ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

今日12月17日の11時より マツダのHPに、NAロードスターに続き、RX-7 FD3SおよびFC3Sの純正復刻パーツのページが公開されましたね。
https://www.mazda.co.jp/carlife/classicmazda/rx-7/parts/

まずは第一弾として、FD3Sパーツ61点、FC系パーツ30点。

HPにある復刻パーツリストの品番を見ただけだとど、このパーツやらなにやら分かりづらいから、
早速パーツリストと照らし合わせて、どれがどこの部品なのか・員数・過去の価格など全部調べてみましたよ。

調べてみてみると、ゴムチューブ、ボルトやファスナーなど細かいパーツと、NAロードスターとの共同パーツが多い感じでした。

ちなみに、リアルテック・ハマグチ調べでは、FDで10点、FCで15点ほどが、NAロードスターの復刻パーツと共通で、FDとFCでの共通パーツが、5点ほどありました。

パーツ単価も廃盤前の価格よりまあまあ高かったりするものも有りますが、オリジナルにこだわる僕みたいな人には金額には変えられないところですからね。純正パーツが出てくる・手に入ることが大事。

今後はどんどん復刻パーツを拡充するとのことですので、期待大!
RX-7オーナーとして、RX-7ファンとして、RX-7を大切にしてくれるマツダのこの活動を感謝・応援していきたいですよね。
マツダのみなさん、ありがとう!!!

感謝の気持ちは行動に移すということで、本日早速すべてのパーツをオーダー入れましたよ。
届いたら、全部ご紹介しましょう!

ツイッターの方でツイートしてましたが、ブログで改めて。

いつもお世話になっているモーターマガジン社から、RX-7 FC3S・FC3C型のムック本が昨日出ました。

GT memories 5  MAZDA  FC3S サバンナRX-7
20201216_213745
好評のGT memoriesでは待望のロータリースポーツ登場です。

早速届いてパラパラと読んでみて…、マジ感動しました。
本当によく出来てるムック本です。
FCの本として、かなり完成度の高い本ですよ、これは。こんなに上手く出来たムック本は、ひっさびさです。
チューニング系・カスタマイズ系・トラブル系云々の内容一切無し、広告・広告記事一切無しで、表をめくった瞬間から本を閉じるまですべてFCやREの美しい姿が堪能できます。
こういうのは、老舗出版社で歴史のあるモーターマガジン社だからこそできる本だなあと思いますし、
マニアはこういう本を期待してたんだ!って感じ。
この本は、未来に残すべきRX-7本になっていると思います。

あまりの出来に感動してしまって、今日この本を作った編集人の阪本さんに電話しちゃった笑。
(阪本さんとはかれこれ20年以上、何かとお世話になってます。)
電話で聞いたところでは、ほぼお一人で当時の資料を全部ひっくり返して厳選して編集・執筆したんだって。
写真も見慣れたカタログからの転用だけでなく、当時モーターマガジンで撮影した写真が満載。
今では出来ない、被写体すべてが新車!
これは資料的価値がでかい。
今では、純粋なノーマルストック状態のクルマを探すのって非常に難しいんですよ。

RX-7&ロータリーエンジン研究家 兼 25年来のFC3Sオーナー 兼 RX-7マニア 兼 RX-7関連書籍コレクターのワタクシ浜口が、
RX-7・FC3Sが好きな人・興味がある人・歴史を学びたい人、今乗っている人・昔乗っていた人に、是非読んでいただきたい・本棚に収めておいてほしい一冊だと、全力でオススメいたします!

※モーターマガジン社から一円も貰ってませんし笑、お世話になっている人が作ったからで無く、純粋にこの本が良かったからおススメしております。

今週お預かりのRX-8、リアルチェックで見たときにクラッチの磨耗とクラッチマスターからのフルード漏れがあったため、クラッチ廻り一掃交換修理。

今回は、社外にせず、純正ノーマル新品交換です。
20201214_171143

ミッションを外してみたら、レリーズベアリングは毛が生えたかのように笑、飛び散ったクラッチ磨材でフサフサしてました。
20201214_170038
さらに外したクラッチディスクは、完全磨耗寸前でした。
20201214_170513
RX-8の場合、車上ではクラッチの磨耗状況はうまく目視することは出来ません。
なので、クラッチベダルの高さや重さ、タッチフィーリングで磨耗を判断してますが、今回もドンピシャなタイミングでした。これぞRX-8経験値!笑

ミッションベルハウジング内のレリーズベアリングはもちろん、磨耗と錆もあったレリーズフォークとピボットピンも同時交換。

クラッチ油圧系統のクラッチマスター・レリーズシリンダー・ホースも交換です。
マスターシリンダーはペダル側(室内側)にフルード漏れてました。
20201214_155844
この場合、クラッチマスターのOHではなく、クラッチマスターシリンダー・アッセンブリーでの交換がお勧めです。
特にLA型はOHせず交換しましょう。
理由は有りますが書けませんので突っ込まないでね。
マスターシリンダーもレリーズシリンダーもアッセンブリーでも金額は高くはないですからね。
20201214_160326

交換作業完了後は、ペダルも軽くなり、快適になりました♪

↑このページのトップヘ