ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2010年05月

朝9時から夜の7時までかかって、やっとこさ工事箇所の片づけが終わりました。

ん~、スッキリ!
物がないと広く感じます。

さて、明日から業者さんによる取り壊しが始まります。

が、ワタクシはお出かけです。

はよ寝よ。
イメージ 1

来週から始まるガレージ工事のため、荷物・パーツをすべて移動してます。

ウチには歴代RE(補機付き)が4機ありますが、もちろんこれらも移動します。
ちなみに、なかなかお目にできないハニカムポート12Aや、20Bなんかがあります。

しかし、そのうち一機が普通の台車を占拠しているので、これを機にエンジンスタンドに移動してみました。
といっても、そのエンジンスタンドも組み立ててないので、先ずは組み立てから。

イメージ 1

このブルーポイントのエンジンスタンドは、おととしぐらいに買っておいて、しまったままにしていたものです。
なかなか流通してないギア式のエンジンスタンドの中でも一番安いやつです。
ブルーポイントですからね。安くてもまだ安心です。
ホントは純正スタンド欲しいんですが、高くて買えません。
憧れです。

汎用のエンジンスタンドには、REはすんなり付きません。加工が必要です。
スタンドのセットプレートに穴あけ・タップでねじ切りをして、純正のハンガープレートを取り付けます。
上手いこと位置出ししないとエンジンの固定ボルトが付かないのと、20Bを載せた時にちゃんとした位置に来るようにしたので、プレートが穴だらけです。(汗)
イメージ 2


ちなみに純正のハンガープレートには2種類あって、黒いのがFCまでのRE用で、オレンジのが20B以降のRE用です。
オレンジの方が取り付け穴がいっぱいあります。
しかし、値段が倍近くします。
イメージ 3
 
取り合えず安い方を付けました。
こんな感じ。
イメージ 4

だいたいでネジを切ったわりには、手でスルスルをボルトが入ります。
さすが!(自画自賛!)

出来上がったところで早速ストックFDエンジン載せて、完了です。
イメージ 5

これでやっとアルミ台車がフリーになったぜぃ!

申請していた古物商の認可が下りたので、今日許可証をもらってきました。

これで中古車の売買ができるようになります。

早速ですが、FDの極上コンプリートカー作ろうと計画中で~す。
イメージ 1

来週よりガレージ大工事がスタートです。

今まで細々とやってましたが、一気に進む予定です。

なので今日は一日中、物の移動やら撤去やらで、クソ暑い中重労働でした。
今週はそんな日々になりそうです。

あのシンナーの臭さに耐え切れず、ちゃんとした防毒マスク買いました。
イメージ 1

今日早速使いました。

めっちゃいいぃ~!

まったく臭くない!


あまりに匂いが通過しないため、換気するのを忘れました。

途中、休憩をと思い、マスクを外した途端死にそうになりました…。

ああ、こんなに臭かったのね。


こりゃ、これから手放せませんな。

↑このページのトップヘ