週末は、2日連続で早起きして筑波サーキットにタイヤホカホカサービスで行って来ました。

土曜日のエイトリアンカップは、既報の通り、BAR11号のタイムアタックをサポート。
気温気圧も最高で、今シーズンベストコンディションでした。
20220122_085307

結果は、1分1秒264でRX-8ノーマルエンジンレコードタイムを見事に達成!
20220122_092008
今までの壁を一気に超えてきました。
上手く条件揃えば、1分0秒台も夢じゃなくなってきました。
これでエントリー条件が厳しくなった2月19日のATTACK筑波にも問題なく正式エントリーできます。

この日はリアルテックにてセッティングやメンテナンスをさせてもらっているRX-8たちもベストタイム更新が多く、大勝利の一日でした。
RX-8でサーキット走るならエイトリアンカップがやっぱり最高です。


そして、日曜日は急遽タイヤサポート。
この日も高気圧でコンディションが良さそうなので、分切りのためGS新品タイヤを投入と言うことで召喚されました。
今回初めて参加する走行会でターボ、NA、駆動方式関係なく1分フラット前後の走行枠でのタイムアタック。
20220123_082335
20220123_074348

本気で分切り狙いに行くべく、今までのデータフル活用で完璧なタイヤウォームアップマネージメントに、走行開始時間にピッタリあわせた完璧なタイヤ装着で送り出しましたが、
アタック1周目に入る前から前走車の一台が1コーナーに刺さってストップ…。
その後も80R付近でもう一台ストップしてたようで、新品タイヤのおいしいところをまったく活かせずまともにアタックできずで、タイムも1分0秒517と残念無念…。
20220123_101418
一応自身のベストタイムは更新ですが、ドライバーもピットサポートメンバー誰からもおめでとうは無し。
残念でしたが、この日得たデータやフィーリングから次回のアタックのために参考になるものを得られたので、これはこれで大きな意義は有りました。

でも、この日みんなが感じたのは、この調子ならば分切りは夢じゃないってこと。

2月は毎日いい天気で高気圧が停滞してくれないかな笑