ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

RX-8筑波分切り用エンジンは、新品ハウジングが色々あって全部揃うのに時間が掛かってました。
モノが揃った後も、他の方の作業の兼ね合いも有りなかなか作業が進まず、ようやくサイドポート拡大加工ができました。
ポートだけでなく、インマニも一緒に仕上げてます。

気温30度オーバーの中で、ポート加工はしびれます。

削り粉が舞わないように、奥でこもって加工してますが、作業は熱中症にならないように休憩多め。
さらに仕上げにこだわりすぎて、いつもより時間が掛かってしまいました。
20210805_190233

これで、いよいよエンジン組み立てです。


 

RX-8後期のオイル交換でよく、オイルパンのドレンプラグを純正のものから一般的なドレンボルトに交換しているのを見かけます。下の画像
20210801_102713

ちなみに、左が純正ドレンプラグ、右が付け替えられてる一般的な形状のドレンプラグ↓↓
20210806_185530

単刀直入に書きます。

このようにドレンプラグが下に突き出した状態で走行するのは危険ですので、純正ドレンプラグを使いましょう。


RX-8は後期になってオイルパンが2ピース化して大型化、ドレンプラグが真下に付くようになりました。
純正ではオイルパンアンダーカバーがつきますが、オイル交換用サービスホールが開いているのでドレンプラグ丸出しです。
20210801_105124

ドレンプラグが長いとこのアンダーカバーの高さに近くなる、すなわち地面に近くなります。
20210801_102719
分かりやすいようにアンダーカバーは外してますが、
画像からもフロントサブフレームの一番低いポイント・ジャッキアップポイントと、ほぼ同じ高さになってしまうのが分かると思います。

前には、
画像のような純正じゃないドレンプラグで、エンジンマウントがヘタってエンジン自体が下がっていた状態で、走行中段差に下廻りをヒットさせて、アンダーカバーを潰し、ドレンプラグの突き出した部分も引っ掛かけて、ドレンプラグがもげかかってオイルパンも歪み、結果エンジンオイルがジャージャーに漏れた、
という事例が実際に有りました。

なぜ純正のドレンプラグが、わざわざ『低頭六角穴付きボルト』を採用しているかと考えれば、上記のようなトラブルを防ぐために、オイルパンの最下面より引っ込めるためでしょう。
20210801_103315

では反対に、前のだれかが何の理由もなくこのドレンプラグを違う物に替えたのかというと、そういうこともないんじゃないかと思うんですよね。

と言うのも、純正ドレンプラグは、工具を差し込む六角穴部とネジ部の間の肉厚があまり有りません。
なので、オイル交換のたびにドレンプラグを何回も脱着していると、ネジの根本の部分(下画像のオレンジ線あたり)にクラックが入りやすく、クラックが入れば六角穴の内側からオイルがジワジワ漏れます。
20210806_185530b
たぶんそういうことがあって、ドレンプラグを一般的なものに替えたのでしょうね。
上記画像右の一般的なドレンプラグならそのようなクラックは入りませんからね。
(ドレンプラグからのオイル漏れに気付いた点は褒めましょう笑)

ただし、車両全体構成を考えればこの判断はアウトです!


と言うことで、リアルテックではRX-8後期の新品純正ドレンプラグを常時在庫しており、
後期オイル交換時にドレンプラグを外したら、ネジ部のクラックチェック、怪しかったり問題があれば、新品純正ドレンプラグに交換します。

シャコタンにしている人は特に気をつけてね。一発でエンジン破損も考えられますからね。

RX-8あるある 大きな段差乗り上げた時のリアからの異音の修理。

原因は、ノーマル・リアダンパーのバンプストッパー(バンプラバー)劣化。
劣化して~ほとんどが千切れて~ダンパーがオーバーストロークして~ダンパートップとアッパーマウントの内側が当たって、ゴン!とかゴトッ!と音がします。

本日もバンプストッパー交換。
20210731_102351

新品と外したものを比べるとこんな感じ。
20210731_102428

リアルチェックではここは必ず見てますが、6~7万キロも走ってる車両は、ここまででないにしろ、だいたい半分はなくなってます汗

変質してカスカスになってるので、触るとボロボロに崩れちゃいます。
ショック側にもへばりついてるし。
20210731_102612

ダンパーのスプリングシートと、ラバーブッシュも交換して、快適性を取り戻しました。
20210731_102957

ちなみに、前期の途中からダンパートップに白いプラスチックカバーがつきました。(上記画像のは付いてません)
たぶんこのケース干渉音を防ぎたいためかと思いますが、結局バンプストッパーが劣化して(設計値より)オーバーストロークしまうと異音は発生してしまいます。

↑このページのトップヘ