ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2010年02月

日々ロータリーと向き合っていたいハマオです。

これなんだか分かりますか?
イメージ 1


こんな感じで使います。
イメージ 2


よく見えないですかね?ではアップ。
イメージ 3


そう正解は、釘抜きなんです!(ミステリーハンター風)

ビシバシ倒した和室の柱に多々釘が残っていて、それらを抜いてたのですが、あまりのさびの凄さにに固くて固くて...。
そんなところ、またもや魅惑の奥倉庫から、この釘抜きが登場。

この釘抜き、どうも戦前に職業軍人だったウチのお爺様が軍隊で使っていたそうな。
つうことは…、100年近く前のものになるな!
使ってみると…、
すっげ抜ける!スッパスッパ抜ける!!

釘をくわえてテコのように引っ張ると先端が釘をはさみこみ、尚且つ柄が長いので力が入ります。
そして便利なのは、柄がスライディングハンマーのようになっているので、叩きつければ頭の出てない釘でも簡単にくわえられます!
これを使ってからメッチャ効率アップ♪

自動車工具以外はあんまり知らないので、ある意味新鮮です。

ちゃんとしたものは、時代を越えても使えるもんですね~。

しかし、ウチにはこんな道具がまだまだ出てくるようです。

昨夜降った雪で朝起きたら外は真っ白でしたが、今日は天気も良かったので一日ガレージ工事作業でした。

今日は、一階部分の真ん中にある和室の撤去です。
その和室。壊す前はこんな感じ。
イメージ 1

この和室は昔に母屋改築のための仮住まいとして作った部屋です。
今じゃ物置でした。

あらかじめ何日か前に左右の壁を取り外しておきました。
バールでこじってバッキバキに破壊。
でこのように風通しが良くなりました。
イメージ 2


ほいで、今日は柱の撤去。
高いところは脚立に登って作業なので、いちいち釘を抜いていったら危ないので、
バールでバッキバキに破壊。
折れないところはノコギリでギッコギコに切断。
太い柱も四方から釘で打ってありましたが、なぜだか奥から馬鹿デカイ木づちがでてきたので、
ボッコボコに叩いて破壊。
外れるものもでかいので慎重に作業でしたが、意外にすんなり破壊できるもんですな。
それでこんなに広くなりました。
イメージ 3


次は床の撤去ですね。

破壊したこの真ん中の部分にリフトを設置する予定です。

まぁ今日は散らかったままですが、片付けはまた次回。

今日は寒いし、雪もちらついてますので、確定申告の書類作りしてました。
16日から受付なのでさっさとやっつけちゃわないとね。

今まで会社員でしたから確定申告は今回が初なので、結構めんどくさいものだと思ってたら…。
税務署のHPから書類製作ページに飛んでって、必要な数字入れてくだけでした。
できた後はプリントして税務署に送るだけ。
意外に簡単。
しかし、ウチの奥様に横からあーでもないこーでもない言われてましたがね。

今年はこんなんで済みましたが、来年からは入力する項目も増える(予定)のでもっとめんどくさくなるんでしょうね。
逆にそうじゃないと困りますな!

さて、今日はまだまだデスクワークが続きます。

早くロータリー触りて~。

イメージ 1

こんな本読んでます。
『RX-8 新型車研修』
寝る寸前までロータリー尽くし!

これ、だいぶ前に手に入れたままで、引越しの時に片付けてたら出て来ました。(汗...)
読んでみると『おう、そうだったそうだった!』と思うことも多々あります。

そりゃね、あんたプロなんだからここに書いてあることぐらい全部理解しとけってのはごもっとも。
しかし、人間そんなに記憶力良くないモンです。
だから、ちゃんと整備書・工学書など揃えておいてあれば、全部内容を覚えてなくったって、あれに書いてあったなってだいたい覚えておけばきっちり答えは出るわけです。
その方がいいでしょ?あやふやなまま適当に答えられるより。
作業中でも大事なことは確認というのも大切ですしね。

さてこの新型車研修書、通常の新型車紹介よりツボなことが多く書かれています。印刷は粗いですけどね。

特にエンジンなどの制御システムは多分一番詳しい。
サービスマン研修用なだけはある。
新型車紹介と整備書の間を繋ぐような一冊になっております。

今日はこれから外回り。
あちこち行ってきます。

昨夜雪が降ってたみたいだけど、ここいらはすっかり融けてます。
雪道は運転したくない(できないともいう)ので良かったでっす!

では!

↑このページのトップヘ