ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

連休明けも、オイルやコンピュータの通信販売のオーダーを絶えずたくさん頂いております。
毎日出荷準備にてんてこ舞いです!

オイルの在庫は切らさないようにしておりますし、出来るだけ早く出荷してますので、お気軽にいっぱいオーダーしてください笑。
20220516_161153
RT-01などRTオイルお使いの多くの方から、トルクアップや燃費アップ、圧縮圧力アップの結果報告をいただきます。
使い続ければ必ずエンジンには良い結果が出ます。
なにより普段から乗って体感でエンジンが力強く・加速が速くなれば、より楽しいロータリーフィーリングが得られます。
ここ重要!!
オイルでエンジンチューニングする感覚、体感してみてください!

そして、ここ最近通販で人気なのが、RX-8のリアライズコンピュータチューニング。

街乗り派の方はラジエータファンの設定を変えるだけで良いってのが非常に多いですね。
さらに直近では4ATモデルのご依頼がやけに多い気がします。

今日は、前期と後期を1台ずつ書き換えました。
20220517_112555
20220517_120037

特にこの後期のコンピュータ、
品番末尾がEで、後期の超ド初期だけにあったもので、発売の頃にはもう次のFになったので、
たぶんメーカーやディーラーの試乗車くらいにしかなかったレベルで、数十台くらいしかない感じ。
20220517_115930
初めて見たかも。
だからどうしたと言われればそれまでですが、このようなレア品番見つけて、おおお!っと感嘆するのがマニアってもんです。笑


さて話しを戻すと笑、
街乗りオンリーでもファン設定がノーマルの場合、長年アベレージ水温が高かったせいか、エンジンにオーバーヒートした時の初期症状が出ている車両もあります。
やっぱりエンジンの耐久性を考えると、ファン設定を変更するのは非常に有効だと思います。
そんな時は、とりあえずリアライズ・クール、オススメです。
http://www.real-tech.jp/origin.html

RX-8でサーキット走る人たちは、大半が6MT車かと思います。 
簡単にパワーアップが出来ないRX-8でより一層タイムを出そうとする人たちは、軽量化が気になるところ。
特に最近は軽量化を追及する人もちらほらいます。

そんな軽量化マニアがやり始めてるのが、リアのインナーフェンダー(正式にはマッドガード)外し。
20220429_090752
ぴっぺがすだけなんで外すのは簡単ですが、左側はそのままだとマッドガードの裏にある給油口のフューエルパイプやホースが丸出しになってしまいます。↓↓↓
20220429_092145
むき出しのままだと、走行中タイヤが巻き上げた小石やタイヤカスなどが当る可能性があるので、ちょっと危ないですよね。

そんな時にこれがオススメ!

5MT車・AT車用のフィラーホースプロテクター!!
20220429_085420

6MTは遮音性を上げるため、フェンダー内全体をカバーするマッドガードが付いてますが、
それ以外のグレードでは、コスト削減目的かマッドガードが付いておらず、そのかわりにこのフィラーホースプロテクターが付いて、フェンダー内全体にアンダーコートが塗布してあり、それで遮音している感じです。

そのフィラーパイププロテクターが流用可能です。
取付けはポン付け。
20220429_092635
当たり前ですが、フィッティングも完璧で見た目も美しい笑

ただフィラーパイププロテクターをつけるだけでいいのかというと、それだけではありません。
雨の日にタイヤの巻き上げた水しぶきが掛かって雨漏りしそうなところが数箇所有ります。
グロメットは付いてますが、外すと室内に貫通、防水仕様にはなってないので、すべてシーリングします。
20220429_093704

マッドガードは左右で、1.7kg。
フィラーパイププロテクターは、110g。
約1.6kgの軽量化になります。
20220429_091928
20220429_092030

ちなみに、サーキット走る人でも、街乗り快適派な人は、砂利道なんかでまあまあうるさくなるので外さないほうがいいですよ。

休み中にパーツの仕込みをしていたFD3Sのエンジンは、無事に組み上げました。
今回も全神経集中して、魂込めて作り上げましたよ。
20220507_201922
完成したショートエンジンを、最近知ったポートレートモードで撮ってみました笑。

エンジン型式とマツダロゴにオレンジ色に色入れするのが自分の作ったエンジンの証です。
思えば20年はそうしてますね。
20220507_201610
見た目もきれいに出来ました。

エンジン製作専用にしているスタビレーのトルクレンチは、板バネタイプなので一般的なプリセットトルクレンチと違って、使い終わったらトルク設定を最小値に戻す必要がないんですが、どうしても戻さないと気持ちが悪い。
20220507_203131
まあそういう性格です。笑

↑このページのトップヘ