作ったデータを含めた4つのデータをどれをどういう風にしたかを全く教えず、同じコースを普通に運転してテストしました。

結果は意外にもあんなことに!
アレが一番いけてると思ったのにな~。
ブラインドテストは面白いもんですね。

結論。
特徴を持たせたデータを数パターン作りました。
ユーザーさん毎にお話をお伺いしながら、それぞれにあったデータを選びます。
実際に乗ってもらってフィーリングに合わなければ、合うまで無料にて修正します。

こんなんでみなさんいかがですか?

REAL-TECHオリジナルコンピュータ
『REAL-ize(リアライズ) MASTER』
は、このスロットル制御マップの適正化が標準装備です。 
イメージ 1

今週末は多数の方々がリアルテックにご来店いただきました。
ありがとうございました。
ご来店にもかかわらず、たいしたお話もできなかった方もいらっしゃいまして、すいませんでした!
一人+敏腕でやってますのでご了承ください。

しかし、そんな中で疑問がひとつ。

リアルテックご来店のお客様がFDだけの日、エイトだけの日とパッキリ分かれます。
一回や二回じゃありません。

実は近くのファミマで申し合わせているんじゃないかと思うくらい。

不思議です…。

さてさて、オープニングキャンペーンもあと2日!!!
ご来店お待ちしていま~す。
イメージ 1

最近リアルテック駐車場の横にあるイチジクの木にはいっぱい実が付いていて、毎日いい感じに熟している実を収穫しています。
だいたい5~8個くらいは獲れますね。
イメージ 1

どれもだいぶ甘いです。

作業待ちの方は、今ならイチジク収穫体験できます。
もちろん無料です。

その際には必ず長袖をお持ち下さい。
腕が枝に触れると、痒くなります。笑

リアルテックは下妻商工会の会員でもあります。

この度、下妻商工会主催の『買って当てちゃおう!』キャンペーンが本日よりスタートしました。
イメージ 1
お買い上げの方に応募はがきを差し上げます。

当選金額は1等5万円!!!
5万もあったら、あれもこれもイケますね!

ぜひこの機会に!

キャンペーン応募はがきは、なくなり次第終了です。
お早めに~。

車高調取り付け前の仕込みです。

イニシャル車高に一発で合うよう全長やプリロードの掛かり具合を合わせるだけでなく、検品もかねてます。
イメージ 1

初めてつける車高調の時は、バラバラにしてそこらじゅうの寸法データを採っておきます。
そうしないとあとで、何でアレがこうなっちゃうのか、などなどの判断に困りますからね。

今回のはウチのオススメ車高調であるオーバードライブの『蹴脚』です。
デモカー取り付け時にバッチリデータを採ってあるので、そのセットアップデータを元に調整するだけで、楽チンなのです。

最初に一手間かけると、その後がだいぶ違います。
取り付けだけでなく、走行後のセッティング時間もね。

↑このページのトップヘ