ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

RX-7 FD3Sでよく見かける(FDだけじゃないけど)、ボンネットステーホルダーのロック部折れ。
20201107_173320
20201107_173802
折れちゃうと、ボンネットステー(ボンネットを支える黒い棒です)がロックされずカタカタしますね。
まあ機能上はロックされなくても問題はないんですが、やっぱあんまり気持ちよくないですよね。

ということで、新品交換!
20201107_173542


このホルダーが折れるには理由があって、だいたいはステーの外し方が悪いんです。
そして、ホルダーを壊さないボンネットステーの正しい外し方があります。

まず多くの人がやりがちなダメな外し方は、
ステーの真ん中を持って上に引っ張って外す  です。
BlogPaint
だいたいはこれが原因です。


正しいボンネットステーの外し方は、
ホルダーに親指を掛けて押さえて、他の指でステーを握るようして上に引き上げます。
20201107_173556
20201107_173602
こうやれば絶対にホルダーに無理な力が掛からず壊しませんよ。
ワタクシ、25年この外し方をやってますが、1回もホルダー壊れたことありません。

このホルダーは1個300円くらいなので、安いし壊れてもいいや!って人はいいですが、
RX-7を大切にされたい方は、ボンネットを開けた時はぜひこのようにステーを外してあげてください。

お預かりのFDは、定番のリアピロからコトコト音がしてました。
詳しくみてみると、リアトーコントロールリンクのピロブッシュがガタあり。

早速ピロブッシュ交換。
今回は、純正より耐久性に優れるスーパーナウの純正アーム打ち替え用ピロを使いました。
20201105_151324
(右端は純正ピロブッシュ)
20201105_160049
20201105_160535

純正部品の値段が上がった今となっては、スーパーナウピロの方が2個で3000円くらい安かったりします。
純正パーツに拘りが無く機能重視であれば、ガタの出づらいこれが一番おススメです。
交換後はもちろんガタがなくなり、コトコト音も解消しました。

そして、交換後はアライメント調整も行って完成。
20201105_133439

在庫がスッキリ無くなったRT-01。
今日には補充・在庫できました。
20201106_091502
早速バックオーダー分から発送致しました。

今年使い始めて頂いた方からも、たくさんのリピート注文を頂いております。
そのたびに『気に入ってもらえたんだなぁ~』と嬉しい限りです。

RX-7・RX-8・ロータリーエンジンを愛する皆様からのご注文、お待ちしております。
もちろん、コスモもカペラもサバンナもルーチェもファミリアも、なんならロードペーサーもパークウェイな方からもお待ちしております!

↑このページのトップヘ