ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

RX-8は、2003年4月9日に発表されました。
ということで、本日4月9日はRX-8 18回目の誕生日です。
(RX-8の場合、予約の受注が2003年1月から、最初のデリバリーが4月下旬から5月上旬あたりでしたので、明確な発売日が無く、発表日基準でよいと思います)

思い返せば、うちも多くのRX-8をデモカーとして所有してきました。
ガチタイムアタック仕様や、無軽量リーガルサーキット仕様、マツ耐必勝仕様、ストリート燃費アップチャレンジ仕様、過走行コンプレッション回復テストカーなどなど、数えてみると、7台くらいかな。
それらでエンジンから車体、セッティングなど色々勉強させてもらいました。

RX-8のおかげで、リアルテックがあると言っても過言ではないほどです。

今日は、RX-8に思いを馳せながら過ごしてみようと思います。

ちなみに、最近RX-8に興味を持った人・オーナーになった人、ロータリーエンジンをもっと知りたい人に是非読んでもらいたい書籍をご紹介しときます。↓↓↓
20210409_20180315_222225
マツダがRX-8発売当初に発行した開発ストーリー本で、今は普通には手に入らないのでネットオークションなどで見つけてもらうといいと思います。
RX-8のことだけでなく、歴代ロータリーエンジンやルマンカーの遍歴も詳しく掲載されています。
たぶん、この世で一番詳しくマニアックなRX-8&ロータリーエンジンヒストリー本だと言っても過言では有りません。
左側は英語版なので、英語の方が読みやすいという人はそちらをどうぞ笑

昨日の続き、今日はREAL-SPECエキマニを取り付けたRX-8後期のコンピュータセッティングです。

最初にインストールした仕様に合わせたベースデータでセッティング開始。
ロギングデータ確認したら、全域セットOK!
珍しく一発で完成。

一回で合うと逆に不安になりますが笑、何パターンものログデータを見ても各回転でのラムダ、セカンダリーシャッターバルブ(SSV)、オグジュアリポートバルブ(APV)、VDIバルブが開いた後のラムダ変化など、すべての領域でターゲットにピッタリなので、OK!
学習値もも安定してますし、いいセッティングが出来ました。
20210406_093301

※画像のロガー画面はアイドリング中のものです笑

今週はRX-8の見た目も音も美しすぎるエキマニ、REAL-SPECエキマニの取り付け。
20210405_145016
今年一発目のロット分は、これで売り切れ。
次ロットも5本製作に入っていますので、ご予約受付けております。

エキマニ取り付け後は、リアライズ・コンピュータのインストール。
20210404_155543
今日は雨なので、リアライズのベースデータを入れて、コンピュータ学習させる現車セッティング前の準備まで。
今回はRX-8後期車両なので、コンピュータを書き換えるときれいさっぱりすべての学習が消えます。
そのため書換え後のコンピュータ学習が非常に大事です。
学習をやり損ねると、せっかくの現車セッティングが無駄になります笑

↑このページのトップヘ