ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。

今日も多くの方にご来店頂きありがとうございます。
今日は、RT-plusが良く売れました。
入れるだけでトルク増し増しです。
20200119_103702
20200119_121450


お客様の作業が落ち着いたあとは、タイムアタック号の作業です。
本番は今週木曜日。作業日があと3日しかないので、ちょっと焦ってきております。笑

先日LSDを組み付けたデフケースを車両に搭載しました。
20200119_182056
そして、車高を調整して、アライメントも確認と微調整。
これで走行前の大物作業はすべて完了。
明日には目処が見えるかな。

今週のお預かり車も休み返上で作業したのですべて出来上がり、今日はタイムアタック号の作業にやっとたどり着けました。

いよいよ大物作業に着手。
先週末に出来てきたカーボンLSDをスペアデフケースに組み付け。
今回の大きなセッティング変更のひとつ、カーボンLSDの仕様変更で、
今までのカーボンLSDをカーボンハイブリッドにして、ドライブ26度カムの1.5WAYにしました。
イニシャルトルクも変更しました。
20200117_192136
一緒にタイヤサイズとターゲットタイムに合わせてファイナルも4.777に変更。
計算ではドンピシャな感じになる予定です。笑
シフトアップ・ダウンも一往復分減らせますしね。

デフカバーは、先日ご紹介した放熱セラコートした後期カバーを付けてみました。
20200117_200300
見た目もかっちょええです!

お預かりのFDは、持病とも言うべき、リアアームのピロブッシュガタガタ修理。

リアアッパーアームのナックル側、ロアアームのナックル側、トレーリングリンク側、トーコンリンクの内外の計10箇所のピロブッシュを交換しました。
特にガタが出易いのは、トーコンリンクの内外と、アッパー・ロアのナックル側ですね。
20200115_094300
20200115_094631
20200115_110716
FDのブッシュ交換用の純正SSTはプレスを使わずに交換するタイプになってます。
もちろんそのSSTを持ってますが、まあ使うのが面倒なので笑、
スーパーナウのブッシュ交換冶具と汎用のボールジョイントブーツインストーラーを駆使して交換してます。
これだと楽勝です。
交換後は、まあ快適になりました。

が!

ピロガタの音がなくなったと思ったら、ハッチのキシミ音がすごく良く聞こえるようになりまして、急遽ハッチの受けゴムを交換。
20200115_150119
さらに快適になりました。



↑このページのトップヘ