ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。

2010年02月

昨日からの腹痛でヒイヒイ言っていましたが、病院で診てもらった結果、ウィルス性胃腸炎でした。
薬飲んでれば多少楽ですが、依然ウェストゲートの締まりが悪いです。

しかし、変なもん喰った覚えは無いんですがね。

皆さん!食べる前はきちんと手洗いしましょう!

イメージ 1

日々ロータリエンジンと向き合っていますハマオです。

さて、今日もガレージ内ででちょこちょこと作業です。

まずは床の砂埃を掃除機でスイスイしてから、位置関係を見るためクルマを突っ込んでみました。
ようやくココまできました。
とりあえずFCを入れてみました。
FDより全長が長いですからね。
色々位置を変えてみてみると、想像より横方向にはだいぶ余裕がありますが、縦はちとキツイ…。

まあ、これからリフトの設置場所をうまいこと思案しま~す。

今日は体調不良のためココまで。
ずっとお腹が痛い…。(汗)

久々に行った平塚で、意外にやることに困りました。
いざ観光を!といってみても、地元なだけに観光スポットが珍しいことも無く…。

じゃあ、困ったときは食い物でしょう!
ということで、平塚名物を食べ歩き開始!
しかし、最近どんなのがあるか分からないので、ちょっとPCで検索したことは内緒です。

まずは鉄板ですね。平塚名物『都まんじゅう』
イメージ 1


イメージ 2

中はしろあんで小ぶりなまんじゅうですが、1個食べ始めると止まらなくなります。
時間が経って固くなると旨さ半減なので、買ったその日に一気に食うのが通の食べ方です(笑)
しかし、いつくっても旨い!!

次は『弦斎カレーパン』
イメージ 3

平塚駅北口から東にそこそこ歩くとある高久製パンの直売所で売ってます。
また、各地の百貨店や通販でも販売しているそうです。

どんなカレーパンなのかというと、
イメージ 4

ということです。

とりあえずカレーパンとカツカレーパンがあったので両方買ってインプレ。
これまた『ちょーうめ~』
外カリカリで、中はカレーが香ばしくジューシー。
ありきたりなインプレですが、オススメです。

ここでお腹いっぱいになってしまったので、紹介はこれにて終了。

さて、次平塚行ったら何喰おう?

先日より撤去しておりました1階和室部分。
本日無事に撤去完了しました!

前回は床板まで外してこんな感じからスタート!
イメージ 1


この床の骨組みをバラバラに。
釘がサビサビなのでバラすのも結構厄介でしたが、先日紹介した万能釘抜フル活用でテキパキと進みました。
この辺までくると工具使いも慣れたもんですね。

骨組み撤去のあとは、ホウキで砂埃をハキハキ。
2時間弱でご覧のようになりました♪
イメージ 2


いや~チョー広くなりました!
これでやっとクルマが入ります。
これから工場レイアウトを細かく詰めていきたいと思います。

さて、この外した木材どう使おうかな?
イメージ 3

昨日から1泊で故郷平塚に行ってきました。
何年ぶりだろう?
今はもう実家も無くなってますので、行く機会もめっきり少なくなってしまいました。

なぜ今回平塚に行ったかというと…、
中田ヒデ主催の湘南ベルマーレのJ1昇格記念試合があり、
今は三重に引っ込んでしまったウチの父・母がその試合を観戦するため平塚に出てくると言うので、たまの親孝行でもと思いまして、一路出向いたのであります。

で、ウチの母、大変なベルマーレサポーターでありまして、その歴約16年。ベルマーレがJリーグに上がってからずっと応援してきたのであります。
しまいには、クラブハウスの食堂で働く入れ込みぶり。
多くの選手とも仲が良かったりしているようです。

さて、夜に晩餐会を平塚駅近くのホルモン焼屋さんで行いました。
久々の家族でゆっくりと…、
と思いきや、店には多くのサポーターさんたちもいたり、しまいには試合に出ていた選手も飛び入り参加してきたりと、結構なドンチャン騒ぎ。
まあ、両親二人も久々の平塚を楽しんでいたので良かったでしょう♪

それでも親孝行になったでしょうかね。

さて、次回は平塚食道楽日記です。お楽しみに。

↑このページのトップヘ