ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2010年02月

イメージ 1

最近アフターでもよく出回ってきました、DLC加工。
DLCとは、ダイヤモンド・ライク・カーボンの略で、母材に成膜すると高硬質化・低フリクション化・自己潤滑性の向上と言われています。
自動車では日産がエンジン部品に使用しているのが有名ですね。

ロータリーブロスにも書きましたが、ロータリーエンジンではアペックスシールにこのDLCを施してテスト・販売しているショップが出てきました。

そこでこのDLC、果たしてどうなの?って思いました。
フリクション性能だけをみれば、いいのかもしれません。
エンジンは、いかにフリクションを減らすことが重要になってきますからね。
しかし、高硬質化が引っかかります。
アペックスシールは硬けりゃ偉いもんじゃありません。
また、DLCについて詳しく知っている人にあれこれ聞けば聞くほど、
これってアペックスシールに使えるのか????と思ってしまいます。
高硬質化もそうですが、一番の引っかかりポイントは『DLCはオイルを弾く』って事。
DLCに水素を使っていようがいまいが、オイルを選んでしまうらしいのです。
もし、今販売している各社ロータリー用オイルもしくは純正オイルがDLCに対して適合しないものだったら…。

しかし、DLCによって自己潤滑性は上がるからいけるのか…。

疑問は消えません。

ちなみに、RX-8ではコーナーシールの外周面にDLCコーティングを施しています。
これはサイド排気のため、排気ポート付近での潤滑不足を補うためです。
このことからも純正オイルはDLCにいけてるのかもしれません。

また、マツダがフリクションが減って自己潤滑性も高くなるコーティングを、コーナーシールに施してアペックスシールに施さないというところに何かあるかもしれません。

まぁ前置きはともあれ、知識が足りないことは明らかなので勉強してみようと思い専門書を買ってみました。
あとは、実機で試すですかね。
やっぱり疑問を覚え、考え、調べ、試す。
自身向上には、何でもこれですね。

ロータリーエンジン専門メンテナンスガレージ『REAL-TECH』創立のため日々準備をしているのですが、何せ1からすべてを準備しないといけません。

ガレージの1階部分がだいぶ片付いてきたので、細かくレイアウトを考えているのですが、ひとつ悩み事があります。
それは…、

トイレ!

どんな業種でもお店としてトイレって一番重要な部分だし、お店の顔だと言っても過言ではないと思ってます。
トイレが汚いところって、どんなにいいサービスする店でもなんか嫌な気分になりませんか?
僕は嫌です!
特にこれから多くの方に来ていただきたいと思っていますので、皆さんが気持ちよく使っていただけるようにしたいと思ってます。

・・・が!、トイレの設置って想像以上にお金がかかります…。
安くても¥1ミリオンするんですよね~。
どこに設置するかでもだいぶ変わってきます。

かといっても、妥協したくもないですし・・・。

悩みます…。

イメージ 1

日々ロータリーエンジンと向き合っているハマオです。

最近発売になったレーシングオンはCカー特集でした。
Cカー好きなので迷わず買ってしまいます。
どうしても最初にマツダのCカーのところを読んでしまいます。

そこである発見をしました。
画像はその写真です。
この13G(紙面では20Bとなってますが、13Gです)をよく見てください。
ローターハウジングの『MAZDA』マークがオレンジでペイントされています。

初めて見ました、ココをオレンジに塗る人!
オレンジ好きなもので、今まで僕が組んできたエンジンは全部ここをオレンジに塗ってきました。
僕の作ったエンジンだという小さな印です。
REAL-TECHのコーポネートカラーもオレンジにしました。
他社さんでもココを塗ってあるエンジンも多々ありましたが、オレンジがなかったのも幸いだと思ってました。


いや~、誰なのか知りたくなりました。
ご本人様いらしたらご連絡ください!
この方を知ってる方は紹介してください!

気が合うもの同士、ロータリーについて語らいましょう。

この写真から推測するに、多分757でラッキーストライク・カラーのワークスカーだと思うので、エンジン組んだ方はメーカーの方でしょうかね?

イメージ 1

イメージ 2

本日筑波サーキットのライセンスを取りに行きました。
ファミリー限定ですがね。

仕事・プライベートを含め、サーキットに出入りは多かったのですが、
自分で走るって、いままで手を付けてこなかった領域でした。
せっかく家から10分のところに筑波あるし、
『気が向いたらちょろっといって、枠に空きがあったら走る。』
こんな気楽に緩く始められるところがいいでしょ?

まあ、趣味程度に走ってみようと思います。
運転スキルもそうですが、車の動きも実際につかめるようになれば、今後お客さんのクルマのセッティングの幅も広げられると思ってます。

しかし、貰ったメンバーズハンドブックの注意事項の挿絵がシュール過ぎて講習中に笑いをこらえるのが大変でした。

昨日は渋谷にて、僕がハタチそこそこからずっとお世話になっている大御所モータージャーナリストの先生の還暦お祝いパーティがあり、参加させていただきました。

いつも一緒にレースをしているメンバーばかりでのパーティだったのでドンチャン騒ぎで盛り上がりました。
落ち着いた雰囲気のおいしい料理のお店であるにもかかわらず、よく怒られずにすんだもんです。

先生も赤いチャンチャンコがお似合いでしたね~。

先生とは一緒にレースしたり、ショップ時代にはオリジナル車高調のセッティング出しを手伝ってもらったりしてました。
僕が言うのもおこがましいのですが、先生は足廻りのセッティング能力に長けていて、細かいところまで的確にアドバイスしていただけるので、大いに助けていただきました。ジャーナリストさんなので説明も分かり易いですし。

それに僕が高校時代には、当時レブスピードで先生監修・出演のドライビング連載マンガがあってそれを一所懸命読んでた事を思い出します。
駆け出しのころからホント色々勉強させていただいております!

センセ!この度はおめでとうございます!ずっと偉大なセンセでいてください!!


しかし、久々に渋谷に行きましたが(つっても1ヶ月ぶりか)やっぱ人が多いですねぇ。
下妻ジャスコの人の量とは桁違い(笑)

↑このページのトップヘ